1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック

テクニック

親から子どもへ伝える、保護者コーチが参考にする、テクニックに関する子どもの悩みを解決するコンテンツ

全 111 記事

1  2  3  4  5  6

ハードなプレッシングを90分間持続させた、チリ代表の身体の動かし方
ハードなプレッシングを90分間持続させた、チリ代表の身体の動かし方
2014年7月 6日
ブラジルワールドカップで席巻したスタイルは、90分間持続するハードなプレッシング。その代表的なチームがチリでした。すでに敗退してしまいましたが、彼らは前線のフォワードからハードなプ...続きを読む
骨盤をリセットするだけで、ボールコントロールは上手くなる
骨盤をリセットするだけで、ボールコントロールは上手くなる
2014年7月 1日
熱戦が繰り広げられるブラジルワールドカップ。前回、ドイツ代表のミュラーの事例を挙げながら「ハードなプレッシングを繰り返しても、疲れない方法があった!」を紹介したフットボールスタイリ...続きを読む
ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"
ブラジルのストリートサッカーにある"シュートを工夫する文化"
2014年6月25日
ワールドカップ・ブラジル大会の開幕戦「ブラジル対クロアチア」。この試合を決定づけるオスカル選手の3点目は記憶に新しいことと思います。 あのシュートを見て、「どうしてクロアチアのキー...続きを読む
遠藤保仁から学ぶ、ゲームをコントロールするパスの蹴り方
遠藤保仁から学ぶ、ゲームをコントロールするパスの蹴り方
2014年6月23日
「止めて蹴ることに関しては、誰にも負けない」 派手なドリブルで観客を沸かせるわけではありませんが、サッカーにおける最も基本的なトラップとキックにおいて、遠藤保仁選手はワールドクラス...続きを読む
ハードなプレッシングを繰り返しても、疲れない方法があった!
ハードなプレッシングを繰り返しても、疲れない方法があった!
2014年6月18日
ブラジルW杯グループG、ドイツ対ポルトガルの前半37分、ポルトガル代表のCBぺぺが相手フォワードのミュラーに対して、苛立ちを抑えきれずに頭突きを食らわせて退場したシーンは今大会の一...続きを読む
岡崎慎司がゴールを量産できる3つの理由
岡崎慎司がゴールを量産できる3つの理由
2014年6月17日
2013-14シーズンのブンデスリーガで、マインツに所属する岡崎慎司選手は、欧州サッカーで活躍する日本人選手のシーズン最多得点を、それまでの香川真司選手の13得点から、15得点に塗...続きを読む
香川真司の"速さ"を生み出す3つのエンジン
香川真司の"速さ"を生み出す3つのエンジン
2014年6月10日
4年前の南アフリカワールドカップでは23人のメンバー選考に漏れてしまい、練習のサポートメンバーの一人として日本代表を支えた香川真司選手。その後、ドルトムント、マンチェスター・ユナイ...続きを読む
一流ディフェンダーは"背中で止まる"
一流ディフェンダーは"背中で止まる"
2014年5月21日
「今まで1対1の守備では、腰を落としたディフェンスをすることが常識とされてきましたが、その常識を見直すべきだと思います。背筋を伸ばすようなイメージでディフェンスをしたほうがより相手...続きを読む
「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
「ディフェンスは腰を落とせ!」は間違いだった
2014年5月20日
相手ボールホルダーにアプローチをかけたときに、目前でグッと腰を落として構えて、相手の次のアクションにすばやく対処する――これが1対1のディフェンスの常識です。しかし、この考え方に異...続きを読む
サッカーのディフェンスは相手との差を埋める作業
サッカーのディフェンスは相手との差を埋める作業
2014年5月 8日
現役時代はセンターバックとして、日本代表やジュビロ磐田で活躍した田中誠さん。前回は田中さん直伝のポジショニングについて教わりました。今回もその続きとして、リスクマネージメントなど、...続きを読む
サッカーのディフェンスはポジショニングが9割
サッカーのディフェンスはポジショニングが9割
2014年5月 7日
ジーコジャパン時代、日本代表として32試合に出場したディフェンダーの田中誠さん。1994年から2008年までプレーしたジュビロ磐田では、センターバックとして353試合に出場し、黄金...続きを読む
日本代表エースの生命線! 柿谷曜一朗のファーストタッチまとめ
日本代表エースの生命線! 柿谷曜一朗のファーストタッチまとめ
2014年4月16日
柿谷曜一朗選手が「天才」と形容される所以。それは彼のファーストタッチにあると言われています。トップレベルになるほどプレッシャーが早くなり、ファーストタッチの重要性は増します。柿谷選...続きを読む
原口元気のドリブルに詰まっている、相手DFとの駆け引きに迫る
原口元気のドリブルに詰まっている、相手DFとの駆け引きに迫る
2014年1月16日
2013年Jリーグ、33試合出場11得点。浦和レッズの原口元気選手は、自身初となる2桁ゴールを達成し、さらにACLでも4試合2得点を記録しました。新シーズンの背番号はそれまでの「2...続きを読む
佐藤寿人のスーパーゴールに隠された、状況を見極める判断力
佐藤寿人のスーパーゴールに隠された、状況を見極める判断力
2014年1月13日
2013年Jリーグ第27節、鳥栖vs広島戦の前半23分。Jリーグ年間最優秀ゴールの候補にも挙げられた、佐藤寿人選手のスーパーゴールを覚えているでしょうか? 広島のカウンターから右...続きを読む
フリーキックまとめ。一人でも本田圭佑選手のような武器を磨ける 
フリーキックまとめ。一人でも本田圭佑選手のような武器を磨ける 
2013年11月29日
27日に行われたチャンピオンズリーグ、王者バイエルン・ミュンヘン戦に臨んだ本田圭佑選手は オレンジ色のニュースパイクでPKを決めました。バイエルンにはチャンピオンズリーグ10連勝と...続きを読む
フットサルのテクニックがサッカーに役立つ理由とは?
フットサルのテクニックがサッカーに役立つ理由とは?
2013年11月 8日
前回はフットサルがプレスピードや考えるスピードの強化に役立つ、小学生年代に最適なトレーニングである理由についてお話をしました。ロナウジーニョ、ロビーニョ、ネイマールのブラジル勢に代...続きを読む
DFとの駆け引きとポジショニング―豊田陽平選手のテクニック②
DFとの駆け引きとポジショニング―豊田陽平選手のテクニック②
2013年10月 2日
前回はサガン鳥栖の豊田陽平選手の『ポストプレー』を取り上げましたが、今回は中盤からより相手ゴールに近い位置へ迫ったとき、そこからどのようにシュートに結びつけていくのか。豊田選手の『...続きを読む
ポストプレーで攻撃を組み立てる―豊田陽平選手のテクニック①
ポストプレーで攻撃を組み立てる―豊田陽平選手のテクニック①
2013年10月 1日
Jリーグ27節終了時点で得点ランキング4位タイとなる16ゴールを挙げ、豊田陽平選手は今シーズンもサガン鳥栖のエースとして君臨しています。東アジアカップ、ウルグアイ戦にも日本代表とし...続きを読む
柿谷選手のドリブルからわかる、上半身の姿勢の重要性
柿谷選手のドリブルからわかる、上半身の姿勢の重要性
2013年9月 5日
シザーズをしたり、浮き球を使ってかわしたり、軸足の裏を通したり、ダブルタッチを使ったり・・・ドリブルにはさまざまなテクニックがあります。 しかし、こんなシーンも多く見かけるのではな...続きを読む
柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る
柿谷選手の注目すべきプレー『ファーストタッチ』に迫る
2013年9月 4日
9月の日本代表2連戦、グアテマラ戦とガーナ戦のメンバーに選出されたFW、柿谷曜一朗選手。東アジアカップとウルグアイ戦に引き続き、今回もスタメン出場が期待されています。 柿谷選手はテ...続きを読む

全 111 記事

1  2  3  4  5  6

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック

Facebook でチェック!
Twitter でフォロー!

週間記事ランキング

  1. 【全少】全48チームが確定!今年の注目チームは?|サカイク
    2014年7月23日
  2. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)|サカイク
    2011年6月23日
  3. 「子どもに答えてもらえない」は、しつもんのタイミングで改善する|サカイク
    2014年7月23日
  4. 日本人ストライカーに足りない「予測するプレー」の精度|サカイク
    2014年7月24日
  5. ねこ背でもいい!? 子どもにとって自然な姿勢とは|サカイク
    2014年7月25日
  6. 世界陸上のメダリスト、為末大さんに直撃!「速く走る」方法を教えてください!|サカイク
    2013年6月13日
  7. 少年サッカーの練習メニュー動画・記事一覧
    2012年3月24日
  8. 5つの球種にチャレンジ!【フリーキックの蹴り方】|サカイク
    2012年3月 9日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢|サカイク
    2012年4月27日
  10. 【小学4~6年生対象】サカイクキャンプ2014 Summer エントリー受付中!|サカイク
    2014年5月 8日

一覧へ