1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー

インタビュー

Jリーガーなどの少年時代や、親子の感動秘話など子育ての参考にしたくなるような共感エピソード。

全 244 記事

内田篤人さんがドイツのサッカーを「別のスポーツ」と言った理由、日本の指導で技術より意識すべきこととは/U-19日本代表影山監督インタビュー前編
内田篤人さんがドイツのサッカーを「別のスポーツ」と言った理由、日本の指導で技...
2020年12月 3日
サッカー人口は年々に増加し、身近なスポーツとして多くの人が触れてきました。幼い頃からボールを蹴ってきた子どもたちも増え、1993年に開幕したJリーグの発展によって競技の裾野が広がっ...続きを読む
パフォーマンスを上げる時に気を付けたい「悪い癖をつけるトレーニング」になっていませんか?
パフォーマンスを上げる時に気を付けたい「悪い癖をつけるトレーニング」になって...
2020年11月 6日
大人から子ども、アスリートから一般の人まで「足底からこだわり、全身改善」をコンセプトに施術を提供する、アシカラ改善院の染谷学さん。サッカー選手の動き改善、ケガから復帰するためのリハ...続きを読む
パフォーマンスを上げるために「土台」を無視することはできない
パフォーマンスを上げるために「土台」を無視することはできない
2020年11月 2日
サッカー選手のケガ予防やリハビリ、正しい身体の使い方の指導をし、ジュニアからプロまで、多くの選手をサポートしているアシカラ改善院の染谷学さん。姿勢や立ち姿、歩き方の指導を通じて、選...続きを読む
Jクラブで長年コーチをしていた2人が語る「物事の本質はシンプル」である理由
Jクラブで長年コーチをしていた2人が語る「物事の本質はシンプル」である理由
2020年10月23日
2020年12月末、サカイクは「タニラダーキャンプ」と「澤村公康GKスぺシャルキャンプ」を大阪のJ GREEN堺で開催します。そこで今回は、両キャンプのメインコーチを務める、谷真一...続きを読む
Jクラブで長年コーチをしていた2人が語る「やった感のあるトレーニングは危険」
Jクラブで長年コーチをしていた2人が語る「やった感のあるトレーニングは危険」
2020年10月21日
2020年12月末、サカイクは「タニラダーキャンプ」と「澤村公康GKスペシャルキャンプ」を大阪のJ GREEN堺で開催します。そこで今回は、両キャンプのメインコーチを務める、谷真一...続きを読む
次世代を担う子どもたちの健全育成を支援するJリーグタイトルパートナー明治安田生命
次世代を担う子どもたちの健全育成を支援するJリーグタイトルパートナー明治安田...
2020年10月13日
Jリーグがタイトルパートナー制度を始めた2015年から、タイトルパートナーとして協賛している明治安田生命。CSRの核として子どもの健全育成を掲げ、Jリーグと協力してサッカー教室など...続きを読む
「1人1人が自分を成長させるプロデューサー」U-16日本代表・森山佳郎監督が語る伸びる選手と伸びない選手の違い
「1人1人が自分を成長させるプロデューサー」U-16日本代表・森山佳郎監督が...
2020年9月24日
サンフレッチェ広島ユースで長年指導にあたり、2015年からはU-17日本代表指揮官として久保建英選手らを見てきた森山佳郎監督に、前編では成長するためには自らアクションを起こすことが...続きを読む
イニエスタ選手が伝える「成功するため」「結果を出すため」の考え方
イニエスタ選手が伝える「成功するため」「結果を出すため」の考え方
2020年9月17日
2020年8月最終日。ヴィッセル神戸のイニエスタ選手が、子どもたちを対象にした、オンライントークイベントを開催しました。それが「イニエスタ メソドロジー オンラインサマースクール~...続きを読む
自ら要求できる槙野智章・久保建英のような選手を育てるために、指導者や保護者に求められること U-16日本代表・森山佳郎監督インタビュー
自ら要求できる槙野智章・久保建英のような選手を育てるために、指導者や保護者に...
2020年9月16日
日本の選手は指導者のいう事を素直に「ハイ」と聞く子が多いと言われますが、試合では常に指示を待って動くわけにはいきません。試合中自分で判断して動けるようになるには何が大事なのか。サン...続きを読む
イニエスタ選手から成功を夢見ている子どもたちへのアドバイス。大切なことは目標に対してどうすればいいか考えること。
イニエスタ選手から成功を夢見ている子どもたちへのアドバイス。大切なことは目標...
2020年9月14日
ヴィッセル神戸のイニエスタ選手が、子どもたちを対象にした、オンライントークイベントを開催しました。それが「イニエスタ メソドロジー オンラインサマースクール~イニエスタ選手による、...続きを読む
プロになれるのはほんの一握り。だからこそ学生時代に身につけておくべきこと 柴崎岳選手インタビュー
プロになれるのはほんの一握り。だからこそ学生時代に身につけておくべきこと 柴...
2020年9月 1日
鹿島アントラーズ所属時にはクラブワールドカップでレアルマドリード相手に2点を決め世界最高峰の相手に鮮烈な印象を残すなど、中盤の選手として技術、判断力に優れる柴崎岳選手。前編では、ご...続きを読む
「両親は自分の取り組みや考え方を尊重してくれた」日本代表 柴崎岳選手が振り返る両親のかかわり方
「両親は自分の取り組みや考え方を尊重してくれた」日本代表 柴崎岳選手が振り返...
2020年8月27日
サッカーでは、試合中に攻守が目まぐるしく変わり、予想外の事の連続です。そんなとき、いちいちピッチ外の監督やコーチの指導を仰ぐことはできません。だからこそ、自分で判断し動くことができ...続きを読む
全体練習前の個人プログラムでケガ予防、プレミアリーグのクラブが実践する個々に合わせた外傷予防策とは
全体練習前の個人プログラムでケガ予防、プレミアリーグのクラブが実践する個々に...
2020年8月18日
海外では、全体練習の前に個々の選手の状態に合わせて行うケガ予防プログラムがあります。いったいどんな事を行っているのでしょうか。イングランドプレミアリーグ、クリスタルパレスFCのトッ...続きを読む
疲労を可視化してケガを回避、プレミアリーグのトップチームが行うケガ予防とは
疲労を可視化してケガを回避、プレミアリーグのトップチームが行うケガ予防とは
2020年8月 4日
子どものサッカーでの心配事の一つがケガ。特に今年は新型コロナウイルスの影響で休校、チーム活動停止が長引いたこともあり、活動再開をしている今もケガの心配をしている保護者は多いでしょう...続きを読む
プレミアリーグのベテランスカウトに聞く、サッカーを頑張りたい子どものモチベーションを下げないための注意点
プレミアリーグのベテランスカウトに聞く、サッカーを頑張りたい子どものモチベー...
2020年7月15日
スカウトが見るポイントは技術だけではない。早熟、晩熟傾向などの成長スピードや、何より人間性を含めたポテンシャルであることを前編でお送りしました。プレミアリーグのトッテナムやイングラ...続きを読む
技術だけじゃない! プレミアリーグ、イングランドサッカー協会のベテランスカウトが教えるU-13世代のスカウト基準とは
技術だけじゃない! プレミアリーグ、イングランドサッカー協会のベテランスカウ...
2020年7月 6日
スカウトの人って選手のどこを見ているの? 身体が大きくて速いと有利なんでしょう? など、スカウトの人が何を見て判断するのか気になる親御さんも多いのでは。今回は、世界最高峰のリーグ、...続きを読む
「考える力」と「伝える力」 ベルギーで活躍する三好康児が実感した日本の子どもたちが身につけておくべきスキル
「考える力」と「伝える力」 ベルギーで活躍する三好康児が実感した日本の子ども...
2020年6月25日
川崎フロンターレの育成組織で育ち、順調にトップチームデビュー。U‐23世代で主軸を担う選手の一人であり、開催予定の五輪でも活躍が期待される三好康児選手(ロイヤル・アントワープFC/...続きを読む
川崎フロンターレ育ち、U-23主軸の三好康児が伝えるサッカーが上手くなるためのサッカーノートの書き方
川崎フロンターレ育ち、U-23主軸の三好康児が伝えるサッカーが上手くなるため...
2020年6月18日
サッカーでは、試合中に攻守が目まぐるしく変わり、予想外の事の連続です。そんなとき、いちいちピッチ外の監督やコーチの指導を仰ぐことはできません。だからこそ、自分で判断し動くことができ...続きを読む
「選手時代はバレーが大嫌いだった」益子直美さんが自身の過去から気づいた、選手を伸ばす環境とは
「選手時代はバレーが大嫌いだった」益子直美さんが自身の過去から気づいた、選手...
2019年10月24日
先日まで日本で開催されたバレーボールのワールドカップ(W杯)は、男女ともに来年のオリンピックに期待ができる戦いぶりを見せてくれ、大いに盛り上がました。元全日本代表選手として活躍した...続きを読む
「厳しい指導」を受けてきた元全日本代表、益子直美さんが「怒らない指導」を始めた理由
「厳しい指導」を受けてきた元全日本代表、益子直美さんが「怒らない指導」を始め...
2019年10月18日
ワールドカップと言えば、目下日本で開催中のラグビーにスポットがあたりますが、バレーボールのワールドカップ(W杯)も先日まで日本で開催され、盛り上がりを見せました。日本女子は5位と健...続きを読む

全 244 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー