1. サカイク
  2. コラム

コラム

「自分で考えるサッカーを子どもたちに。」がテーマ。少年サッカー(ジュニアサッカー)に関する幅広い専門情報を配信

全 1699 記事

小さくても強いシュートは打てる! 中村憲剛が小さくても強くて速いシュートが打てたワケ
小さくても強いシュートは打てる! 中村憲剛が小さくても強くて速いシュートが打...
2019年4月15日
プロキャリア17年。「永遠のサッカー小僧」でもある中村憲剛選手は、ジュニアの頃はどのような選手だったのでしょうか? 中村憲剛選手が小学生時代に所属した、府ロクサッカークラブの代表を...続きを読む
小学生の頃からチームへの要求が高かった 恩師が振り返る、中村憲剛が人として一気に成長した影にあったもの
小学生の頃からチームへの要求が高かった 恩師が振り返る、中村憲剛が人として一...
2019年4月 4日
Jリーグ王者・川崎フロンターレの中心選手として、ピッチで輝きを放ち続ける中村憲剛選手。多くの子ども達の憧れである彼は、ジュニアの頃はどのような選手だったのでしょうか? 中村憲剛選手...続きを読む
指導者の質向上のために。JFAが仕掛ける新しい動画サービスの形
指導者の質向上のために。JFAが仕掛ける新しい動画サービスの形
2019年4月 1日
サッカーの経験はゼロ、もともとは息子さんのサッカーを見に行くだけのサッカーパパだった須原専務理事。お子さんのサッカーをきっかけに審判資格を取得しJFAに関わるようになり、それが縁で...続きを読む
国内外でプレー経験豊富なカレン・ロバートが語る、海外で生き抜く上で必要な技術
国内外でプレー経験豊富なカレン・ロバートが語る、海外で生き抜く上で必要な技術
2019年3月26日
先日現役引退を表明したカレン・ロバート選手。カレン・ロバート選手と言えば、柏レイソルの下部組織で中学まで過ごし、高校では名門である市立船橋高校に入学する。天皇杯横浜Fマリノス戦で活...続きを読む
サッカーしないことがチーム強化に!? サッカー経験なしのJFA専務が提案する、猛暑を上手く使ってチーム力を上げるコツ
サッカーしないことがチーム強化に!? サッカー経験なしのJFA専務が提案する...
2019年3月18日
2018年3月に公益財団法人日本サッカー協会(JFA)の専務理事に就任した須原清貴さん。これまでキンコーズ・ジャパン株式会社やドミノ・ピザ・ジャパンなどで経営者として腕を振るってき...続きを読む
息子の仲間へのポジティブな声かけに助けられたこと。【子育て奮闘記vol.3 by「中野吉之伴 子どもと育つ」】
息子の仲間へのポジティブな声かけに助けられたこと。【子育て奮闘記vol.3 ...
2019年3月13日
ドイツで15年以上サッカー指導者として、またジャーナリストとして活動する中野吉之伴。2018年2月に突然「SGアウゲン・バイラータール」のU-15監督を解任された。新たな指導先を「...続きを読む
中学でのバスケ部経験も糧に! カレン・ロバートが今でもサッカーが好きでいられる理由とは
中学でのバスケ部経験も糧に! カレン・ロバートが今でもサッカーが好きでいられ...
2019年3月 8日
先日現役引退を表明したカレン・ロバート選手。カレン・ロバート選手の経歴を紹介すると、柏レイソルの下部組織で中学まで過ごし、高校では名門である市立船橋高校に入学。天皇杯横浜F・マリノ...続きを読む
幼少期からサッカーに集中させるべきではない理由とは【英国サッカーの最新事情】
幼少期からサッカーに集中させるべきではない理由とは【英国サッカーの最新事情】
2019年2月27日
現在スポーツ界で活発に議論が交わされている育成論の1つに、スポーツの「早期専門化」があります。小さい頃から複数の競技をプレーさせるのか、あるいは1つの競技を専門的にプレーさせるのか...続きを読む
中村俊輔が語る「リフティングは回数が大事」な理由/インタビュー後編
中村俊輔が語る「リフティングは回数が大事」な理由/インタビュー後編
2019年2月19日
中村選手の最新書籍「中村俊輔式 サッカー観戦術」発売中前編では、日本屈指のMFである中村俊輔選手のサッカー人生において、恩師となる指導者との出会いや親のサポートが成長には欠かせなか...続きを読む
勝たなきゃ死活問題! 結果を求める親と子、育成に力を入れたい指導者たちが抱えるジレンマ/育成への対価、欧州との差
勝たなきゃ死活問題! 結果を求める親と子、育成に力を入れたい指導者たちが抱え...
2019年2月13日
アジアカップ決勝戦で、日本代表がカタール代表に完敗しました。カタールは「アスパイア・アカデミー」という育成組織を作り、スペインを始め、国外から優秀な指導者を集めて「長期的な視野に立...続きを読む
「まだ上手くなりたい」プロ23年目、中村俊輔を支えるモチベーションはどこから来るのか/インタビュー前編
「まだ上手くなりたい」プロ23年目、中村俊輔を支えるモチベーションはどこから...
2019年2月12日
元日本代表の10番で日本屈指のMF、その左足でファンを魅了するプレーを見せ続けてきた中村俊輔選手。現在所属するジュビロ磐田では、2018シーズンはケガにも悩まされて苦しいシーズンを...続きを読む
プロサッカー選手の多くが身につけている10の特徴と強いメンタル習得方法とは【英国サッカーの最新事情】
プロサッカー選手の多くが身につけている10の特徴と強いメンタル習得方法とは【...
2019年2月 4日
皆さんは「メンタルタフネス」とはどういう意味をイメージされますか?ふわっとメンタルの強さを意味するというのは想像つくかもしれませんが、どういう意味かを改めて聞かれると答えるのが難し...続きを読む
子どもにも必要な資質「メンタルタフネス」とは【英国サッカーの最新事情】
子どもにも必要な資質「メンタルタフネス」とは【英国サッカーの最新事情】
2019年1月29日
皆さんは「メンタルタフネス」とどういう意味をイメージされますか?ふわっとメンタルの強さを意味するというのは想像つくかもしれませんが、どういう意味かを改めて聞かれると答えるのが難しい...続きを読む
ケガ予防&レベル向上にも期待!子どもの可能性を無限に広げる「他の運動」のススメ
ケガ予防&レベル向上にも期待!子どもの可能性を無限に広げる「他の運動」のスス...
2019年1月28日
ヴィッセル神戸のスポーツパフォーマンスアドバイザーであり、バルセロナやスペイン代表で理学療法士を務めていたエミリ・リカルトさんに話を伺った前編は「ケガとの向き合い方」に触れました。...続きを読む
親の言動が子どものチャンスを潰している! Jリーガーを続々生み出すサッカー部監督が語る、プロになる子の親の「共通点」
親の言動が子どものチャンスを潰している! Jリーガーを続々生み出すサッカー部...
2019年1月25日
全国大会の出場経験がないにも関わらず、毎年のようにJリーガーが誕生する興国高校(大阪)。監督を務める内野智章さんに「子どもをプロ選手にするために、保護者がすべきこと」について聞きま...続きを読む
オスグッドは回避できない!? 世界共通の「子どものケガ」との向き合い方とは?
オスグッドは回避できない!? 世界共通の「子どものケガ」との向き合い方とは?
2019年1月22日
みなさんは、生活に支障が出るようなケガをしたことがありますか?ケガをすると体を思うように動かせず、心は落ち込み、日々の生活に不安が出てしまいますよね。ケガをしてサッカーを楽しめなく...続きを読む
燃え尽き症候群を防ぐために、指導者&保護者が意識すべきこと【英国サッカーの最新事情】
燃え尽き症候群を防ぐために、指導者&保護者が意識すべきこと【英国サッカーの最...
2019年1月21日
燃え尽き症候群と聞くと、何か節目となるような大きな大会の後などに全力を出し切ってなってしまう、そんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。確かに小学校、中学校最後の大会などは...続きを読む
燃え尽き症候群を防ぐには目標設定から見直すべき?【英国サッカーの最新事情】
燃え尽き症候群を防ぐには目標設定から見直すべき?【英国サッカーの最新事情】
2019年1月15日
燃え尽き症候群と聞くと、何か節目となるような大きな大会の後などに全力を出し切ってなってしまう、そんなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。確かに小学校、中学校最後の大会などは...続きを読む
【ランキング】2018年もっとも読まれたインタビュー記事TOP5
【ランキング】2018年もっとも読まれたインタビュー記事TOP5
2018年12月29日
ジュニアサッカー(少年サッカー)の保護者向け情報サイト「サカイク」で2018年に配信した「選手・指導者インタビュー記事」の中でみなさんの注目度が高かった記事をランキングでご紹介しま...続きを読む
【ランキング】2018年もっとも読まれたトレーニング記事TOP5
【ランキング】2018年もっとも読まれたトレーニング記事TOP5
2018年12月28日
ジュニアサッカー(少年サッカー)の保護者向け情報サイト「サカイク」で2018年に配信した「小学生年代向けのトレーニング関連記事」の中でみなさんの注目度が高かった記事をランキングでご...続きを読む

全 1699 記事

  1. サカイク
  2. コラム