1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ

こころ

親子のメンタル、コミュニケーション、自立、コーチング等を取り上げたコラム

全 212 記事

人の手が障がい者の「自動ドア」になるバルセロナ
人の手が障がい者の「自動ドア」になるバルセロナ
2014年9月12日
9月6日、日本サッカーミュージアム・ヴァーチャルスタジアムで、『JFAリスペクト・フェアプレーデイズ2014差別、暴力のない世界を!』シンポジウムが開催されました。日本でも差別に関...続きを読む
チビであることは、ハンデどころか武器になる
チビであることは、ハンデどころか武器になる
2014年8月 8日
※COACH UNITEDより転載(2014年7月2日掲載記事)※ 大黒柱のリベリーを怪我で欠く、苦しいチーム状況のなかブラジルワールドカップでベスト8まで勝ち進んだフランス。リベ...続きを読む
自分を守りなさい!フランス代表の司令塔を育てた教えとは
自分を守りなさい!フランス代表の司令塔を育てた教えとは
2014年7月31日
※COACH UNITEDより転載(2014年6月30日掲載記事)※ ワールドカップ・ブラジル大会も佳境に入った6月末、日本の知人(女性)から久しぶりのメールが舞い込みました。彼女...続きを読む
勝ちたいに決まっているから「絶対に勝つ」なんて言葉はいらない
勝ちたいに決まっているから「絶対に勝つ」なんて言葉はいらない
2014年7月30日
今回もメンタルトレーニングの第一人者である辻秀一先生に、ザックジャパンの評価を伺います。前編ではワールドカップ優勝を宣言したことについてお送りしましたが、後編は「自分たちのサッカー...続きを読む
W杯で日本代表も陥った!ポジティブ思考の落とし穴
W杯で日本代表も陥った!ポジティブ思考の落とし穴
2014年7月29日
1分2敗でブラジルワールドカップを去った日本代表。今後に向けて改善すべき点は多く、その中でも特に聞かれるキーワードが“メンタル”です。 ザッケローニ監督は「...続きを読む
「日本の常識は非常識」という覚悟を持つ者が、世界に通じる
「日本の常識は非常識」という覚悟を持つ者が、世界に通じる
2014年7月 3日
読者の皆様は選手の保護者としてサッカーに携わっている方が多いでしょうか?  現在ブラジルで開催中のワールドカップを見れば、サポーターがいて、審判がいて、チームスタッフがいて、こうや...続きを読む
いつも私を見ていてくれる。その思いが子どもを伸ばす
いつも私を見ていてくれる。その思いが子どもを伸ばす
2014年6月11日
ベトナムで開催された第18回AFC女子アジアカップで見事に初優勝を果たしたなでしこジャパン。この大会は来年開催されるカナダ・女子ワールドカップの予選もかねているため、今回手にした優...続きを読む
深呼吸は「先に息を吐くこと」がポイント
深呼吸は「先に息を吐くこと」がポイント
2014年5月28日
前回に引き続き、大儀見浩介さんに集中力の高め方についてお話を伺いました。 <<「集中しろ」と言われたら、具体的に何をする? なお、ここに紹介してあるのはごく一部であり、COACH...続きを読む
「集中しろ」と言われたら、具体的に何をする?
「集中しろ」と言われたら、具体的に何をする?
2014年5月22日
皆さんは、「集中力」とは何か定義できていますか? 誰かに「集中しろ!」と言う時・言われた時、具体的に何をすればいいか、整理できていますか? なかなか、そういう方は少ないのではないで...続きを読む
無理な押し付けは逆効果!女子には女子特有の指導が必要
無理な押し付けは逆効果!女子には女子特有の指導が必要
2014年5月19日
2011年になでしこジャパンがFIFA女子ワールドカップで優勝したのを機に広がりを見せる女子サッカー人気。いまでは多くの女子小学生がサッカーに取り組み、次世代の代表入りを目指してい...続きを読む
やる気のない子どもの「やる気スイッチ」の押し方
やる気のない子どもの「やる気スイッチ」の押し方
2014年5月 2日
「なんでうちの子はこんなにやる気がないんだろう」と親だったら一度は悩んだことあるんじゃないでしょうか。子どもがやる気を出して取り組んでくれるといいのですが、親がうまくやる気をださせ...続きを読む
教えたいなら、任せなさい
教えたいなら、任せなさい
2014年4月15日
サッカーの現場では、まだまだ「教え込む」指導者や保護者をたくさん見かけます。指導するとは本来「導く」こと。自ら考えて、伸びていく子どもにするために、どんな声かけが有効なのかをコーチ...続きを読む
お母さん必見! 男の子は「オチンチン力」を伸ばす
お母さん必見! 男の子は「オチンチン力」を伸ばす
2014年4月10日
「男の子はどうしたってチョロチョロ動くものです。集中力がない、落ち着きがないと心配するお母さんもいますが、それを心配するよりも、男の子の特性に目を向けて育ててあげることが大切です」...続きを読む
リトルなでしこが世界一になれた理由
リトルなでしこが世界一になれた理由
2014年4月 9日
コスタリカで開催されていたU17女子W杯で、リトルなでしこことU17女子日本代表が見事、世界一に輝きました。決勝戦で強豪スペインを2-0と下し、全員の力でつかんだ優勝トロフィー。そ...続きを読む
怒鳴るはNG。目標設定が子どものやる気を高める
怒鳴るはNG。目標設定が子どものやる気を高める
2014年3月19日
日本のメンタルトレーニング界を牽引するふたりが、コラボセミナーを実施! 東海大学体育学部・競技スポーツ学科・スポーツ心理学教授の高妻容一先生と株式会社メンタリスタ代表取締役の大儀見...続きを読む
綾羽高校のボトムアップ指導から学ぶ、『積極性』の引き出し方
綾羽高校のボトムアップ指導から学ぶ、『積極性』の引き出し方
2014年2月25日
前回はボトムアップ指導に必要な3つの軸と共に、子どもを選手として、人として育てるために必要な指導者や親の心構えを紹介しました。後編の今回は、綾羽がボトムアップ指導を取り入れた事で効...続きを読む
子育ての参考にもなる!? ボトムアップ指導の綾羽高校から学ぶ
子育ての参考にもなる!? ボトムアップ指導の綾羽高校から学ぶ
2014年2月13日
昨年11月、これまで野洲高校など公立高校しか全国大会に出場していなかった滋賀県で、初めて私立の綾羽高校が全国高校サッカー選手権大会の出場を決めました。滋賀県草津市にある綾羽高校はガ...続きを読む
選手とサポーター、サッカーファミリーをつなぐリスペクトの精神
選手とサポーター、サッカーファミリーをつなぐリスペクトの精神
2014年2月 6日
フェアプレーとともに忘れてはいけない『リスペクト』の精神。相手を敬う、尊重するという意味なのは、サッカーファミリーの一員である皆さんはもうご存じですよね。日本サッカー協会(JFA)...続きを読む
若きバルサの選手たちが見せた、世界に賞賛されたフェアプレーとは
若きバルサの選手たちが見せた、世界に賞賛されたフェアプレーとは
2014年2月 5日
サッカーを通じて子どもたちに伝えたいフェアプレー。フェアプレーの精神はどんなに時代が変わっても、技術が進歩してもずっと変わらない、サッカーの「根っこ」の部分です。  以前、フェアプ...続きを読む
あなたならどうする? 海外選手に学ぶフェアプレーの選択肢
あなたならどうする? 海外選手に学ぶフェアプレーの選択肢
2014年1月17日
右サイドのスペースに出たボールを追いかける味方選手が相手GKと接触。ボールはライン際に走り込んだ味方選手の前に転がりますが、GKは倒れたまま。レフェリーの笛は鳴らず、試合は続きます...続きを読む

全 212 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ