1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力

考える力

「自分で考えるサッカーを子どもたちに。」をどう実践していくかについて、様々な事例をとおして理解を深めるコラム

全 307 記事

恥ずかしがらず挑戦することで身に付く、自ら考え体現する力
恥ずかしがらず挑戦することで身に付く、自ら考え体現する力
2015年2月24日
「なにか質問がある人はいますか?」 その先生の言葉に返答が返ってこない。質問することを恥ずかしがる子どもたち。日本の小学校でよく見る状況です。気になったことがあって答えを知りたい衝...続きを読む
短所を見つけたときは、長所も見つけてバランスを整えよう
短所を見つけたときは、長所も見つけてバランスを整えよう
2015年2月13日
まずは前回までの復習から。しつもんメンタルトレーナーの藤代さんは『サカイクワークショップ』で、子どもに質問するときに気をつけたい4つのポイントを教えてくれました。 【子どもが自ら考...続きを読む
あなたの"当たり前"が、子どもの成長を阻害する可能性
あなたの"当たり前"が、子どもの成長を阻害する可能性
2015年2月12日
「この子はこういうタイプだから…」 親として、子どものことをよく知ることはとても大切なことです。しかし、理解しているつもりが、じつは理解ではなく先入観になってしまって...続きを読む
子どもの「別に...」を防ぐ!紙に書くことで考える力が身につく
子どもの「別に...」を防ぐ!紙に書くことで考える力が身につく
2015年2月10日
子どもに質問したとき、「別に...」と返されたことはありませんか? こちらが一所懸命に考えて導き出した質問を、「別に...」のひと言で返されたら、我が子とはいえ、ふつふつと怒りが湧...続きを読む
"幅"と"深さ"の意識を高めるとサッカーがうまくいく!
"幅"と"深さ"の意識を高めるとサッカーがうまくいく!
2015年2月 6日
『知のサッカー第2巻』をより深く理解するため、サッカーサービスのポールコーチが行った講習会。そこでは「ブロックでの前進」というコンセプトについての説明が行われていました。前回の記事...続きを読む
なぜ「ピッチの広さ(幅)を使う」とサッカーはうまくいくのか?
なぜ「ピッチの広さ(幅)を使う」とサッカーはうまくいくのか?
2015年2月 4日
先日、行われたアジアカップ。日本代表は準々決勝で敗退しました。UAE戦では相手を一方的に押し込み、シュート35本を打ちながらも1点に終わりました。サッカーサービスのポールコーチが、...続きを読む
「残さず食べろ」でなく「なぜ残しちゃったのかな」と問う意味
「残さず食べろ」でなく「なぜ残しちゃったのかな」と問う意味
2015年1月30日
子どもがご飯を食べきれず残してしまいそうなとき、あなたはなんと声をかけますか? しつけの一環として「残さず食べなさい」と声をかける読者が多いのではないでしょうか。 それは、ひとつの...続きを読む
パス"コース"ではなくパス"ライン"を切る!フットサルのディフェンス
パス"コース"ではなくパス"ライン"を切る!フットサルのディフェンス
2015年1月20日
前回記事『シュートを決めるアイディア増える!フットサルを学ぶ利点』では、“サッカーにも活かせるフットサルの技術と戦術”という趣旨で、サッカーに応用できるフッ...続きを読む
バイエルンも実践!CBの選手に伝えたい"ボールを運ぶプレー"
バイエルンも実践!CBの選手に伝えたい"ボールを運ぶプレー"
2015年1月19日
イラクに1対0で勝利し、準々決勝進出に近づいた日本代表。スペイン・バルセロナを中心に世界中で活躍する指導者集団『サッカーサービス』のポール・デウロンデルコーチは日本代表のプレーをど...続きを読む
シュートを決めるアイディア増える!フットサルを学ぶ利点
シュートを決めるアイディア増える!フットサルを学ぶ利点
2015年1月16日
サッカーに励む子どもが同時にフットサルもするようになるとサッカーが下手になる――。 一部のジュニア年代のコーチは、そのような認識を持っているようです。 曰く、フットサルによってプレ...続きを読む
日本代表好調の要因は攻守の切り替えにあり【アジアカップ分析】
日本代表好調の要因は攻守の切り替えにあり【アジアカップ分析】
2015年1月15日
パレスチナに4‐0と快勝し、好スタートを切った日本代表。スペイン・バルセロナを中心に世界中で活躍する指導者集団「サッカーサービス」のポール・デウロンデルコーチは日本代表のプレーをど...続きを読む
周りを観てプレーできるようになる3つのポイント
周りを観てプレーできるようになる3つのポイント
2014年12月10日
『知のサッカー』の理解を深めるために企画された、サッカーサービス・ポールコーチによるセミナー。テーマは賢い選手を育てるために必要な「認知」についてです。前回はスペースの認知について...続きを読む
賢いサッカー選手はピッチで何を観て、何を予測しているのか?
賢いサッカー選手はピッチで何を観て、何を予測しているのか?
2014年12月 8日
スペイン・バルセロナを拠点に、日本サッカー協会のプロジェクトコンサルティングディレクターを務めるなど日本でも活動するサッカーサービス社が監修する『知のサッカー』。その内容を「もっと...続きを読む
柴崎岳の恩師が語る! 考える力は自己分析で高まる
柴崎岳の恩師が語る! 考える力は自己分析で高まる
2014年12月 4日
2014年も暮れ、高校サッカー選手権まで一か月を切りました。今年も名門・青森山田高校を率いるは黒田剛監督。日本代表の若き司令塔と期待される柴崎岳をはじめ、幾人ものJリーガーを育てて...続きを読む
サッカーではなく、サッカー選手を好きな日本人
サッカーではなく、サッカー選手を好きな日本人
2014年12月 3日
先日、カールスルーエSC(ドイツ2部リーグ)に所属する山田大記選手が静岡のローカル番組のインタビューで、「日本には、サッカー選手を好きな人が多いでしょ。ところが、ドイツって本当にサ...続きを読む
相手は"敵"ではなく審判は"あら探しをする対象"ではない
相手は"敵"ではなく審判は"あら探しをする対象"ではない
2014年11月12日
今回はキャプテンシーについて考えてみましょう。 ザック・ジャパンのキャプテンは長谷部誠選手でした。ザッケローニは長谷部選手がケガをしても、「キャプテンは彼以外に考えられない」と言い...続きを読む
ドミニカに学ぶ!子どもの自己主張は成長をうながす栄養素
ドミニカに学ぶ!子どもの自己主張は成長をうながす栄養素
2014年10月30日
「おれが主役なるんだ」という強い自己主張。筆者は『全世界移動型即席サッカースクール』と題して、世界中の子どもたちとサッカーをしていますが、今回訪れたドミニカ共和国ほど、この自己主張...続きを読む
ふてくされても意味がない!チームを救うベンチでの振る舞い方
ふてくされても意味がない!チームを救うベンチでの振る舞い方
2014年10月20日
準々決勝の北朝鮮戦、高木大輔の出番は訪れなかった。しかし、延長戦までもつれ込む試合の中で、彼は腐ることなくつねにピッチ上の選手に声をかけ続けた。PK戦でも最後のキッカーとなってしま...続きを読む
チームの負の連鎖を断ち切る!状況把握能力の大切さ
チームの負の連鎖を断ち切る!状況把握能力の大切さ
2014年10月17日
うまくいっているときや調子がいいときは、自然とチームの雰囲気がよくなるものです。うまくいっている状況が、自信を生み出し不満要素を打ち消してくれているからです。こういうときは、選手た...続きを読む
トム・バイヤー流!サッカー少年との正しい関わり方
トム・バイヤー流!サッカー少年との正しい関わり方
2014年10月16日
前回記事『サッカー指導の伝道師が提言!2歳からできる室内練習法とは』では、家の中で取り組むトレーニングの重要性を教えてくれたトム・バイヤー。今回は、サッカー少年との正しい関わり方に...続きを読む

全 307 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力