1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力

運動能力

フィジカル、コーディネーション、筋トレ系のコンテンツ。正しく学び、正しく運動能力向上を。

全 93 記事

前の20件 1  2  3  4  5

当たり負けをしない身体を作ろう!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング
当たり負けをしない身体を作ろう!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング
2013年1月18日
ゴールデンエイジについてお話を聞かせてくれたトレーナーの立花龍司さん。前回は「速く走れる!? トレーニング」を教えてもらいました。今回はゴールデンエイジに効く! 体幹トレーニングを...続きを読む
足が速くなるために!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング
足が速くなるために!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング
2013年1月15日
前回はゴールデンエイジについてトレーナーの立花龍司さんにお話しをお聞きしました。今回は一歩進んで、ゴールデンエイジに効く! みんなが知りたい「速く走れる!? トレーニング」を紹介し...続きを読む
運動ができる子になるために!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング
運動ができる子になるために!ゴールデンエイジに取り組みたいトレーニング
2013年1月 7日
サカイクでも話題になった誰にも平等に訪れる成長のチャンス「ゴールデンエイジ」。実はこのゴールデンエイジ、競技にかかわらず、すべてのスポーツに共通して訪れるものなのは知っていましたか...続きを読む
心・技・体を駆使して勝ち取った銀メダル!なでしこジャパンが輝きを放った理由とは?
心・技・体を駆使して勝ち取った銀メダル!なでしこジャパンが輝きを放った理由と...
2012年12月27日
今年を彩ったなでしこジャパンの活躍。銀メダル獲得の裏にはメンタルトレーニングに導かれた「心の進化」と体幹トレーニングに裏打ちされた「強さ」があった!?  12月23日、なでしこジャ...続きを読む
ある日突然、思い通りにプレー出来なくなる「クラムジー」とは?その理解と対策
ある日突然、思い通りにプレー出来なくなる「クラムジー」とは?その理解と対策
2012年11月21日
いままで当たり前にできたことが急にできなくなる。体が重い。同じプレーをしているつもりなのに、プレーにキレがない。ケガの有無やコンディションにかかわらず、何かがおかしい・・・・・・。...続きを読む
一生に一度の成長のチャンス「ゴールデンエイジ」でサッカーがもっと楽しくなる
一生に一度の成長のチャンス「ゴールデンエイジ」でサッカーがもっと楽しくなる
2012年11月16日
昨日までできなかったリフティングの技、一度見ただけのエラシコ。子どもたちは、ときに大人が驚くくらい複雑な動きを瞬時にマスターして、自分のものにすることがあります。彼らはまさに&ld...続きを読む
スローインから考える「サッカー以外の競技や遊びをすること」
スローインから考える「サッカー以外の競技や遊びをすること」
2012年10月18日
「ボールを蹴るのはみんなうまいんですけどね」あるコーチがこうつぶやきました。「子どもたちが遊ばなくなった」「体育が苦手な子が増えた」いろいろなところで耳にする子どもたちの運動能力の...続きを読む
知っておきたい!スピードを上げるためのトレーニングのバランスと身体の使い方
知っておきたい!スピードを上げるためのトレーニングのバランスと身体の使い方
2012年10月17日
スピードをアップしたい! と考えている選手によく聞かれることが、「筋肉をつけると重くならないですか?」という質問です。結論から言うと、それは、トレーニングの方法次第です。速筋繊維に...続きを読む
いつ、どこへ、どれくらいのスピードで?サッカーで求められる理想の「走り」とは
いつ、どこへ、どれくらいのスピードで?サッカーで求められる理想の「走り」とは...
2012年10月 9日
サッカーはボールを使ったスポーツですが、プレーの大半を占めるのが「走る」ことです。それでは質問です。選手たちの足が試合終盤で止まってしまい、最後まで走り切ることができませんでした。...続きを読む
ジュニア指導者必見!ジョアン・ミレット氏のGKクリニック(実技編)
ジュニア指導者必見!ジョアン・ミレット氏のGKクリニック(実技編)
2012年8月 9日
■選手たちの悪いプレー習慣を決して見逃さず、優しくも鋭い眼光で細かくチェックでは、実際にどのように選手に正しい技術をしつけていくのか。実技で最初に教えられたのはキャッチングでした。...続きを読む
ジュニア指導者必見!ジョアン・ミレット氏のGKクリニック(コンセプト編)
ジュニア指導者必見!ジョアン・ミレット氏のGKクリニック(コンセプト編)
2012年8月 8日
■サッカーにおける11人の出場選手の中で、唯一、手を使ってボールを扱うことが許されたポジションGKは特別な存在です。単純な11人の中のひとりではありません。当然、技術や戦術も他の1...続きを読む
若き才能が潰される要因はトレーニングの量にある【サッカーのピリオダイゼーション番外編】
若き才能が潰される要因はトレーニングの量にある【サッカーのピリオダイゼーショ...
2012年2月23日
2回に渡って掲載し、大きな反響を呼んだ「サッカーのピリオダイゼーション理論」。サッカーコーチの視点から、サッカーのコンディショニングを分析したレイモンド氏の手法は、多くの人に新たな...続きを読む
練習の"質"を高めるにはサッカーの分析が重要【サッカーのピリオダイゼーション2】
練習の"質"を高めるにはサッカーの分析が重要【サッカーのピリオダイゼーション...
2012年2月 8日
コンディショニングコーチとして、オランダ代表や韓国代表など、数々の選手のコンディションを劇的に向上させたレイモンド氏。その手腕は世界トップクラスと言ってもいいでしょう。そんな彼が日...続きを読む
韓国代表をW杯ベスト4に導いたトレーニング理論【サッカーのピリオダイゼーション1】
韓国代表をW杯ベスト4に導いたトレーニング理論【サッカーのピリオダイゼーショ...
2012年2月 7日
試合中、最初から最後までスピードが落ちることなく、質の高いプレーを繰り返す。サッカー選手なら、誰もが夢見ることでしょう。そんな選手になるためのコンディショニング理論を開発し、実践し...続きを読む
子どもの成長を急かさない。育成にあせりは禁物【マンチェスターUの指導理論3】
子どもの成長を急かさない。育成にあせりは禁物【マンチェスターUの指導理論3】
2012年2月 1日
昨年末に行われた指導者講習会、『ナイキ エリートトレーニング』のゲストとして招かれた、マンチェスター・ユナイテッドFCの育成コーチ、ケビン・ウォード氏。彼の指導理論の中から、今回は...続きを読む
【コンディショニング第9回】日本人に多い「あがり」を解消する練習システム
【コンディショニング第9回】日本人に多い「あがり」を解消する練習システム
2011年12月26日
今年ももうあとわずかですね。皆さんにとってこの1年、どんな年だったでしょうか?そして、いよいよこの「サッカー選手のためのトータル・コンディショニング」も最終回を迎えました。「運動」...続きを読む
【コンディショニング第8回】「O脚」「X脚」のチェック方法とスポーツ障害の可能性
【コンディショニング第8回】「O脚」「X脚」のチェック方法とスポーツ障害の可...
2011年11月24日
皆さん、こんにちは。前回、「自宅で出来る姿勢チェック」についてお話させて頂きました。実際にお子様とご一緒にチェックされましたか?前回は立ったまま止まった姿勢でのチェックでした。「良...続きを読む
長友選手のトレーナー木場さんが語る「体幹トレーニングのポイント」
長友選手のトレーナー木場さんが語る「体幹トレーニングのポイント」
2011年11月15日
日本代表の長友佑都選手のパーソナルトレーナー・木場克己氏と、サカイクでもおなじみ、メンタルトレーニング・コンサルタントの大儀見浩介氏が「いま一番受けたい授業 フィジカル×メンタル」...続きを読む
【コンディショニング第7回】自宅で行う子どものケガ予防チェック
【コンディショニング第7回】自宅で行う子どものケガ予防チェック
2011年10月28日
皆さん、こんにちは。運動会やスポーツ大会、イベント盛り沢山の10月も終わり、いよいよ11月到来ですね。朝夕の寒暖の差が激しいようです。風邪やインフルエンザ、充分に体調管理にお気をつ...続きを読む
サッカーで速く走るためのポイント(実践編)
サッカーで速く走るためのポイント(実践編)
2011年10月19日
<<この記事を最初から読む 基本のフォームができたら、サッカーのための走り方について考えてみましょう。100mを全力で駆け抜ける短距離走と、緩急を付けながら状況に応じて走るサッカー...続きを読む

全 93 記事

前の20件 1  2  3  4  5

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
    2017年11月13日
  2. 「日本の多くの選手は守備の仕方を知らない」世界中で指導してきたコーチが気づいたこと。
    2017年11月16日
  3. ついていけないからサッカークラブをやめたい息子の気持ちを尊重すべきか悩む問題
    2017年11月15日
  4. 中学生年代も『補欠ゼロ』を推奨 不断の努力で地域唯一のクラブチームとして認められた藤岡キッカーズが描く展望
    2017年11月14日
  5. 同じ小3なのに、身体の成熟年齢5歳と11歳の子がいる? 「うちの子小さくて」の前に知っておきたい生物学年齢とは
     
  6. しつこいマークがはずせないときは、どうすればいいの?【いまさら聞けないマークをはずす動き4】
    2015年11月26日
  7. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  8. トレセンが全てじゃない! サッカー選手として成長するために、いま大事にしてほしいこと
    2017年11月 7日
  9. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  10. 「バルサはすごい」で終わらせないために。求められる『認知力』と『インテンシティ』
    2017年11月13日

一覧へ