1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック

テクニック

親から子どもへ伝える、保護者コーチが参考にする、テクニックに関する子どもの悩みを解決するコンテンツ

全 360 記事

ロナウドでもベイルでもない!レアル・マドリ―を操るキーマン
ロナウドでもベイルでもない!レアル・マドリ―を操るキーマン
2014年12月21日
本日21日、南米王者のサンロレンソを2-0で破り、クラブワールドカップ優勝を決めたレアル・マドリー(スペイン/欧州王者)。チャンピオンズリーグ、UEFAスーパーカップ、コパ・デル・...続きを読む
C・ロナウドは知能も超一流!世界的指導者集団のレアル分析
C・ロナウドは知能も超一流!世界的指導者集団のレアル分析
2014年12月20日
クラブワールドカップ準決勝で、優勝候補のレアル・マドリー(スペイン/欧州王者)とクルス・アスル(メキシコ/北中米カリブ海王者)が対決。4対0のスコアでレアル・マドリーが圧勝し、決勝...続きを読む
良質なパスとは?強くて速いパスを要求するメリットとデメリット
良質なパスとは?強くて速いパスを要求するメリットとデメリット
2014年12月17日
世界中に普及しているサッカーですが、各国それぞれが違ったサッカー哲学や趣向を持っています。有名どころでは、守備を重要視するイタリアであったり、テクニカルな攻撃サッカーを好むブラジル...続きを読む
ジュニア年代のGKにこれだけは伝えたい!7つの原則
ジュニア年代のGKにこれだけは伝えたい!7つの原則
2014年11月20日
※COACH UNITED転載記事(2014年9月17日掲載)※ ゴールを守る最後の砦。それがGKだ。ブラジルW杯ではノイアーを始め、多くのGKが活躍し、改めてこのポジションの重要...続きを読む
日本代表の超新星・武藤嘉紀のプレーを徹底分析
日本代表の超新星・武藤嘉紀のプレーを徹底分析
2014年11月13日
日本代表のアタッカー、FC東京のエースとして高い決定力を見せつけているのが、武藤嘉紀選手です。アギーレJAPAN初戦のウルグアイ戦でデビューすると、続くベネズエラ戦で初ゴールをマー...続きを読む
柴崎岳がアギーレジャパンでレギュラーを確保できた理由とは
柴崎岳がアギーレジャパンでレギュラーを確保できた理由とは
2014年11月 5日
日本代表のニューフェイスとして注目を集める、鹿島アントラーズの柴崎岳選手。代表デビューとなったベネズエラ戦では、早速、初ゴールをマーク。その後もスタメンでピッチに立ち、アギーレ監督...続きを読む
ジダンのようなボレーシュートを打つ3つのポイントと練習法
ジダンのようなボレーシュートを打つ3つのポイントと練習法
2014年10月31日
10月29日に行われたドイツ杯、ドルトムントに所属する香川真司はFCザンクトパウリ戦で1ゴール1アシスト。72分に見せた軸足のうらを通す浮き球のトラップは、現地ファンから「ジダンみ...続きを読む
ロベルト・カルロスが教える!弾丸シュートの蹴り方
ロベルト・カルロスが教える!弾丸シュートの蹴り方
2014年10月23日
ブラジルには世界のトップレベルで活躍するサッカー選手が次から次へと現れます。中でもロベルト・カルロスはレアル・マドリーにおいても長きに渡って活躍した選手でした。168cmという小柄...続きを読む
サッカー界最高のパサー、シャビが伝授する良質なパスを送る3つのコツ
2014年10月 9日
国際大会で何度も優勝を経験してきたFCバルセロナのシャビ。ピッチ上で彼が表現するパスサッカーは、国境を越えて数えきれないほど多くのファンを魅了してきました。バルセロナの伝統ともいえ...続きを読む
W杯優勝の秘訣!?ドイツ人がこだわる「ツバイカンプフ」とは
W杯優勝の秘訣!?ドイツ人がこだわる「ツバイカンプフ」とは
2014年9月 4日
※COACH UNITED転載記事(2014年7月10日掲載)※ 過去3度のW杯優勝、4度の準優勝の成績を残し、ゲリー・リネカーをして「最後に勝つのはいつもドイツだ」と言わしめるド...続きを読む
ハードなプレッシングを90分間持続させた、チリ代表の身体の動かし方
ハードなプレッシングを90分間持続させた、チリ代表の身体の動かし方
2014年7月 6日
ブラジルワールドカップで席巻したスタイルは、90分間持続するハードなプレッシング。その代表的なチームがチリでした。すでに敗退してしまいましたが、彼らは前線のフォワードからハードなプ...続きを読む
骨盤をリセットするだけで、ボールコントロールは上手くなる
骨盤をリセットするだけで、ボールコントロールは上手くなる
2014年7月 1日
熱戦が繰り広げられるブラジルワールドカップ。前回、ドイツ代表のミュラーの事例を挙げながら「ハードなプレッシングを繰り返しても、疲れない方法があった!」を紹介したフットボールスタイリ...続きを読む
ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"
ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"
2014年6月25日
ワールドカップ・ブラジル大会の開幕戦「ブラジル対クロアチア」。この試合を決定づけるオスカル選手の3点目は記憶に新しいことと思います。 あのシュートを見て、「どうしてクロアチアのキー...続きを読む
遠藤保仁から学ぶ、ゲームをコントロールするパスの蹴り方
遠藤保仁から学ぶ、ゲームをコントロールするパスの蹴り方
2014年6月23日
「止めて蹴ることに関しては、誰にも負けない」 派手なドリブルで観客を沸かせるわけではありませんが、サッカーにおける最も基本的なトラップとキックにおいて、遠藤保仁選手はワールドクラス...続きを読む
ハードなプレッシングを繰り返しても、疲れない方法があった!
ハードなプレッシングを繰り返しても、疲れない方法があった!
2014年6月18日
ブラジルW杯グループG、ドイツ対ポルトガルの前半37分、ポルトガル代表のCBぺぺが相手フォワードのミュラーに対して、苛立ちを抑えきれずに頭突きを食らわせて退場したシーンは今大会の一...続きを読む
岡崎慎司がゴールを量産できる3つの理由
岡崎慎司がゴールを量産できる3つの理由
2014年6月17日
2013-14シーズンのブンデスリーガで、マインツに所属する岡崎慎司選手は、欧州サッカーで活躍する日本人選手のシーズン最多得点を、それまでの香川真司選手の13得点から、15得点に塗...続きを読む
一流ディフェンダーは"背中で止まる"
一流ディフェンダーは"背中で止まる"
2014年5月21日
「今まで1対1の守備では、腰を落としたディフェンスをすることが常識とされてきましたが、その常識を見直すべきだと思います。背筋を伸ばすようなイメージでディフェンスをしたほうがより相手...続きを読む
サッカーの常識「ディフェンスで腰を落とす」姿勢は実は間違い、その理由とは
サッカーの常識「ディフェンスで腰を落とす」姿勢は実は間違い、その理由とは
2014年5月20日
グッと腰を落とした姿勢で構えて、相手の次のアクションにすばやく対処する――これが1対1のディフェンスの常識。しかし、この常識に異論を唱える人物がいます。「日本人がこれまで常識として...続きを読む
サッカーのディフェンスは相手との差を埋める作業
サッカーのディフェンスは相手との差を埋める作業
2014年5月 8日
現役時代はセンターバックとして、日本代表やジュビロ磐田で活躍した田中誠さん。前回は田中さん直伝のポジショニングについて教わりました。今回もその続きとして、リスクマネージメントなど、...続きを読む
サッカーのディフェンスはポジショニングが9割
サッカーのディフェンスはポジショニングが9割
2014年5月 7日
ジーコジャパン時代、日本代表として32試合に出場したディフェンダーの田中誠さん。1994年から2008年までプレーしたジュビロ磐田では、センターバックとして353試合に出場し、黄金...続きを読む

全 360 記事

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック