1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力

運動能力

フィジカル、コーディネーション、筋トレ系のコンテンツ。正しく学び、正しく運動能力向上を。

全 91 記事

1  2  3  4  5

ダノン杯で世界一を目指す!甲府U-12が取り組む「0.2秒の差を生む」ステップ・ワークとは?
ダノン杯で世界一を目指す!甲府U-12が取り組む「0.2秒の差を生む」ステッ...
2016年9月28日
10月14日にフランス・パリで開幕するダノンネーションズカップ2016世界大会。32カ国が出場するグループリーグの組み合わせが決定しました。 世界的強豪クラブも多数出場する今大会、...続きを読む
「腹筋と股関節を鍛えることが大切」香川真司のパーソナルトレーナー直伝!小学生から取り入れたいトレーニングとは
「腹筋と股関節を鍛えることが大切」香川真司のパーソナルトレーナー直伝!小学生...
2016年7月19日
ドイツ・ブンデスリーガで活躍を続ける日本代表の10番・香川真司選手。香川選手が活躍をつづける裏で、パーソナルトレーナーの谷田亮太さんの尽力があることは前編でお伝えしました。後編では...続きを読む
できないことをその場でできるようにしてしまう!日本代表エース・香川真司の凄さの秘密
できないことをその場でできるようにしてしまう!日本代表エース・香川真司の凄さ...
2016年7月18日
自分よりもフィジカル能力で勝る選手が大勢いるドイツ・ブンデスリーガという舞台で活躍を続ける日本代表の10番・香川真司選手。香川選手が活躍を続ける裏には、さまざまなスタッフたちの影で...続きを読む
"足腰が弱いせい"ばかりではない!雨のグラウンドでも滑らないターンのコツは"外足"にあった
"足腰が弱いせい"ばかりではない!雨のグラウンドでも滑らないターンのコツは"...
2016年7月 5日
前回の記事では谷さんに「すべらない急発進のコツ」を教えてもらいました。ポイントは「ひざをロックして、地面反力を得られる、適切な足幅で踏み込むこと」でした。今回はさらに深く掘り下げる...続きを読む
雨のグラウンドでも滑らない!サッカーの試合中、急発進するときのコツとトレーニング【動画付き】
雨のグラウンドでも滑らない!サッカーの試合中、急発進するときのコツとトレーニ...
2016年6月30日
6、7月は梅雨の時期。雨で濡れたグラウンドでサッカーをすることも少なくありません。グラウンドがぬかるんでいるときに、よくあるのが“足を滑らせる”場面。シュー...続きを読む
あなたの子どもはできる⁉ サッカー少年が苦手とする3つのドリブルとその練習法とは
あなたの子どもはできる⁉ サッカー少年が苦手とする3つのドリブルとその練習法...
2016年6月17日
ドリブルのボールタッチがうまくなるためには、どうすればいいのでしょうか? これはサッカーをする子どもたちにとって、永遠のテーマでもあります。そこで今回は、元日本代表FWであり、現在...続きを読む
あなたの子はどのタイプ? 足が遅い子3つのタイプと足が速くなる理想の走りかた
あなたの子はどのタイプ? 足が遅い子3つのタイプと足が速くなる理想の走りかた
2016年6月10日
近年、ラダートレーニングを行うチームが増えてきました。しかし、ヴァンフォーレ甲府フィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さん「効果的なラダートレーニングになっていないケースを...続きを読む
足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
2016年5月27日
いよいよ春の運動会シーズンがやってきました。「どうにかして速く走りたい!」と思うお子さん。そして「子どもの足が速くなってほしい!」と願うお父さん、お母さんは多いのではないでしょうか...続きを読む
空き缶を踏みつぶすイメージで地面を蹴ると、足は速くなる!!
空き缶を踏みつぶすイメージで地面を蹴ると、足は速くなる!!
2015年11月26日
サッカーは5メートル、10メートルの勝負で相手よりも先んじることができれば、それだけで有利になるスポーツです。 このときに重要になるのが、「初速の速さ」。 ゼロの状態から一気にスピ...続きを読む
筋トレは何歳から? 日本と海外の子どもの発育、環境に違いはあるの? 皆本晃×片山堅仁対談3
筋トレは何歳から? 日本と海外の子どもの発育、環境に違いはあるの? 皆本晃×...
2015年10月21日
フットサル選手として2年間をスペインで過ごしたフットサル日本代表・皆本晃選手(府中アスレティックFC)と、高校卒業後にアルゼンチンやブラジルにサッカー留学していた元フットサル日本代...続きを読む
子どもの足を速くしたい親必見!足が速くなるコツの上手な伝え方
子どもの足を速くしたい親必見!足が速くなるコツの上手な伝え方
2015年10月 1日
「大切なのは『行進の動き』だよ。行進の歩き方をだんだん速くして走りにつなげよう」「100%の力で走ると力んで逆に遅くなるので、70%~90%の力で走ってみよう」「足下はフライパンの...続きを読む
「一生懸命走りなさい」はNG!低学年から理解できる足が速くなる方法
「一生懸命走りなさい」はNG!低学年から理解できる足が速くなる方法
2015年9月28日
「子どもの足がなかなか速くならない」「息子に腕を振れって教えても一向に腕を振れるようにならない」 このような悩みがサカイク編集部に届きます。 子どもの足が速くなればとさまざまなアド...続きを読む
足が速くなる!アキレス腱の伸縮を使いこなすトレーニング
足が速くなる!アキレス腱の伸縮を使いこなすトレーニング
2015年8月11日
前回記事『高くジャンプするためのコツをつかむと自然と足が速くなる』にて、高くジャンプするために必要な手の使い方とアキレス腱の使い方が走り方にも有効だということを教えてくれた秋本真吾...続きを読む
高くジャンプするためのコツをつかむと自然と足が速くなる
高くジャンプするためのコツをつかむと自然と足が速くなる
2015年8月 3日
「みなさんは高くジャンプしたいとき、どうしていますか?」 普段、何気なくジャンプをするときに、自分自身がどのように身体を動かしているのか――。それを改めて意識してみることが大事なの...続きを読む
速く走るコツ!一歩目は小さく、足をつく位置は身体より後ろへ
速く走るコツ!一歩目は小さく、足をつく位置は身体より後ろへ
2015年4月13日
200メートルハードルアジア最高記録・日本記録保持者であり、現在はプロスプリントコーチやモデル、アスリートタレントとしてテレビなどでも活躍する秋本真吾さんは、走る技術を多方面で活か...続きを読む
最先端の技術で検証!サッカーで速く走るコツ
最先端の技術で検証!サッカーで速く走るコツ
2015年4月 8日
『タニラダー』でおなじみ、ヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さん。谷さんが所属するヴァンフォーレ甲府のアカデミーの選手たちが、株式会社スポレングス協...続きを読む
足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる
足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる
2015年4月 6日
ほんの少しポイントを押さえるだけで足がグングン速くなる――。 サカイクでは過去にもこのテーマで何度か記事を配信してきましたが、今回、新たなポイントを伝授してくれる人がいます。走りの...続きを読む
日本発の育成メソッド「タニラダー」をアジアの子ども達へ
日本発の育成メソッド「タニラダー」をアジアの子ども達へ
2014年12月13日
11月18日、J-GREEN堺(大阪)にて、遠征で来日中だったカンボジアU-14代表の選手達にタニラダー講習会を行いました。タニラダーはヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチ谷真一郎...続きを読む
「首を振れ」は正しい!?首を振らずとも目を動かせば情報は入る
「首を振れ」は正しい!?首を振らずとも目を動かせば情報は入る
2014年11月 7日
周りが見えない。動きが固い。それは必要以上に身体が緊張していることに原因があるのかもしれません。 身体の緊張を取り除くスペシャリストの高椋浩史さんと、水戸ホーリーホックの下部組織で...続きを読む
「集中しろ」の矛盾。サッカーは意識を分散させるスポーツである
「集中しろ」の矛盾。サッカーは意識を分散させるスポーツである
2014年10月29日
前回記事『周りを「見ろ」より「眺めろ」。身体の緊張をとる言葉選びとは』で、子どもへの声掛けにおける言葉選びの重要性を語ってくれた、高椋浩史さんと村松尚登さん。今回も身体の緊張を取り...続きを読む

全 91 記事

1  2  3  4  5

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ