1. トップ
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. ここぞという時に得点につながる!敵の意表を突く「ラボーナ」の蹴り方とそのコツ

浅井教授(筑波大学)のキック講座

2012年5月15日

ここぞという時に得点につながる!敵の意表を突く「ラボーナ」の蹴り方とそのコツ

キーワード:シュートトレーニングパスフリーキック練習

軸足の外側に置いたボールを、軸足の後ろから回した蹴り足で蹴るラボーナは、変則的なキックの中でもとくに難易度が高いテクニック。クリスティアーノ・ロナウドや、リカルド・クアレスマ、ガンソらがたびたび使用しています。
 
ただし、こういった変則的なプレーはあくまで「ここぞ!」という時に出すテクニック。正確性が低いためミスをしてピンチを招く可能性も高くなります。したがって使用する時の判断力も重要なポイントとなります。まずは、遊びの中でマスターしてみましょう!
 
スポーツ研究の第一人者で筑波大サッカー部の監督でもある浅井武教授(筑波大学)
にラボーナを使用するコツ、適したシチュエーションをお伺いしました。
 
◎ボール&足のインパクトポイントについて
 
「足の甲の中心でボールの真ん中を叩く」
当てるのはスパイクの靴紐を通している甲の中心部分で、ボールの真芯を上から「叩く」イメージで蹴る。インパクトでは蹴り足をナナメに伸ばし、なるべく足の甲の広い部分に当たるように、軸足との間隔を広くとる。最後は足首を返してスナップを利かせるように蹴ると強く叩ける。
 
ball_44(300).jpgspike_44(300).jpg
 
 
◎キックの動作解説
 
(1)アプローチ
助走はボールに対してナナメ方向から入る。蹴る前にボールの位置をよく確認して、キック体勢に移る。
44_B_01.jpg
 
(2)バックスイング
ボールの左手前に軸足を置く。体をナナメに倒して、蹴り足になる左足を軸足の後ろから回して……。
44_B_02.jpg
 
(3)インパクト
軸足の裏側から回した蹴り足のヒザ下をコンパクトに振り、足首のスナップを利かせながらインパクトする。
44_B_03.jpg
 
(4)フォロースルー
インパクトの後に蹴ったツマ先が狙ったコースへ向いていると、狙った方向へ蹴ることができる。
44_B_04-2.jpg
 

1  2
文/北健一郎

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

浅井教授(筑波大学)のキック講座コンテンツ一覧へ(5件)

コメント

  1. トップ
  2. 連載
  3. 浅井教授(筑波大学)のキック講座
  4. ここぞという時に得点につながる!敵の意表を突く「ラボーナ」の蹴り方とそのコツ