1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック

テクニック

親から子どもへ伝える、保護者コーチが参考にする、テクニックに関する子どもの悩みを解決するコンテンツ

全 428 記事

3年連続全国大会に出場した大分トリニータ。岩田智輝を指導した指揮官がU-12の育成で大切にしていること
3年連続全国大会に出場した大分トリニータ。岩田智輝を指導した指揮官がU-12...
2023年1月30日
3年連続で『全日本U-12サッカー選手権大会』に出場した、大分トリニータU-12。グループリーグを1勝2敗で終え、2年連続のラウンド16進出はならなかったが、最後まで粘り強く戦い抜...続きを読む
激戦区・東京都を制して全国大会に出場。JACPA東京FCが大切にする個の能力の育成と保護者との関係性
激戦区・東京都を制して全国大会に出場。JACPA東京FCが大切にする個の能力...
2023年1月27日
2022年末に行われた「JFA 全日本U-12サッカー選手権大会」に、東京代表として出場したJACPA東京FC。グループリーグ突破はならなかったが、攻撃的なスタイルで3試合で7ゴー...続きを読む
2つのJクラブと大阪の強豪チームに負けなし。全国大会で福島県王者が感じた勝ち抜くための課題と手応え
2つのJクラブと大阪の強豪チームに負けなし。全国大会で福島県王者が感じた勝ち...
2023年1月26日
2022年末に行われた『JFA 全日本U-12サッカー選手権大会』において、2つのJクラブ、大阪の強豪と同じグループに入りながら、ラウンド16まであと一歩に迫ったバンディッツいわき...続きを読む
 【アジリティスピードを上げる】タニラダー講習会開催
【アジリティスピードを上げる】タニラダー講習会開催
PR
元Jクラブのコーチが教える!ジュニアの各学年において必要なトレーニングの内容/イベントレポート後編
元Jクラブのコーチが教える!ジュニアの各学年において必要なトレーニングの内容...
2023年1月25日
COACH UNITED ACADEMYのU-8、U-10向けのトレーニング動画の講師として、好評を博している、蹴和サッカースクール代表の上田原剛氏。鹿島アントラーズのアカデミーで...続きを読む
連動した攻撃と素早い攻守の切り替えで全国大会ベスト16。続々とプロを輩出するソレッソ熊本の育成法
連動した攻撃と素早い攻守の切り替えで全国大会ベスト16。続々とプロを輩出する...
2023年1月24日
2022年末に鹿児島で開催された『JFA 第46回全日本U-12サッカー選手権大会』に、熊本代表として3年連続で出場したのが、ソレッソ熊本U-12だ。育成力に定評があり、清水エスパ...続きを読む
鹿島アントラーズで15年指導のコーチが伝授!ジュニアの指導で必要な知識と練習メニュー/イベントレポート前編
鹿島アントラーズで15年指導のコーチが伝授!ジュニアの指導で必要な知識と練習...
2023年1月21日
COACH UNITED ACADEMYのU-8、U-10向けのトレーニング動画の講師として、好評を博しているのが、蹴和サッカースクール代表の上田原剛氏だ。15歳の時にジーコサッカ...続きを読む
守備のギャップを狙う「ワンツー」と裏をかく「ワンツー回避」!タイミングとポジショニングを磨く練習法
守備のギャップを狙う「ワンツー」と裏をかく「ワンツー回避」!タイミングとポジ...
2023年1月19日
「サッカー指導者のためのオンラインセミナー『COACH UNITED ACADEMY』」では、サッカーを始めたばかりのU-8やU-10世代に向けたトレーニングを配信している。前回よ...続きを読む
 【2023年春休み開催】FC東京×サカイクSpring Camp開催
【2023年春休み開催】FC東京×サカイクSpring Camp開催
PR
最終ラインは2人で結成。全国大会ベスト16に進んだオオタFCの「個で守る」守備の拘りと育成の考え方
最終ラインは2人で結成。全国大会ベスト16に進んだオオタFCの「個で守る」守...
2023年1月18日
2021年度の「JA全農杯 全国小学生選抜サッカー選手権決勝大会(チビリンピック)」で優勝を果たした、オオタFC(岡山)。近年、全国の舞台で存在感を発揮する岡山の雄は、2022年末...続きを読む
攻守に圧倒する完成度で全国大会ベスト8に進んだSCH。激戦区・神奈川を制した要因は「日頃の積み重ね」
攻守に圧倒する完成度で全国大会ベスト8に進んだSCH。激戦区・神奈川を制した...
2023年1月13日
2022年末に鹿児島で開催された『JFA 第46回全日本U-12サッカー選手権大会』。鮮烈な印象を残しながら、PK戦の末にベスト8で涙を呑んだのが、神奈川県代表のSCHフットボール...続きを読む
技術と判断力、自主性を大切に。毎年Jクラブへ選手を輩出する全国3位に輝いた街クラブの育成法
技術と判断力、自主性を大切に。毎年Jクラブへ選手を輩出する全国3位に輝いた街...
2023年1月11日
2022年末に鹿児島で開催された『JFA 第46回全日本U-12サッカー選手権大会』。ベスト4に進出したのが、滋賀県代表のA.Z.R(アッズーロ)だ。チームを県勢最高位に導いた古荘...続きを読む
「全日本U-12サッカー選手権大会」ベスト4。大島僚太を指導した指揮官が語る高部JFCの育成法
「全日本U-12サッカー選手権大会」ベスト4。大島僚太を指導した指揮官が語る...
2023年1月 6日
2022年末に鹿児島で開催された『JFA 第46回全日本U-12サッカー選手権大会』で、ベスト4に進出したのが、静岡県代表の高部JFCだ。攻撃的なスタイルを掲げ、準決勝までの5試合...続きを読む
相手の守備ラインを突破するオフザボールの動き!バックステップ・プルアウェイ・オーバーラップの練習法
相手の守備ラインを突破するオフザボールの動き!バックステップ・プルアウェイ・...
2023年1月 5日
「サッカー指導者のためのオンラインセミナー『COACH UNITED ACADEMY』」では、サッカーを始めたばかりのU-8やU-10世代に向けたトレーニングを配信している。今回は...続きを読む
パスを繋ぐコツは「受け手に近寄る位置取り」と「遅いパス」/飯塚高校が実践するポゼッショントレーニング
パスを繋ぐコツは「受け手に近寄る位置取り」と「遅いパス」/飯塚高校が実践する...
2022年12月23日
近年、九州の高校サッカー界で注目を集めているのが、福岡県にある飯塚高校。2015年からに就任した中辻喜敬監督の下、テクニックと判断を活かし、"サッカー脳力"を鍛えるサッカーを展開し...続きを読む
様々なリフティングの組み合わせで磨ける技術とコーディネーション能力!遊びの中で自然と上手くなる練習法
様々なリフティングの組み合わせで磨ける技術とコーディネーション能力!遊びの中...
2022年12月22日
「サッカー指導者のためのオンラインセミナー『COACH UNITED ACADEMY』」ユーザーにアンケートをとると「U8年代のリフティングやコーディネーショントレーニングについて...続きを読む
インターハイ出場校も採用。ドリブル上達だけじゃない「テクダマ」がチームにあたえる効果
インターハイ出場校も採用。ドリブル上達だけじゃない「テクダマ」がチームにあた...
2022年12月15日
発売直後から完売が続くなど、注目を集めている「テクダマ」。これは、2号球の大きさながら4号球の重さがあるボールで、独自開発のバランス設定により、普通にバウンドすることもあれば、ボー...続きを読む
今年度の「全日本U-12サッカー選手権大会」に出場する10チームのトレーニング動画まとめ【後編】
今年度の「全日本U-12サッカー選手権大会」に出場する10チームのトレーニン...
2022年12月15日
年末(12月26~29日)に鹿児島で開催される「JFA 第46回全日本U-12サッカー選手権大会」。各都道府県代表の全48チームのうち、10チームがCOACH UNITED ACA...続きを読む
トラップミスを減らすポイントは「足を引かない」 1人でも"止める・蹴る"が上達する壁当てトレーニング
トラップミスを減らすポイントは「足を引かない」 1人でも"止める・蹴る"が上...
2022年12月13日
筑波大学サッカーコーチング論研究室に所属し、育成年代の指導に取り組む、内藤清志さんに聞く、「壁当てを通じて、止める・蹴るを上達させる方法」。インタビュー後編では、具体的にどのように...続きを読む
ワールドカップで活躍した日本代表もやっていた「壁当て」が"止める・蹴る"の練習に効果的な理由
ワールドカップで活躍した日本代表もやっていた「壁当て」が"止める・蹴る"の練...
2022年12月13日
筑波大学サッカーコーチング論研究室に所属し、育成年代の指導に取り組む内藤清志さんに、昔の子どもたちがやっていた「壁当て」について、その効果と重要性をうかがいました。題して「ひとりで...続きを読む
メッシやネイマールなど技術の高い選手が持つ「調整力」。ジュニア年代からの練習方法を解説
メッシやネイマールなど技術の高い選手が持つ「調整力」。ジュニア年代からの練習...
2022年12月13日
サッカーの戦術は複雑化し、選手のアスリート能力も向上。ボール扱いの巧みさに加えて、それを活かすための判断力、身のこなしなど、様々な要素が求められています。2022年サッカーワールド...続きを読む
三笘の1ミリも!?一流のサッカー選手が「無意識」でボールに反応できる理由とは
三笘の1ミリも!?一流のサッカー選手が「無意識」でボールに反応できる理由とは
2022年12月13日
人間の動きを数理科学的に分析する「スポーツバイオメカニクス」の分野において、サッカー界で研究を続けているのが、筑波大学教授・工学博士の浅井武先生です。浅井先生はサッカーの科学的コー...続きを読む

全 428 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック