1. サカイク
  2. 連載

連載

少年サッカー(ジュニアサッカー)に関する旬な情報、保護者や子どもに役立つ情報を、連載でお届けする特集ページ

全 97 連載

「考える力」が身につくサカイクキャンプ2013春
周りが見えるようになった!もっとうまくなりたい!サカイクキャンプ2013その⑤
周りが見えるようになった!もっとうまくなりたい!サカイクキャンプ2013その...
2013年4月12日
3日間続いたサカイクキャンプもいよいよ最終日。強い風と雨が吹き付けるなかでのスタートとなりましたが、子どもたちは相変わらず元気いっぱいです。 << PREV | 記事一覧 | ...続きを読む
「自分で考えるサッカー」を実践しているクラブ・少年団を訪問!
言い出せる環境をつくり出して、自分の考えをきちんと言葉にする――FC湘南辻堂
言い出せる環境をつくり出して、自分の考えをきちんと言葉にする――FC湘南辻堂
2013年5月20日
「自分で考える」サッカーを実践する上で大切なのは子どもたちの自発的な発言。おとなしい子どもが多いと言われる現代っ子たち。どうしたら闊達な意見が飛び交うチームになるのか?ちょっとやん...続きを読む
サッカーを健やかに続ける毎日習慣「早寝」「早起き」「朝ごはん」
これで今日から始める! 「早寝」「早起き」「朝ごはん」
これで今日から始める! 「早寝」「早起き」「朝ごはん」
2013年1月25日
寒い時期はベッドから出にくいし、季候が良くなれば夜更かしに。何か早寝、早起きのコツはあるでしょうか?実は人間の睡眠を調節する体内物質は、光に反応することが分かってきました。暮らしの...続きを読む
『考え抜く』子どもを育てるために
子どもが将来に向けて何が足りないか?を保護者と指導者の間で共有したい
子どもが将来に向けて何が足りないか?を保護者と指導者の間で共有したい
2012年10月30日
上野山さんはサッカーの指導者と保護者の関わりについて、自著の中では『保護者と子どもとコーチが三位一体となって進むことが大事』と述べています。それを実現するためには何が必要になるので...続きを読む
ジュニア年代の正しいフィジカル・コンディショニング論
【第6回】「早く試合したい!」ジュニア年代を"やる気"にさせるコンディションづくり
【第6回】「早く試合したい!」ジュニア年代を"やる気"にさせるコンディション...
2012年10月 2日
Jリーグフィジカルコーチの谷真一郎さんに聞く「ジュニア年代の正しいフィジカルコンディション論」。最終回となる今回は、ジュニア年代の指導者も知っておくべき、選手のフィジカルコンディシ...続きを読む
「子どもを伸ばす親は、これをする」高妻教授の保護者メンタル強化論
一緒に笑って、感動しよう。サッカーを楽しむ保護者は、子どもの成長見本
一緒に笑って、感動しよう。サッカーを楽しむ保護者は、子どもの成長見本
2012年8月20日
夏から秋へ。スポーツ観戦にも適した時期を迎え、子どもたちの練習や試合を見に行く機会も増えるのではないでしょうか。応援は「自分の子もよその子も、公平に」(第2回)でした。では、どう応...続きを読む
信念を曲げずに積み上げてきた指導とは?
勝ち負けにこだわって、真剣勝負をして、試合の後に「すげえ面白かった」と実感させたい
勝ち負けにこだわって、真剣勝負をして、試合の後に「すげえ面白かった」と実感さ...
2012年6月19日
全国的な知名度と実績を誇る少年サッカー2チームの監督にお話を伺った全4回の特別企画。最終回ではディアブロッサ高田FCの川上弘仁監督とJSC CHIBA川島和彦監督に、選手へ何を伝え...続きを読む
スペイン人に聞く。日本人コーチの疑問
どのように周りを観れば、判断能力を高めることができるのか?
どのように周りを観れば、判断能力を高めることができるのか?
2012年4月24日
サッカーサービスが監修・制作したDVD『知のサッカー』は、育成年代の指導者から大きな反響を呼び、多くの感想や質問がサカイク編集部に寄せられました。そこで多くの日本の指導者に共通する...続きを読む
浅井教授(筑波大学)のキック講座
ここぞという時に得点につながる!敵の意表を突く「ラボーナ」の蹴り方とそのコツ
ここぞという時に得点につながる!敵の意表を突く「ラボーナ」の蹴り方とそのコツ
2012年5月15日
軸足の外側に置いたボールを、軸足の後ろから回した蹴り足で蹴るラボーナは、変則的なキックの中でもとくに難易度が高いテクニック。クリスティアーノ・ロナウドや、リカルド・クアレスマ、ガン...続きを読む
東北の元気を届ける『仙台だより』
東北の子どもたちのために「ボールで繋ぐひとつの和」
東北の子どもたちのために「ボールで繋ぐひとつの和」
2012年5月 1日
2012年3月10日、カナダのトロントにあるSoccer World Polson Pierにて『Kick it for JapanⅡ』というチャリティイベントが開催されました。こ...続きを読む
大西貴の親子でサッカーを楽しもう!
サッカー選手として、人として毎日成長のきっかけを探していこう!
サッカー選手として、人として毎日成長のきっかけを探していこう!
2011年12月30日
「ウチの息子が、娘が今度サッカーを始めました!でも、サッカーってどんなところを見たらいいんでしょう?そして、どんなところが楽しいんでしょうか?」 そんなホントは相談したいけど、いま...続きを読む
保護者の悩みを小野剛さんが解決!
ケガをした子どもへの接し方は? 飽きっぽい小さな子への対処法はあるの?
ケガをした子どもへの接し方は? 飽きっぽい小さな子への対処法はあるの?
2011年10月25日
日本サッカー協会の技術委員長や日本代表コーチなどをつとめ、現在はFIFAインストラクターとして活躍中の小野剛さん。日本サッカー協会の重要なポストを歴任し、日本サッカーの育成について...続きを読む
サッカーショップ大研究
お父さんのための賢いサッカースパイクの選び方
お父さんのための賢いサッカースパイクの選び方
2011年11月18日
保護者や地域のボランティアで運営されている町クラブや少年団チームでは、お父さんもコーチや審判などを担当する関係で、サッカースパイクを履かれる方も多いとか。ただ、正しくスパイク選びが...続きを読む
全日本少年サッカー大会
小野剛氏が語る全日本少年サッカー大会
小野剛氏が語る全日本少年サッカー大会
2011年8月12日
■8人制の産みの親が見る今年の全日本少年サッカー大会 小野剛氏は1995年に日本サッカー協会・強化委員に就任以降、代表コーチ、ユースダイレクター、技術委員長などの要職をつとめあげ、...続きを読む
震災復興応援プロジェクト
【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする呼吸法
【第3回】応援プロジェクト×子どものメンタル、親のメンタル- リラックスする...
2011年4月19日
3月11日に起きた地震、津波は人々の心に大きな影響を与えました。わたしも多くの方から、震災など有事のときに、どのように心を保てばいいのかと尋ねられました。そこで今回はメンタルトレー...続きを読む

全 97 連載

  1. サカイク
  2. 連載