1. サカイク
  2. 連載
  3. 男の子とはココが違う! サッカー少女の育て方

連載

男の子とはココが違う! サッカー少女の育て方

2011年に開催されたワールドカップでなでしこJAPANが優勝してからサッカー少女人口は年々増えています。これまで男の子を基準として考えられてきた日本サッカーの育成を、そのまま女の子にも当てはめて良いものでしょうか? 答えは、否。女の子には女の子の育て方があるのです。

全 5 記事

川澄奈穂美を育んだ川澄家の『教えない指導法』とは!?
川澄奈穂美を育んだ川澄家の『教えない指導法』とは!?
2014年6月24日
2011年7月17日。なでしこジャパンは、ドイツ女子ワールドカップで初優勝を飾りました。表彰台の上で、優勝トロフィーを高々を掲げるなでしこ選手たちは、ゴールドシャワーのような紙ふぶ...続きを読む
女子は理解して動く生き物
女子は理解して動く生き物
2014年6月23日
なでしこジャパンのドイツ女子ワールドカップ優勝、ロンドンオリンピック銀メダル獲得をきっかけに、全国に多くの少女チームが生まれました。そこで初めて女子にサッカーを教えることの難しさを...続きを読む
パスを磨くが女子の道
パスを磨くが女子の道
2014年6月19日
「この監督はすごい! 練習もすごいけど、こんなサッカー見たことない」 以前に配信した「いつも私を見ていてくれる。その思いが子どもを伸ばす」の記事で紹介した故・阿満憲幸さん。なでしこ...続きを読む
女子は小学生から走力をつけよう―川澄奈穂美の走力の鍛え方
女子は小学生から走力をつけよう―川澄奈穂美の走力の鍛え方
2014年6月17日
「女子は第二次成長期に入ると、下半身に重心が移動してきてしまいます。そうなるまえに、走力をつけることがじつは大事」 これは、川澄を輩出した大和シルフィードの加藤さんの発言です。 ア...続きを読む
家庭で実践したい! 女子に多いけが予防
家庭で実践したい! 女子に多いけが予防
2014年6月16日
女子選手は前十字靭帯断裂などのケガが男子に比べて多い― 指導の現場ではよく耳にする言葉です。これは育成年代だけではなく、なでしこリーグのなどのトップレベルにおいても同様です。なぜな...続きを読む

全 5 記事

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 男の子とはココが違う! サッカー少女の育て方