1. サカイク
  2. 連載

連載

少年サッカー(ジュニアサッカー)に関する旬な情報、保護者や子どもに役立つ情報を、連載でお届けする特集ページ

全 120 連載

サカイクおすすめ!自主練グッズ特集
【動画】ボランチ必見!相手を引きつけてパスで攻略する。中村憲剛の駆け引きとは
【動画】ボランチ必見!相手を引きつけてパスで攻略する。中村憲剛の駆け引きとは
2021年12月 2日
サッカーは「だましあい」のスポーツです。体格差やフィジカル差のある選手を相手にしても、相手の視野から外れたり、動きの逆を突くことができれば、簡単に勝つことができるようになります。決...続きを読む
子どもが喜ぶ簡単マッサージケア
スポーツで疲れた子どもの心にも効く!マッサージは親子の絆を深める最強ツール
スポーツで疲れた子どもの心にも効く!マッサージは親子の絆を深める最強ツール
2021年7月19日
アスリートアロマトレーナーでありパパママトレーナーの小林知子さんに伺う、子どもへのマッサージについて。前回までは子どもの身体のマッサージの意義やノウハウについてご紹介しましたが、今...続きを読む
中村憲剛の「KENGOアカデミー」
どんなスタイルのチームでも信頼される選手に。中村憲剛の「止める・蹴る」の基準を学ぶ方法
どんなスタイルのチームでも信頼される選手に。中村憲剛の「止める・蹴る」の基準...
2021年11月29日
川崎フロンターレ時代にJ1リーグで3度優勝し、2016年にはJリーグ最優秀選手に選ばれるなど、多くのサポーターを魅了してきた中村憲剛さん。引退後は育成に携わるとともに、KENGO ...続きを読む
子どもの疲れやケガを防ぎパフォーマンスを高めるには?
Jリーガーよりも忙しい少年サッカーの日常。子どもが良い状態でプレーするために保護者がすべきこととは?
Jリーガーよりも忙しい少年サッカーの日常。子どもが良い状態でプレーするために...
2021年6月14日
育成年代から知っておきたい「積極的な回復方法(アクティブリカバリー)」。心身ともにより良い状態でプレーするために、栄養や休息、ストレッチなどのリカバリーを積極的に行うことは、子ども...続きを読む
蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
実力主義のチームで控えになってしまった息子。努力は報われないのか問題
実力主義のチームで控えになってしまった息子。努力は報われないのか問題
2021年11月24日
小3からゴールキーパーのレギュラーだったのに、隣町からエース級の子たちが入団してきた影響でベンチに。ずっとキーパーとしてやってきたので、フィールドプレーヤーとしてのテクニックがなく...続きを読む
あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
飛び込んで交わされたり、バランスを崩して転ぶ 1対1の守備を身につけさせるにはどうしたらいい?
飛び込んで交わされたり、バランスを崩して転ぶ 1対1の守備を身につけさせるに...
2021年11月26日
1対1の守備で、相手との距離感やタイミングがつかめず飛び込んで交わされたり、切り返しでバランスを崩して転んでしまう子どもたち。セーフティーに行くことと、仲間と連動してボールを奪いに...続きを読む
[いつでも、だれでも、ずっとサッカーを楽しむために]JFAグラスルーツ推進
「私はサッカーをしに来ている!」とある女子チームの指導者を我に返らせた子どもたちの声
「私はサッカーをしに来ている!」とある女子チームの指導者を我に返らせた子ども...
2021年11月24日
「JFAグラスルーツ宣言」に賛同するチームを認定し、つながりを作ることで、グラスルーツの環境改善を目指すJFAグラスルーツ推進・賛同パートナー制度。引退なし、補欠ゼロ、障がい者サッ...続きを読む
リフティング、ドリブルの目的は身体を思い通りに動かせるようになること
選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴
選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴
2019年7月 4日
個人技指導のスペシャリストとして知られるフリーのプロサッカーコーチ・三木利章さん。今回は、ドリブル練習を行う際に指導者が気をつけなければいけないポイントについてお聞きしましした。1...続きを読む
お家でできるラダートレーニング!タニラダーで速くなろう
ラダートレーニングで正しい動きを身につければサッカーがもっと上手くなる!
ラダートレーニングで正しい動きを身につければサッカーがもっと上手くなる!
2020年5月18日
1人でかつ短時間で、省スペースでできるサッカーの動きの改善トレーニングとして、ジュニアからプロ選手まで、のべ2万人以上が実践した『タニラダーメソッド』。新型コロナウイルスの影響で、...続きを読む
U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2020
どのように勝つかが大事、勝利と育成を求める鹿島が「アントラーズらしさ」を発揮して優勝 ワールドチャレンジ最終日
どのように勝つかが大事、勝利と育成を求める鹿島が「アントラーズらしさ」を発揮...
2020年12月31日
ジュニアサッカーワールドチャレンジ最終日は、会場を『Jヴィレッジスタジアム』に移し、準決勝、3位決定戦、決勝戦が行われました。ベスト4に勝ち上がったのは、鹿島アントラーズノルテジュ...続きを読む
チームでよくある困った!どうやって解決したらよい?
チームの決まらない予定、責任重大の当番にママはいつもドキドキ、ヒヤヒヤ...
チームの決まらない予定、責任重大の当番にママはいつもドキドキ、ヒヤヒヤ...
2020年3月10日
いつも頑張る子どもたちを縁の下で一生懸命ささえているお父さん、お母さん、そしてコーチ。日々のチームの活動や運営の中で起こりがちな、よくある「トラブル」や「困った」悩みを、専門家がズ...続きを読む
子どもはみんな、伸びるサインを出している!
キラキラした夢だけ見せるのは大人として無責任? 子どもが納得して進路を決めるために親が与えるべき「判断材料」とは
キラキラした夢だけ見せるのは大人として無責任? 子どもが納得して進路を決める...
2020年2月19日
2020年からの教育改革は、明治維新以来のもっとも劇的な改革であると言われています。新しい学習指導要領がめざすのは「十分な知識・技能」「答えがひとつに定まらない問題に自ら解を見出し...続きを読む
Jリーグの映像からスター選手のドリブルの凄さを見て学ぶ
Jリーグの映像から久保建英や三好康児といった東京五輪世代のドリブルを見て学ぼう!
Jリーグの映像から久保建英や三好康児といった東京五輪世代のドリブルを見て学ぼ...
2020年1月15日
『ドリブルデザイナー』として活動する、岡部将和さんが監修を務めたDVD。それが『Jリーグの厳選プレーから学ぶ 日本人が世界で活躍するためのドリブル実戦テクニック』です。Jリーグのス...続きを読む
スポーツ少年団やクラブチームの運営を効率化する方法
コロナ禍だからこそ工夫できる!新しいチーム指導のカタチとは?
コロナ禍だからこそ工夫できる!新しいチーム指導のカタチとは?
2020年4月17日
新型コロナウィルスの影響で、活動の自粛・縮小を余儀なくされているサッカー界。空いた時間をどう有効に使うかに、頭を悩ませている指導者も多いのではないでしょうか。千葉県市川市で活動する...続きを読む
ドリブルデザイナー岡部将和のドリブルを上達させるための理論
「ドリブルはうまい人を見て学べ!」久保建英や中島翔哉といった日本代表選手のドリブルの凄さとは?
「ドリブルはうまい人を見て学べ!」久保建英や中島翔哉といった日本代表選手のド...
2019年12月13日
『ドリブルデザイナー』として活動し、YouTubeやSNS、書籍などを通じて、ドリブルの極意や魅力を発信する岡部将和さん。そんな岡部さんが今回、「Jリーグの厳選プレーから学ぶ 日本...続きを読む
家庭で実践できる「ライフスキル」
家庭でできるライフスキルの高め方⑤ 一日10回のありがとうで身につく「感謝する力」
家庭でできるライフスキルの高め方⑤ 一日10回のありがとうで身につく「感謝す...
2019年12月 2日
これからを「生き抜く」力となるライフスキル。サカイクでは、サッカーを通じて「生き抜く」力を育むことを目的に、2017年の春キャンプより、ライフスキル研究の第一人者である慶應義塾大学...続きを読む
ベテランの金言「言わずに死ねるか」-今だからこそ、若い指導者・保護者に伝えたい-
「環境の不備を言い訳にしたら成功できない」いくつになっても挑戦を続ける元流経柏の本田監督が若い指導者に伝えたいこと
「環境の不備を言い訳にしたら成功できない」いくつになっても挑戦を続ける元流経...
2020年7月27日
千葉県の流通経済大学付属柏高校をサッカー強豪にし、高校サッカー選手権や高校総体で複数回の全国制覇を達成した本田裕一郎さん。これまで45年にわたって高校サッカー部の監督として育成に携...続きを読む
【今日からできる】運動会でも速く走る方法
ひざをしっかり上げて走ると速くなる! 速く走るための正しいひざの角度
ひざをしっかり上げて走ると速くなる! 速く走るための正しいひざの角度
2019年10月11日
ヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さんに「スピードアップのための5つのポイント」を教えてもらう人気シリーズ。5回目のテーマは「膝が上がらず、狭いスト...続きを読む
U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019
『ワーチャレ』で悔しい敗戦を喫したヴァンフォーレ甲府U-12。『サッカー観』を高めて、さらなる成長へ
『ワーチャレ』で悔しい敗戦を喫したヴァンフォーレ甲府U-12。『サッカー観』...
2019年9月11日
ナイジェリア選抜の優勝で幕を閉じたU-12世代の国際大会「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ 2019」には、Jリーグの育成組織も参加しています。初日はバイエルン・ミュンヘ...続きを読む
ミゲル・ロドリゴ監督が感じる日本の指導の気になる4点
子どもを成長させるのは「ポジティブなフィードバック」
子どもを成長させるのは「ポジティブなフィードバック」
2019年8月21日
「ミゲルのミラクルフィードバック〜試合で輝く子どもが育つサッカー指導術〜」というDVDを発売するにあたり、日本にいる7年間で感じた日本サッカー/フットサルの指導で気になった4つの点...続きを読む

全 120 連載

  1. サカイク
  2. 連載