1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー

インタビュー

Jリーガーなどの少年時代や、親子の感動秘話など子育ての参考にしたくなるような共感エピソード。

全 176 記事

中学でのバスケ部経験も糧に! カレン・ロバートが今でもサッカーが好きでいられる理由とは
中学でのバスケ部経験も糧に! カレン・ロバートが今でもサッカーが好きでいられ...
2019年3月 8日
先日現役引退を表明したカレン・ロバート選手。カレン・ロバート選手の経歴を紹介すると、柏レイソルの下部組織で中学まで過ごし、高校では名門である市立船橋高校に入学。天皇杯横浜F・マリノ...続きを読む
中村俊輔が語る「リフティングは回数が大事」な理由/インタビュー後編
中村俊輔が語る「リフティングは回数が大事」な理由/インタビュー後編
2019年2月19日
中村選手の最新書籍「中村俊輔式 サッカー観戦術」発売中前編では、日本屈指のMFである中村俊輔選手のサッカー人生において、恩師となる指導者との出会いや親のサポートが成長には欠かせなか...続きを読む
「まだ上手くなりたい」プロ23年目、中村俊輔を支えるモチベーションはどこから来るのか/インタビュー前編
「まだ上手くなりたい」プロ23年目、中村俊輔を支えるモチベーションはどこから...
2019年2月12日
元日本代表の10番で日本屈指のMF、その左足でファンを魅了するプレーを見せ続けてきた中村俊輔選手。現在所属するジュビロ磐田では、2018シーズンはケガにも悩まされて苦しいシーズンを...続きを読む
"あとひと伸び"がない子に足りないものとは? なでしこジャパン高倉監督が語る、伸びる子が備えている力
"あとひと伸び"がない子に足りないものとは? なでしこジャパン高倉監督が語る...
2018年12月25日
FIFA女子ワールドカップで優勝、史上初の全世代で世界一。女子サッカーはどうして強豪国でい続けられるのか、前編ではその理由をなでしこジャパンの高倉麻子監督に伺いました。後編では、な...続きを読む
史上初!全世代で世界一のサッカー日本女子代表 高倉麻子監督に聞いた「女子が強豪国であり続ける」理由
史上初!全世代で世界一のサッカー日本女子代表 高倉麻子監督に聞いた「女子が強...
2018年11月29日
2018年の夏は日本女子サッカーにとって飛躍の夏になりました。8月24日はU-20女子W杯フランス大会2018で初制覇。2011年の女子W杯、14年U-17女子W杯と合わせて、FI...続きを読む
中村憲剛が語る、サッカーが上手くなるためにも「早いうちに挫折を経験したほうが良い」理由
中村憲剛が語る、サッカーが上手くなるためにも「早いうちに挫折を経験したほうが...
2018年11月13日
38歳にしてもなお、衰えを知らないプレーで川崎フロンターレを牽引する中村憲剛選手。2016年にはJリーグMVP、2017年にはJ1リーグ優勝を勝ち取り、2018年も優勝争いを繰り広...続きを読む
「え!? 今までのプレーが通じない!」小柄なドリブラー中村憲剛が考える力をつけるキッカケとなった部活での体験
「え!? 今までのプレーが通じない!」小柄なドリブラー中村憲剛が考える力をつ...
2018年11月 8日
38歳にしてもなお、衰えを知らないプレーで川崎フロンターレを牽引する中村憲剛選手。2016年にはJリーグMVP、2017年にはJ1リーグ優勝を勝ち取り、2018年も優勝争いを繰り広...続きを読む
「どんな練習をすれば上手くなるの?」憧れの阪口夢穂選手に子どもたちがインタビュー
「どんな練習をすれば上手くなるの?」憧れの阪口夢穂選手に子どもたちがインタビ...
2018年9月28日
今年で5年目を迎える「キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」。この大会は、男女一緒に活動することが多い小学生から女子チームが中心と...続きを読む
「サッカーを続けていて良かったことは?」3年連続リーグMVPの阪口夢穂選手が子どもたちのギモンに回答
「サッカーを続けていて良かったことは?」3年連続リーグMVPの阪口夢穂選手が...
2018年9月27日
今年で5年目を迎える「キヤノン ガールズ・エイト 第16回JFA地域ガールズ・エイト(U-12)サッカー大会」。この大会は、男女一緒に活動することが多い小学生から女子チームが中心と...続きを読む
「サッカーを学んだ記憶はない」広島ユースで槙野智章が恩師・森山佳郎監督に学んだ選手として大事なこと
「サッカーを学んだ記憶はない」広島ユースで槙野智章が恩師・森山佳郎監督に学ん...
2018年6月26日
浦和レッズの主軸であり、今や日本代表の中心的な存在としても活躍する槙野智章選手。前編では、年上にも物おじせず自分の意見をしっかり言えた小学生時代、「自分の好きなことを一生懸命やりな...続きを読む
サプライズ登場した遠藤保仁選手に子どもたちは...?「遠藤塾 supported by ブライトW」
サプライズ登場した遠藤保仁選手に子どもたちは...?「遠藤塾 support...
2018年6月25日
普段のトレーニングに突然スター選手が登場したら、子どもたちはどんな反応をするのでしょうか? 元日本代表でアトランタ五輪にも出場した遠藤彰弘さんが主催する『遠藤塾』に、弟の遠藤保仁選...続きを読む
「厳しくも愛情を持って育てられたからこそ夢の舞台に立つことができた」清武弘嗣が語る"親の影響力"とは
「厳しくも愛情を持って育てられたからこそ夢の舞台に立つことができた」清武弘嗣...
2018年6月20日
ロンドン2012オリンピックに出場し、44年ぶりにベスト4に進出した清武弘嗣選手。東京2020オリンピックに対してどのような想いを抱いているのでしょうか。オリンピックのワールドワイ...続きを読む
「利き足は頭」のFWだった槙野智章がDFとして歩み始めることになった、思わぬきっかけ
「利き足は頭」のFWだった槙野智章がDFとして歩み始めることになった、思わぬ...
2018年6月12日
昨年、浦和レッズの主軸としてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を制し、日本代表でも中心的な存在として活躍する槙野智章選手。広島県出身で今年31歳となったCBは、これまでに紆余曲折...続きを読む
「明日が早く来ないかな」。子どもがそう思える環境を作ることが親としての務め―巻誠一郎(ロアッソ熊本)×平岡和徳(大津高校総監督)スペシャル対談 Presented by THERMOS
「明日が早く来ないかな」。子どもがそう思える環境を作ることが親としての務め―...
2018年5月22日
魔法びんのパイオニアとして知られる「サーモス」とサカイクのコラボで展開するスペシャル企画「プロサッカー選手が恩師を訪ねる」。第一弾となる今回は、2006年のドイツワールドカップにも...続きを読む
第一印象は「下手くそだな」。大津高校時代の恩師が明かす、巻誠一郎の原点とは?―巻誠一郎(ロアッソ熊本)×平岡和徳(大津高校総監督)スペシャル対談 Presented by THERMOS
第一印象は「下手くそだな」。大津高校時代の恩師が明かす、巻誠一郎の原点とは?...
2018年5月21日
魔法びんのパイオニアとして知られる「サーモス」とサカイクのコラボで展開するスペシャル企画「プロサッカー選手が恩師を訪ねる」。第一弾となる今回は、2006年のドイツワールドカップにも...続きを読む
ピッチ外の失敗もサッカー上達の糧になる。元日本代表MF前園真聖が語る「何事にも挑戦する心」
ピッチ外の失敗もサッカー上達の糧になる。元日本代表MF前園真聖が語る「何事に...
2018年5月 1日
ダノンヨーグルトなどで知られる世界的食品企業のダノングループが主催するFIFA公認の "小学生年代のワールドカップ" である「ダノンネーションズカップ」の日本大会「ダノンネーション...続きを読む
「世界の壁を体感する」ことでサッカーがもっと上手くなる /元FC東京・石川直宏がコーチを務めるU-16世代の夢の祭典
「世界の壁を体感する」ことでサッカーがもっと上手くなる /元FC東京・石川直...
2018年4月16日
欧州のクラブが頂点を目指して戦う「UEFA チャンピオンズリーグ」通称CL。世界のサッカー少年たちの憧れの大会です。アディダスが世界に挑戦したい中高生をサポートしたいという想いから...続きを読む
天才・小野伸二を支える入浴コンディショニング
天才・小野伸二を支える入浴コンディショニング
2018年4月13日
■今できることを追求して、身体が動く限りは現役を続けたい 今年はロシアで世界一の国を決める大会が行われますが、僕は三度、この大会に出場しました。初めて出た1998年大会はまだ高校を...続きを読む
中澤佑二が語る、夢を持つ子どもたちのために親ができること
中澤佑二が語る、夢を持つ子どもたちのために親ができること
2018年4月10日
日本代表としてワールドカップに二度出場し、Jリーグで4年連続フルタイム出場を続けるなど、39歳にしてもなお日本を代表するDFとして活躍し続ける中澤佑二選手。プロとして脚光を浴びてき...続きを読む
「レベルは関係ない。サッカーはとにかく楽しく、ボールにたくさん触って」内田篤人
「レベルは関係ない。サッカーはとにかく楽しく、ボールにたくさん触って」内田篤...
2018年3月20日
ドイツ、ブンデスリーガで世界最高峰のレベルのサッカーを経験して、今季8年ぶりにJリーグに復帰した内田篤人選手。復帰が心配された右ヒザの状態や、鹿島アントラーズで迎える新シーズンに向...続きを読む

全 176 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー