1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 低学年からでも始められる! 小学生にもおすすめのサッカーノートの書き方を解説

親子でチャレンジ

低学年からでも始められる! 小学生にもおすすめのサッカーノートの書き方を解説

公開:2020年12月 2日 更新:2020年12月 3日

キーワード:サッカーノートサッカーノートの書き方低学年目標

小学生になりサッカーを始めた、というお子さんをお持ちの保護者の方も多いのではないでしょうか。お子さんがサッカーを楽しむのはもちろん大切ですが、それと同時に上達することも大切です。この記事では、サッカー上達のヒントになるかもしれない、サッカーノートの書き方を解説します。低学年からでも書ける書き方を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

サッカーノートとは

サッカーノートとは、練習や試合に関する記録を綴る日記のようなものです。上手くなるための目標や練習・試合への意気込み、その日の練習メニュー、コーチからもらったアドバイスなどを書き込むのが一般的です。また、気づいたことをどんどん書き残していく雑記帳のような使い方をするケースもあります。

いずれにしても、自分自身のサッカーに関する記録を残していくノートだと考えてください。

soccernote.fw.png

サッカーノートのメリット

サッカーノートは、ただ記録を残していくだけでなく、それによって様々なメリットを享受することができます。ここでは、サッカーノートを作成するメリットについて解説します。

目標を常に確認できる

サッカーノートに自分のサッカー選手としての目標を書き残すことで、常に目標を確認することができます。

目標は持っているものの、文字にしないままだとぼんやりとした状態になってしまいますが、ノートにはっきりと書くことで明確になります。ノートの1ページ目に大きな目標を書いておけば、ノートを開くたびに目標が目に入るので、常に目標を振り返ることができるでしょう。

考えの整理ができる

サッカーをしていると、ミスをしたり、コーチやチームメイトから指摘を受けたりすることが珍しくありません。言われた直後はイライラしたり、ショックを受けたりするでしょう。しかし、ノートにそれらの指摘を書いて読み直すことで「あの指摘は正しかった」「あのように指摘を受けたけど、自分はこう思う」など考えを整理することができます。

自身の成長を感じるきっかけになる

サッカーノートを継続して書いていくと、自分自身の成長を感じることができます。例えば、過去のノートを読み返すと「こんなことで悩んでいたのか」と感じることがあるかもしれません。今の自分にとっては当たり前のことでも、過去の自分にとっては大きな悩みだったことは少なくないはずです。このとき、自分自身の成長を実感できるでしょう。

サッカーノートの書き方

ここからは、サッカーノートの書き方について解説します。ノートの書き方に関しては、特定の正解があるわけではありません。ここで紹介するのは、あくまでも書き方の一例なので、参考にしてみてください。

目標を書く

小学生、特に低学年となると練習や試合で気づいたことを書くのは簡単ではありません。そのため、まずは目標を書いてみてください。目標の内容は自由ですが、できるだけ具体的に書くようにするのがポイントです。例えば「今日の試合は頑張る」ではなく「今日の試合では1点取る」「今日の試合は失点しない」といったイメージです。目標が具体的であれば、あとから振り返ったときにそれが達成できたのかどうかの判断もやりやすくなります。

また目標は、1日、1週間、1ヶ月、1年など様々なスパンで設定できるので、それぞれの目標を設定してもいいでしょう。

練習メニューを書く

その日行った練習メニューを書くのもおすすめです。可能であれば、どういったことを目的とした練習だったのか、その練習を上手くすることができたのか書いておくと、自分の中の課題も明確になります。また、次同じ練習を行ったときに前回との比較もできるでしょう。

その日受けたアドバイスや指摘を書く

コーチやチームメイトのアドバイスや指摘をノートに記録することも重要です。アドバイスを受けた場合、受けた瞬間は覚えているものの、次の日には忘れてしまう子どもも少なくありません。アドバイスや指摘は自分の課題につながるものなので、忘れないようにノートに記録しておきましょう。

できたこと・できなかったことを書く

その日の練習や試合でできたこと、できなかったことを記録しておくと、自分自身の課題が見えきます。とはいっても、小学生だとそこまで細かくは書けないかもしれません。そういった時は「シュートを外した」「パスができた」など簡単なことでも構いません。また「コーチの話を聞いていなかった」などプレーに直接関係していないことでもOKです。試合や練習のたびに記録を残しておくことで、できたことは継続してできているか、できなかったことは克服できているか、がわかるようになります。

サッカーノートを書く時のポイント

低学年の子どもサッカーノートを書くときのもっとも大切なポイントは、保護者が書くことを強制しないことです。サッカーノートは自分の意思で書くことが重要です。書かされているノートは後で読み返しても、あまり役に立たないでしょう。また、保護者が書くことを強制すると、子どもはサッカーが嫌いになる恐れもあります。保護者は、子どもにノートの存在を教えたら、あとは見守るようにしましょう。

まとめ

今回は、サッカーノートの書き方について解説しました。サッカーノートは日々の練習、試合の記録を残していくことで、自分自身の課題が明確になるほか、自身の成長の記録にもなります。特定の書き方はないので、無理のない範囲でノートを書き始めてみてはいかがでしょうか。

1
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加

募集中サカイクイベント

サカイクイベント一覧

関連記事

関連記事一覧へ

親子でチャレンジコンテンツ一覧へ(193件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 親子でチャレンジ
  4. 低学年からでも始められる! 小学生にもおすすめのサッカーノートの書き方を解説