1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ

親子でチャレンジ

サッカーを通して、親子で一緒に遊ぶ、楽しむ、チャレンジすることをテーマとした人気コラム

全 197 記事

試合に出してもらえない、進路妨害、トレセンいけない...... 「子どもが人質」だからと暴力暴言指導を黙認する親たち 当事者として子どもを守る方法は?
試合に出してもらえない、進路妨害、トレセンいけない...... 「子どもが人...
2022年11月28日
11月は厚生労働省が定める児童虐待防止推進月間ということ、ご存じでしたか。今回は、子どもたちを理不尽な暴力暴言指導から守るために大人は何ができるかを提案できればと思います。子どもが...続きを読む
サッカーと一緒に水の大切さも学ぼう!水の日にあわせて「サッカー教室&水の大切さ教室」が開催!
サッカーと一緒に水の大切さも学ぼう!水の日にあわせて「サッカー教室&水の大切...
2022年8月24日
2022年7月31日、MIFA Football Park豊洲(東京都江東区)にて三井不動産レジデンシャル WANGAN ACTION スポーツアカデミーの一環としてのイベント「サ...続きを読む
中村憲剛さんがサッカー教室で指導、「正確に止めて蹴る」を実行するために最も大切なものとは
中村憲剛さんがサッカー教室で指導、「正確に止めて蹴る」を実行するために最も大...
2022年4月13日
冬晴れの1月に東京都江東区で中村憲剛さんのサッカー教室が行われました。子どもたち向けのサッカー教室と保護者向けのトークイベントが行われたこの企画。今回はサッカー教室の様子をレポート...続きを読む
 【アジリティスピードを上げる】タニラダー講習会開催
【アジリティスピードを上げる】タニラダー講習会開催
PR
「子どもが楽しくサッカーできるかは親にかかっている」中村憲剛さんが語るサッカー少年とのかかわり方
「子どもが楽しくサッカーできるかは親にかかっている」中村憲剛さんが語るサッカ...
2022年4月11日
サッカーをするお子さんを持つ保護者、そして子どもたちが参加したサッカー教室イベント。第一部は名古屋グランパスや川崎フロンターレで活躍した中西哲生さんの司会による、中村憲剛さんのトー...続きを読む
サッカーの基礎練習とは?基礎を身につけるメニューを紹介
サッカーの基礎練習とは?基礎を身につけるメニューを紹介
2021年2月 2日
サッカーにおいては、止める、運ぶ、蹴るという3つの基礎技術があります。基礎をしっかりと身につけることは選手として非常に大切なことです。この記事では、サッカーの基礎技術を身につけるた...続きを読む
サッカーの試合の持ち物は?基本の荷物からあると便利なものまで解説
サッカーの試合の持ち物は?基本の荷物からあると便利なものまで解説
2021年1月31日
サッカーチームに所属すると、毎週のように試合が行われます。保護者の中には「試合の際に何を用意すればいいのかわからない」という人もいるでしょう。この記事では、小学生のサッカーの試合の...続きを読む
小学校低学年向けのサッカーの練習メニューは?メニューの例も紹介
小学校低学年向けのサッカーの練習メニューは?メニューの例も紹介
2021年1月30日
サッカーに取り組むお子さんを持つ保護者の中には、「小学生には練習をするべきなんだろう?」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。この記事では、サッカーを始めたばかりの小学校低学年...続きを読む
 【冬休み関西開催】元JクラブGKコーチによる「GKスペシャルキャンプ」
【冬休み関西開催】元JクラブGKコーチによる「GKスペシャルキャンプ」
PR
低学年からでも始められる! 小学生にもおすすめのサッカーノートの書き方を解説
低学年からでも始められる! 小学生にもおすすめのサッカーノートの書き方を解説
2020年12月 2日
小学生になりサッカーを始めた、というお子さんをお持ちの保護者の方も多いのではないでしょうか。お子さんがサッカーを楽しむのはもちろん大切ですが、それと同時に上達することも大切です。こ...続きを読む
育成年代GKの保護者・指導者に知ってほしい「言葉で人を生き返らせることもできれば、ダメにしてしまうこともできる」
育成年代GKの保護者・指導者に知ってほしい「言葉で人を生き返らせることもでき...
2020年7月28日
!function(f,b,e,v,n,t,s) {if(f.fbq)return;n=f.fbq=function(){n.callMethod? n.callMethod....続きを読む
「川崎市の子どもたちを守りたい。守るのは難しいかもしれないけど......」中村憲剛がオレンジリボン・ファミリーカップにかける想い
「川崎市の子どもたちを守りたい。守るのは難しいかもしれないけど......」...
2018年12月25日
12月8日(土)、神奈川県川崎市が「第3回川崎市オレンジリボン・ファミリーカップ」を開催しました。同大会は、いじめと児童虐待防止の啓発活動の一環として川崎市が開催するフットサル大会...続きを読む
日本のグループステージ突破がかかる第3戦の相手、香川選手の同僚ピシュチェクがいるポーランドってどんな国?
日本のグループステージ突破がかかる第3戦の相手、香川選手の同僚ピシュチェクが...
2018年6月28日
ロシアW杯、ついに今夜日本はベスト16入りをかけて、ポーランドと対戦する。引き分け以上でグループステージ突破を自力で決定できるだけに、ここは何としても勝ち点が欲しいところだ。グルー...続きを読む
ゴミ拾いをするサポーター、助け合いの文化、日本とセネガルの意外な共通点は「おもてなしの心」
ゴミ拾いをするサポーター、助け合いの文化、日本とセネガルの意外な共通点は「お...
2018年6月22日
ロシアW杯で初戦のコロンビアに勝利した日本代表。グループステージの次なる相手は、アフリカ大陸の最西端にある国、セネガルだ。勝ち点3で並んだ両国の対戦は、勝った方は決勝トーナメント出...続きを読む
いよいよ日本代表が登場!ワールドカップ初戦の対戦国コロンビアってどんな国?
いよいよ日本代表が登場!ワールドカップ初戦の対戦国コロンビアってどんな国?
2018年6月17日
ロシアW杯で日本代表の初戦の相手となるのは、南米のコロンビア代表だ。ハメス・ロドリゲスはじめ世界的に活躍する選手が集まるチームとの闘いは、どんな展開になるのか楽しみだよね。彼らが育...続きを読む
W杯開催都市には日本人が設計したスタジアムも!意外と知らない開催国ロシアってどんな国?
W杯開催都市には日本人が設計したスタジアムも!意外と知らない開催国ロシアって...
2018年6月12日
4年に一度、サッカーの世界一を決めるワールドカップ。ハイレベルな戦いが繰り広げられるのを見られるのはとても楽しみだけど、この大会はサッカーをとおしていろんな国や地域のことを知る大チ...続きを読む
泥汚れ落としの新常識!ソックスやユニフォームの泥汚れをスッキリ落とす新しい石けんの実力とは!?
泥汚れ落としの新常識!ソックスやユニフォームの泥汚れをスッキリ落とす新しい石...
2018年6月11日
元日本代表の福西崇史さんが、大阪で活動する少年サッカークラブを訪問。未来の日本代表を夢見る子どもたちに、サッカークリニックを行ないました。楽しくゲームを行った後は、汚れたソックスで...続きを読む
最後まで走り切る!ふくらはぎの疲れ予防のセルフテーピング
最後まで走り切る!ふくらはぎの疲れ予防のセルフテーピング
2018年1月15日
サッカーをプレーする上で起こりがちな足首の捻挫(ねんざ)。その予防のために効果的な方法の一つが足首を固定する目的で行うテーピングです。今回は、長谷部誠選手も実践する日本初(※)の新...続きを読む
ネンザを防ぐ!足首のぐらつき防止のスポーツテーピング
ネンザを防ぐ!足首のぐらつき防止のスポーツテーピング
2017年12月27日
サッカーをプレーする上で起こりがちな足首の捻挫(ねんざ)。その予防のために効果的な方法の一つが足首を固定する目的で行うテーピングです。今回は、長谷部誠選手も実践する日本初(※)の新...続きを読む
長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
長谷部選手も実践!効果的に足首を固定するテーピングの方法とは?
2017年11月15日
サッカーをプレーする上で起こりがちな足首の捻挫(ねんざ)。その予防のために効果的な方法の一つが足首を固定する目的で行うテーピングです。今回は、長谷部誠選手も実践する日本初(※)の新...続きを読む
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!膝パットと肘パットで擦り傷を防ごう
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!膝パットと肘パットで擦り...
2017年9月27日
■ゴールキーパーを辞めたい理由で多い「痛いから嫌だ」「痛いから嫌だ」 小学生のころは、そういってゴールキーパーを辞めてしまうケースが少なくないそうです。とくにセービングを多用すると...続きを読む
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から身を守ろう
子どもが「ゴールキーパーを辞めたい」と言い出す前に!インナーパットで衝撃から...
2017年9月15日
■ゴールキーパーを辞めたい理由で多い「痛いから嫌だ」小学生年代の子どもがゴールキーパーを辞めたいと思う理由のひとつに、「痛いから嫌だ」という意見があるそうです。必死の形相で襲いかか...続きを読む

全 197 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ