1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第13回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-様々なタイプのドリブルに注目してみる-

テクニック

【第13回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-様々なタイプのドリブルに注目してみる-

2011年4月16日

キーワード:イメトレドリブル桑さんの観戦術海外サッカー観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

ドリブルにもさまざまな種類、スタイルが存在する

11.4.16-1.png


「ここ数回続いているドリブルというテーマで今回もお話をしましょう。ドリブルはパスと同じようにリズムを作り出す効果もあるし、ゴールへ直結させることもできる。極端な話、自陣のゴール前でドリブルするのと相手ゴール前でドリブルするのではまったく意味が違ってきてしまいますよね。今回はそのドリブルの技術的な部分を解説します。

 海外の選手でドリブルが上手いというと必ずメッシ(バルセロナ/スペイン)の名前が挙がります。彼のドリブルは面白いですよね。常にボールをコントロールできるところに置いてステップを踏みながら相手をかわしてしまう。特に難しいことはやっていないはずなのですが、なぜかDFは抜かれてしまう。(DFからすると)どちらに進むかも分からないんですよね。ですがメッシのドリブルはスタンダードなタイプです。

 それとはまったく逆のラン・ウィズ・ア・ボール(*1)のドリブルもあります。C.ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)やカカ(レアル・マドリード/スペイン)がよくこういったプレーを見せます。C.ロナウドは"ボールをまたぐ"イメージの方が強いかもしれませんが、速攻を仕掛けた時には、ぜひ彼のドリブルのコースに注目してみてください。前のスペースへボールを蹴りながら、効率よくゴールへ進んでいくと思います。C.ロナウドのように状況によって、いくつかのドリブルを使い分けられる選手というのは見ていて面白いですよね。

 またプレミアリーグのトッテナムには右サイドのレノン、左サイドのベイルという選手がいますが、彼らは同じチームのサイドプレーヤーでありながらまったく違ったタイプのドリブルをします。さらにもう一列後ろにはモドリッチという選手がいます。彼もドリブルを得意とするゲームメーカーですが、レノンやベイルのような相手DFを突破するドリブルをする選手ではなく、パスコースを開くドリブルをする選手です。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第13回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-様々なタイプのドリブルに注目してみる-

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの体を大きくするためにはマスト?牛乳について気になること
    2017年4月25日
  2. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  3. チームに期待を持てず移籍を迷うんだが問題
    2017年4月26日
  4. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  5. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  6. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  7. 送迎も普段使いもレジャーにも!サッカーパパ&ママにとって「使い勝手がいい」3列シート
    2017年4月27日
  8. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  9. 「君ならできるのになんでやらないの?」風間八宏流・子どもを伸ばす"褒めながら怒る"方法
    2017年1月20日
  10. 東京国際ユース(U-14)サッカー大会の選手名簿が公開!
    2017年4月27日

一覧へ