1. トップ
  2. 連載

連載

少年サッカー(ジュニアサッカー)に関する旬な情報、保護者や子どもに役立つ情報を、連載でお届けする特集ページ

全 76 連載

世界を見てきたコーチが語る。いま求められる守備の指導法
「バルサの闘将」も学び続けていた『守備における個人戦術』
「バルサの闘将」も学び続けていた『守備における個人戦術』
2017年11月21日
スペイン・バルセロナを拠点に、世界中のクラブ、選手の指導&コンサルティングを行っているサッカーサービス。世界中で指導を行ってきた彼らだからこそ語れる、日本サッカーの課題である「守備...続きを読む
考え・自分で行動する力を伸ばす ~サンガつながり隊・福中コーチの「エガオノミカタ」~
自分の行動に責任を生むキーワード「自分はどう思う?」で、考えて動く力を育てよう
自分の行動に責任を生むキーワード「自分はどう思う?」で、考えて動く力を育てよ...
2017年10月13日
「サンガつながり隊」でプログラムを実施する際、まだ説明している途中なのに数人の子どもたちが勝手に始めてしまうことがあります。そうなると、他の子の多くも後に続いてしまう......。...続きを読む
蹴球子育てのツボ ~サッカーで子どもは一人前になる~
下級生に嫌なことを言ったり意地悪する...。困った態度の上級生にどう対応すればいいの問題
下級生に嫌なことを言ったり意地悪する...。困った態度の上級生にどう対応すれ...
2017年11月22日
後から入部してきた上級生がわざとぶつかってきたり嫌がらせをするので、息子はストレスで時折不満が爆発。コーチに相談してみたけれど改善は難しそう...。そんな時、みなさんならわが子にど...続きを読む
お父さんコーチ必見!現役時代とこんなに違う サッカー今昔物語
「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置に欠かせないアイテムとは
「打撲にコールドスプレー」は昔の常識!? コーチ・保護者必見、最新の応急処置...
2017年7月12日
サッカーをしていて、避けられないのがケガ。サッカーに多いケガは打撲やねんざなどの「急性外傷」と呼ばれるものです。子どもたちがケガをしたとき、どのような対処をすることで、素早く回復に...続きを読む
JFAグラスルーツ推進部部長が行く!あなたの街のサッカーチーム訪問
中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認め...
2017年11月14日
日本サッカー協会(JFA)グラスルーツ推進部の松田薫二部長があなたの街のサッカーチームを訪ね歩くこの連載。今回、訪れたのは群馬県藤岡市です。藤岡市は人口6万6千人ほどの地方都市であ...続きを読む
子どもの潜在能力を引き出す4つの練習メニュー
子どもたちに「考えさせる」3人のパス練習
子どもたちに「考えさせる」3人のパス練習
2017年7月31日
【この練習のテーマ:考えさせる】 3人が5m感覚で横並びに立ち、ボールを2つ使ってスタート。20mほど前方にあるゴールラインまで、3人で2つのボールをパスしながら前に進んでいく。ゴ...続きを読む
あなたが変われば子どもは伸びる![池上正コーチングゼミ]
シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをどう教えればいい?
シュートセンスがあり上手いが相手との競り合いを嫌がる子。ボールの取り合いをど...
2017年11月17日
シュートセンスがあって上手だけれど、競り合いが苦手なでボールが流れてくるのを待つだけ。積極的にボールの取り合いに絡んでほしくて声かけするも、プライドが高くてアドバイスを聞き入れられ...続きを読む
U‐12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2017
「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシテ...
2017年11月13日
10月上旬、サッカーサービスのコーチが「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ」における、FCバルセロナのプレーを分析する講習会が行われました。テーマは「日本とバルサのボランチ...続きを読む
日本代表MF柏木陽介が教える「ゲームメーカーに必要な5つのテクニック」
「正しい状況判断」のために周りの状況を確認する
「正しい状況判断」のために周りの状況を確認する
2017年6月12日
浦和レッズの柏木陽介選手のプレースタイルは「ゲームメーカー」と呼ばれます。誰よりもボールに触って、ゲームのリズムをつくり、決定的なチャンスを演出する——。そ...続きを読む
「サカイクキャンプ」でサッカーの技術とライフスキルを身につける
自分に足りないことを見つけ、考える力がつく 「人生に必要な"5つのスキル"」がサッカーの上達にも重要な理由
自分に足りないことを見つけ、考える力がつく 「人生に必要な"5つのスキル"」...
2017年6月 8日
前回は、ライフスキル・アドバイザーの東海林祐子先生(慶應義塾大学准教授)に「なぜスポーツにライフスキルが必要なのか」、また「ライフスキルを身につけることで結果が変わるのか」などをお...続きを読む
子どもが心からサッカーを楽しむための「サカイク10か条」
子どもの発想や考える力を引き出すために。ダメだしではなく、ポジティブな応援をしよう
子どもの発想や考える力を引き出すために。ダメだしではなく、ポジティブな応援を...
2017年10月12日
サカイクがまとめた親の心得、10か条のひとつである「今日の結果ではなく、子どもの未来に目を向けよう」。前編ではスポーツを続けることの大切さと、親と子どもの正しい関係性についてスポー...続きを読む
緊張は小さくできる!「あがらない体」のつくり方
緊張して身体が力んでしまうときは、「あえて力む」方法でゆるませることができる
緊張して身体が力んでしまうときは、「あえて力む」方法でゆるませることができる
2017年5月18日
試合の前や大事な本番はもちろん、練習中にコーチの厳しい指導を受けて緊張してしまい、失敗を恐れて普段通りに体が動かせなくなることがありますよね。 プロ野球チームをはじめ、トップアスリ...続きを読む
サッカーを心から楽しむための思いがけない方法!「無愛想」のススメ
子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメー...
2017年4月21日
子どもがサッカーを心から楽しむために、親としてはどのような応援、心がけをしたらよいのかをお送りするコラム。 「無愛想のススメ」の著者で、自身もサッカー少年だったメンタルトレーナーの...続きを読む
これからの世の中に必要な能力はすべて、遊びとサッカーが育ててくれる
「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、"ナナメの関係"がサッカー少年を成長させる
「よのなか科」推進の藤原さんが大切と語る"縦"の親でも"横"の友達でもない、...
2017年2月17日
新しい時代、これからの時代を生き抜くために子どもたちに何が必要なのか? を考える壮大な連載もいよいよ最終回。 脱・正解主義、情報処理型から情報編集型の思考を育てる「よのなか科」の取...続きを読む
本番に強い子を育てるために大切なこと
ダメなところ探しをしないで「ありのままの我が子」を受け止めることが自信をつけさせる第一歩
ダメなところ探しをしないで「ありのままの我が子」を受け止めることが自信をつけ...
2017年1月26日
この連載では、メンタル・トレーナーの森川陽太郎さんに、本番に弱い子どもへの声かけのコツや、メンタル・トレーニングの方法、本来の力を発揮したり目標を達成するために必要な自信の育て方に...続きを読む
13歳までに身につけたいディフェンスの戦術講座
動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
2017年2月16日
昨年の夏に行われた「ジュニアサッカーワールドチャレンジ2016」。FCバルセロナが2年ぶりに優勝を果たし、攻守に完成度の高いサッカーが話題になりました。はたして、彼らの何がすごかっ...続きを読む
誰でも速くなるサッカーのスピードアップ講座
福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実...
2017年3月17日
JA全農杯チビリンピック2016で、全国大会にも出場した広島県の強豪チーム、福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施しました。福山ローザス・セ...続きを読む
スポーツ先進国の親たちが学ぶ!スポーツペアレンティング講座とは
指導者との信頼関係が子どものスポーツ環境を向上させる。感謝を伝え、不満は気持ちのクールダウン後に
指導者との信頼関係が子どものスポーツ環境を向上させる。感謝を伝え、不満は気持...
2017年2月 3日
米国には「スポーツペアレンティング」という講座があります。これはスポーツをする子どもを持つ親を対象にしたもので、親として、子どものスポーツにどのように関わるかを考えるものです。 筆...続きを読む
ボランティアコーチお助け隊
初心者コーチの心得5:コーチもクリエイティブになろう
初心者コーチの心得5:コーチもクリエイティブになろう
2016年12月17日
連載第4回では「個々のキラッと光る部分を探そう」をテーマに、「初心者コーチ&ボランティアコーチ 5つの心得」の一つをシンキングサッカースクールヘッドコーチ・高峯弘樹さんに話してもら...続きを読む
少年サッカーあるあるお悩み相談室
わが子が「前のコーチのほうがよかった」と言い出したら、あなたはどうする?
わが子が「前のコーチのほうがよかった」と言い出したら、あなたはどうする?
2016年10月21日
小学3年生のわが子を見てくれていたコーチが去り、別のコーチに変わった。 「ぼく、前のコーチのほうがよかった……」 ぽつりと言ったわが子。確かに、以前のコ...続きを読む

全 76 連載

  1. トップ
  2. 連載