1. サカイク
  2. 連載

連載

少年サッカー(ジュニアサッカー)に関する旬な情報、保護者や子どもに役立つ情報を、連載でお届けする特集ページ

全 97 連載

弱小チームのチカラを引き出す! 暁星高校林義規監督の教え
38年間でひとつだけわかったことは、わからないということ
38年間でひとつだけわかったことは、わからないということ
2015年1月 3日
※本稿は、『弱小校のチカラを引き出す』(著者・篠幸彦、東邦出版刊)の一部を転載したものです。 あなたの子どももサッカーを続けていれば通る道!? 高校サッカーのリアルがここにある。弱...続きを読む
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2014特集
格上チームの試合を観て、子どもたちが考えだしたこと
格上チームの試合を観て、子どもたちが考えだしたこと
2015年4月 3日
久保建英選手の凱旋に湧いた第1回大会。そして二度目のバルセロナの衝撃。2013年に始まったU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジは表面的に多く語られることになる「FCバルセロナ...続きを読む
「しつもん」を少し工夫するだけで、子どもはグングン成長する!
子どもを「成長させる」でなく、大人も「一緒に成長する」
子どもを「成長させる」でなく、大人も「一緒に成長する」
2014年9月16日
しつもんをうまく使って親子のコミュニケーションを深め、子どもたちがもともと持っているやる気や素晴らしさを引き出そう! そんなテーマでお送りしてきたこの連載も今回が最終回。藤代圭一さ...続きを読む
男の子とはココが違う! サッカー少女の育て方
川澄奈穂美を育んだ川澄家の『教えない指導法』とは!?
川澄奈穂美を育んだ川澄家の『教えない指導法』とは!?
2014年6月24日
2011年7月17日。なでしこジャパンは、ドイツ女子ワールドカップで初優勝を飾りました。表彰台の上で、優勝トロフィーを高々を掲げるなでしこ選手たちは、ゴールドシャワーのような紙ふぶ...続きを読む
超集中状態! ゾーンに入る方法
入ろうとするほど遠のくゾーンの秘密とは!?
入ろうとするほど遠のくゾーンの秘密とは!?
2014年4月30日
メンタルトレーニングを専門とするスポーツドクター、辻秀一さんの短期連載もいよいよ最終回です。 第3回は『ポジティブシンキングの落とし穴』というテーマをお届けしました。本当は良くない...続きを読む
楽しむからうまくいく!ポジティブ心理学で良いプレーを引き出す
情熱的に褒めて長所を伸ばすことで、親子の会話も弾む
情熱的に褒めて長所を伸ばすことで、親子の会話も弾む
2014年3月31日
前回は、ポジティブ心理学の真骨頂、親子間のポジティブなコミュニケーションについて教えていただきました。今回も引き続き親子の会話、コミュニケーションについて、ポジティブ心理学を日本で...続きを読む
元日本代表コーチが教える! サッカーと勉強の相乗効果を引き出す方法
サッカーを続けている限り「どこかで誰かが観ている!」
サッカーを続けている限り「どこかで誰かが観ている!」
2014年4月 4日
サッカー日本代表コーチとして、また、育成年代のスペシャリストとしてもさまざまな現場でたくさんの選手を見続けてきた小倉勉さん(ヴァンフォーレ甲府ヘッドコーチ)は「サッカー選手に必要な...続きを読む
代表選手を分析! タイプ別で育てる兄弟構成別成長法
創造力が豊かな一人っ子は、サッカー日本代表の救世主となる?
創造力が豊かな一人っ子は、サッカー日本代表の救世主となる?
2014年2月24日
みなさんは「一人っ子」にどんなイメージを持っていますか?「寂しくてかわいそう」「協調性がない」「わがまま」長らくこんなイメージを持たれていた一人っ子ですが、兄弟や姉妹がいないことを...続きを読む
子どもの習い事 サッカー×「?」 一番伸びるのはどれだ?
サッカーに効く習い事を厳選! 身体と心、脳を育む習い事ベスト11
サッカーに効く習い事を厳選! 身体と心、脳を育む習い事ベスト11
2014年1月31日
これまで3回にわたって「サッカー×習い事」をテーマに、運動系、芸術系、音楽系、語学系などなど、幅広い分野の習い事を紹介してきました。最終回の今日はサッカーとの相乗効果で子どもたちが...続きを読む
子どもがみるみる伸びる フィンランド式キッズスキル
教育大国フィンランド発 子どもが自発的に考えて行動するメソッド
教育大国フィンランド発 子どもが自発的に考えて行動するメソッド
2013年12月30日
問題を指摘するのではなく、解決するスキルを身につけよう! サッカーの上達だけでなく、子どもたちの心も豊かになるキッズスキルは、子どもたちが自ら進んで成長するようになるステップが具体...続きを読む
【PR】人気18ブランド・87の最新スパイク&ウェア
選手の目線で機能を追求 GAViC
選手の目線で機能を追求 GAViC
2013年12月27日
勝利の喜びをより多くの人に知ってほしい。そんな思いから「GAIN VICTORY(勝利をつかむ)」という言葉をベースにGAVICという名が誕生した。選手の目線を忘れず、機能を追求し...続きを読む
バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
タルハニ存哉君、エスパニョール入団。評価された才能とは?
タルハニ存哉君、エスパニョール入団。評価された才能とは?
2013年11月11日
元日本代表の中村俊輔選手が所属したことでも知られるスペインの名門・RCDエスパニョール。育成年代においてはFCバルセロナと肩を並べる力を持つエスパニョールの下部組織に、タルハニ存哉...続きを読む
自ら考えて行動する子どもに育てる合言葉「プレイヤーズファースト」
褒めて伸ばすは本当?心理学に学ぶサッカーで子どもが成長する方法
褒めて伸ばすは本当?心理学に学ぶサッカーで子どもが成長する方法
2013年11月25日
プレイヤーズファーストについて考える連載、最終回の今日は、子どもたちとの向き合い方、親は子どもにどう接したらいいのかについて、心理学の助けを借りながら学んでみることにしましょう。 ...続きを読む
保護者と指導者 より良い関係作りを目指して
保護者も指導者もサッカーファミリー! 相互理解を深める方法
保護者も指導者もサッカーファミリー! 相互理解を深める方法
2013年10月28日
この連載では4回にわたって「保護者と指導者」のより良い付き合い方について考えてきました。保護者、指導者、それぞれが直面している身近な具体例を取り上げてきましたが、最終的に行き着くの...続きを読む
子どものサッカー 父親の役割
お父さんにできること 気になる金銭面でのサポートは?
お父さんにできること 気になる金銭面でのサポートは?
2013年9月30日
お父さんの役割について考えるこの連載。これまで、コーチとして、審判として、子どもたちに好きなサッカーを続けさせてあげたい一心でがんばるお父さんの現状を取り上げてきました。連載の最後...続きを読む
U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013特集
12歳のプロ集団。子どもたちが"バルセロナらしくある"理由
12歳のプロ集団。子どもたちが"バルセロナらしくある"理由
2013年10月10日
今回のU-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2013にはFCバルセロナU-12の保護者の方たちもはるばる日本にやってきていました。 「Tot el camp!」チャチャチャ リ...続きを読む
子どものサッカー 母親にできること
子どもたちをサポートするお母さんへ日々感謝の気持ちを
子どもたちをサポートするお母さんへ日々感謝の気持ちを
2013年8月28日
読者アンケートをもとに「お母さん」の役割について考える連載もひとまずこれで最終回です。今日はがんばるお母さんへのエールとして、プロフェッショナルトレーナーの守屋麻樹さんにお母さんの...続きを読む
やっぱりみんな困っている!? 子どものサッカー ホントのトコロ
うちの子はわがまま?負けず嫌い?上手な褒め言葉って?
うちの子はわがまま?負けず嫌い?上手な褒め言葉って?
2013年7月26日
読者アンケート「保護者のお悩みを教えてください!」に基づくリアルなお悩み相談。今回は保護者の方の間でも悩みの種になっている「褒めるだけで本当にいいの?」子どもへの接し方について東海...続きを読む
「バルサに入る!」息子の夢に寄り添うサポート―久保建史
【第4回】『バルサに入る!』夢をかなえるために、少しでも上手くいけば褒める―久保建史
【第4回】『バルサに入る!』夢をかなえるために、少しでも上手くいけば褒める―...
2012年7月11日
弱冠9歳にして、スペインのFCバルセロナ(通称バルサ)の下部組織「カンテラ」と契約を交わした久保建英くん。原則13歳からしか受け入れない組織が、特に彼を評価したのが技術と精神力だそ...続きを読む
なぜバルサは勝利と育成が両立するのか?
親が子どもの教育に果たす役割とは。メッシにとって大切な家族の存在
親が子どもの教育に果たす役割とは。メッシにとって大切な家族の存在
2012年2月 6日
「育成しつつ常に勝利する」FCバルセロナの人材育成術について、バルサのカンテラのテクニカルディレクターであるアルベルト・プッチ・オルトネーダが全4回に渡り解説。最終回は「親が子ども...続きを読む

全 97 連載

  1. サカイク
  2. 連載