1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー

インタビュー

Jリーガーなどの少年時代や、親子の感動秘話など子育ての参考にしたくなるような共感エピソード。

全 212 記事

疲労を可視化してケガを回避、プレミアリーグのトップチームが行うケガ予防とは
疲労を可視化してケガを回避、プレミアリーグのトップチームが行うケガ予防とは
2020年8月 4日
子どものサッカーでの心配事の一つがケガ。特に今年は新型コロナウイルスの影響で休校、チーム活動停止が長引いたこともあり、活動再開をしている今もケガの心配をしている保護者は多いでしょう...続きを読む
プレミアリーグのベテランスカウトに聞く、サッカーを頑張りたい子どものモチベーションを下げないための注意点
プレミアリーグのベテランスカウトに聞く、サッカーを頑張りたい子どものモチベー...
2020年7月15日
スカウトが見るポイントは技術だけではない。早熟、晩熟傾向などの成長スピードや、何より人間性を含めたポテンシャルであることを前編でお送りしました。プレミアリーグのトッテナムやイングラ...続きを読む
技術だけじゃない! プレミアリーグ、イングランドサッカー協会のベテランスカウトが教えるU-13世代のスカウト基準とは
技術だけじゃない! プレミアリーグ、イングランドサッカー協会のベテランスカウ...
2020年7月 6日
スカウトの人って選手のどこを見ているの? 身体が大きくて速いと有利なんでしょう? など、スカウトの人が何を見て判断するのか気になる親御さんも多いのでは。今回は、世界最高峰のリーグ、...続きを読む
「考える力」と「伝える力」 ベルギーで活躍する三好康児が実感した日本の子どもたちが身につけておくべきスキル
「考える力」と「伝える力」 ベルギーで活躍する三好康児が実感した日本の子ども...
2020年6月25日
川崎フロンターレの育成組織で育ち、順調にトップチームデビュー。U‐23世代で主軸を担う選手の一人であり、開催予定の五輪でも活躍が期待される三好康児選手(ロイヤル・アントワープFC/...続きを読む
川崎フロンターレ育ち、U-23主軸の三好康児が伝えるサッカーが上手くなるためのサッカーノートの書き方
川崎フロンターレ育ち、U-23主軸の三好康児が伝えるサッカーが上手くなるため...
2020年6月18日
サッカーでは、試合中に攻守が目まぐるしく変わり、予想外の事の連続です。そんなとき、いちいちピッチ外の監督やコーチの指導を仰ぐことはできません。だからこそ、自分で判断し動くことができ...続きを読む
「選手時代はバレーが大嫌いだった」益子直美さんが自身の過去から気づいた、選手を伸ばす環境とは
「選手時代はバレーが大嫌いだった」益子直美さんが自身の過去から気づいた、選手...
2019年10月24日
先日まで日本で開催されたバレーボールのワールドカップ(W杯)は、男女ともに来年のオリンピックに期待ができる戦いぶりを見せてくれ、大いに盛り上がました。元全日本代表選手として活躍した...続きを読む
「厳しい指導」を受けてきた元全日本代表、益子直美さんが「怒らない指導」を始めた理由
「厳しい指導」を受けてきた元全日本代表、益子直美さんが「怒らない指導」を始め...
2019年10月18日
ワールドカップと言えば、目下日本で開催中のラグビーにスポットがあたりますが、バレーボールのワールドカップ(W杯)も先日まで日本で開催され、盛り上がりを見せました。日本女子は5位と健...続きを読む
「やる気あるの?」というコーチングでは伸びない。高校サッカー強豪の監督が無冠で気づいた「選手に響く」伝え方の重要性
「やる気あるの?」というコーチングでは伸びない。高校サッカー強豪の監督が無冠...
2019年10月15日
5度の日本一を果たしても周囲からの称賛を喜べなかった日ノ本学園の田邊友恵監督。前編では12年間の指導者生活の中で気付いた選手が成長するタイミングについてや、褒められる嬉しさについて...続きを読む
インターハイ5回、選手権でも2度優勝の強豪校サッカー部監督が明かす「私がオラオラ系指導をやめたワケ」
インターハイ5回、選手権でも2度優勝の強豪校サッカー部監督が明かす「私がオラ...
2019年10月 2日
2012年にインターハイで女子サッカーが正式種目になって以来、掴んだ日本一の回数は5回。高校選手権でも2度の優勝を果たし、高校女子サッカー界屈指の強豪校として知られるのが兵庫県の日...続きを読む
多くの指導者たちや両親から吸収した「考える力」と「柔軟性」。高校・セレッソ・代表と複数の草鞋を履く西川潤の可能性
多くの指導者たちや両親から吸収した「考える力」と「柔軟性」。高校・セレッソ・...
2019年8月 3日
高2でセレッソ大阪に内定し、クラブ史上2番目の若さでデビューを飾るなど、今後の成長が楽しみな若手の1人、桐光学園の西川潤選手。先日幕を閉じたインターハイでは初優勝に貢献しました。前...続きを読む
東京五輪世代の注目選手、U-20主将の齊藤未月(湘南)が活躍できる理由「フィジカルのマイナス面を逆手に取ったプレースタイル」とは
東京五輪世代の注目選手、U-20主将の齊藤未月(湘南)が活躍できる理由「フィ...
2019年8月 1日
東京五輪まであと1年と迫り、だれが選ばれるのか気になるところですよね。JリーグでもU-22世代の若手が続々と頭角を現して来て、若手の活躍に期待をしているサッカーファンも多いのでは。...続きを読む
自分で考える習慣がつくともっと能力を引き出せる! 2児の父、川崎フロンターレ家長昭博の子育て論
自分で考える習慣がつくともっと能力を引き出せる! 2児の父、川崎フロンターレ...
2019年7月 8日
昨シーズンのJリーグMVPの家長昭博選手。2人の男の子のパパとして、子育てにも奮闘中です。お子さんが、スポーツ系幼児園『キッズ大陸よこはま中川園』に通っていた縁があり、同園の園長を...続きを読む
JリーグMVP家長昭博が即決した理由 「上達したい気持ちを育てる環境」とは
JリーグMVP家長昭博が即決した理由 「上達したい気持ちを育てる環境」とは
2019年7月 2日
昨シーズンのJリーグMVPの川崎フロンターレ、家長昭博選手。ピッチの中では圧倒的な存在感を放つ家長選手も、ひとたびユニフォームを脱げば2人の男の子のパパでもあります。そこで今回は、...続きを読む
いつでもいいパフォーマンスができる自分でいられる 遠藤保仁選手に学ぶ「いいメンタル」の保ち方
いつでもいいパフォーマンスができる自分でいられる 遠藤保仁選手に学ぶ「いいメ...
2019年6月14日
ガンバ大阪の遠藤保仁選手は、20年以上Jリーガーとして第一線で活躍すると同時に、どんな時も自分らしさを失わず、シンプルかつナチュラルな生き方でも知られています。メンタルトレーナ―の...続きを読む
「ミスなくやらなきゃ」が緊張を生む! ガンバ大阪・遠藤保仁選手に聞く常にいつもの力を出す方法
「ミスなくやらなきゃ」が緊張を生む! ガンバ大阪・遠藤保仁選手に聞く常にいつ...
2019年6月 6日
ガンバ大阪の遠藤保仁選手は、20年以上Jリーガーとして第一線で活躍すると同時に、どんな時も自分らしさを失わず、シンプルかつナチュラルな生き方でも知られています。メンタルトレーナ―の...続きを読む
国内外でプレー経験豊富なカレン・ロバートが語る、海外で生き抜く上で必要な技術
国内外でプレー経験豊富なカレン・ロバートが語る、海外で生き抜く上で必要な技術
2019年3月26日
先日現役引退を表明したカレン・ロバート選手。カレン・ロバート選手と言えば、柏レイソルの下部組織で中学まで過ごし、高校では名門である市立船橋高校に入学する。天皇杯横浜Fマリノス戦で活...続きを読む
中学でのバスケ部経験も糧に! カレン・ロバートが今でもサッカーが好きでいられる理由とは
中学でのバスケ部経験も糧に! カレン・ロバートが今でもサッカーが好きでいられ...
2019年3月 8日
先日現役引退を表明したカレン・ロバート選手。カレン・ロバート選手の経歴を紹介すると、柏レイソルの下部組織で中学まで過ごし、高校では名門である市立船橋高校に入学。天皇杯横浜F・マリノ...続きを読む
中村俊輔が語る「リフティングは回数が大事」な理由/インタビュー後編
中村俊輔が語る「リフティングは回数が大事」な理由/インタビュー後編
2019年2月19日
中村選手の最新書籍「中村俊輔式 サッカー観戦術」発売中前編では、日本屈指のMFである中村俊輔選手のサッカー人生において、恩師となる指導者との出会いや親のサポートが成長には欠かせなか...続きを読む
「まだ上手くなりたい」プロ23年目、中村俊輔を支えるモチベーションはどこから来るのか/インタビュー前編
「まだ上手くなりたい」プロ23年目、中村俊輔を支えるモチベーションはどこから...
2019年2月12日
元日本代表の10番で日本屈指のMF、その左足でファンを魅了するプレーを見せ続けてきた中村俊輔選手。現在所属するジュビロ磐田では、2018シーズンはケガにも悩まされて苦しいシーズンを...続きを読む
"あとひと伸び"がない子に足りないものとは? なでしこジャパン高倉監督が語る、伸びる子が備えている力
"あとひと伸び"がない子に足りないものとは? なでしこジャパン高倉監督が語る...
2018年12月25日
FIFA女子ワールドカップで優勝、史上初の全世代で世界一。女子サッカーはどうして強豪国でい続けられるのか、前編ではその理由をなでしこジャパンの高倉麻子監督に伺いました。後編では、な...続きを読む

全 212 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー