1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 乾貴士がテクニックに磨きをかけた、セゾンFCの練習メニュー

テクニック

乾貴士がテクニックに磨きをかけた、セゾンFCの練習メニュー

2013年7月24日

キーワード:ドリブル練習メニュー

IMG_1404_600.jpg
 
前回はセゾンFCのドリブルについての考え方、捉え方を紹介しましたが、2回目の今回は実践編。セゾンFCが実際に行う練習メニューを紹介します。
 
 
<<乾貴士のドリブルの原点はココにある! セゾンFCの哲学とは?
 
 

■たくさんのボールタッチを徹底して繰り返し、覚えるのではなく身体に染み付かせる

▼ウォーミングアップ
セゾンFCのウォーミングアップには走りはありません。ドリブルの練習がウォーミングアップです。反対ラインまでのドリブルでの往復を繰り返します。自由に往復するのではなく、足の裏や甲を多用し、ボールを撫でるようなドリブルを数種類用意し、徹底して繰り返すのが特徴です。中学の3年間、毎日、繰り返し練習することで、覚えるのではなく、“身体に染み付かせる”ことを目指します。
 
2-1_600.jpg
 
【ポイント】
ゆっくりではなく、スピーディーにやることが重要です。
細かいタッチ繰り返すことで、スピードを上げていきます。
そのためには、2タッチ目を速く触らないといけません。
そして、足裏や甲を多用するメリットは“ボールが身体から離れない”こと。
なるべく身体からボールが離れないように意識付けましょう。
 
 
▼ジグドリ①
ウォーミングアップで身体が暖まったら、今度は相手を置いたドリブル練習です。ジグザグドリブル、略してジグドリ。ドリブルをしながらゆっくりと反対ラインまで進みます。反対ラインに到着したら、今度はドリブルでボールを持って歩いてくる相手をすり抜けていきます。元にいたラインに戻ってきたら、今度はまたボールを足で持ち、歩いて相手役に。これを繰り返します。
 
2-2_600.jpg
 
【ポイント】
ウォーミングアップと同じくドリブルスピードを速くするのはもちろん、
相手との距離が狭いので、相手にボールをさらさずにうまく隠す、遠ざけることが必要です。
細かいタッチでスピーディーに相手の背後にすり抜けていくことが大事です。
 
 
▼ジグドリ②
今度はミニコーンを使ってのジグドリ。行きは1m感覚に置いたミニコーンの間を、ドリブルで走り抜けます。帰りはリフティングをしながら、元のラインまで戻ります。戻る際は対象物のマーカーの前まで来たら、足の上にボールを乗せて、一時停止。リフティングから一時停止という流れを繰り返し、元の位置まで戻ります。
   
2-3_300.jpg2-4_300.jpg
 
【ポイント1】
ドリブルの際はミニコーンが相手だと言うことを強く意識する。
ミニコーンからボールを隠すように、身体を左右、後ろに向けて、ミニコーンと角度をつけながらドリブルで進みます。
 
【ポイント2】
リフティングの際にも心がけるのは細かいタッチ。蹴るのではなくボールを突く。
細かいタッチをするためには足を素早く出さないとなりません。
足を細かく素早く出す練習を繰り返すことで膝下や足首の柔らかさを養います。
柔らかさを身につけることでボールを持った際に自然と姿勢が低くなり、ゲームをやっていても取られにくくなるそうです。
 
 
▼4対4でのボール回し
4m四方の狭いグリッド、8m四方の広いグリッドの2つを用意しての4対4のボール回し。2タッチなど制限をつけて相手にとられないようにボールを回します。一定時間を決めて、グリッドを移動し、交互に繰り返します。
 
2-5_600.jpg
 
【ポイント1】
この練習で重要なのは受ける意識です。
受け手はボールを持った選手に対し、角度をつける事、距離をとる事を意識します。
角度をつけ、距離をとる事でボールを持った選手のパスの種類も増え、
スムーズなボール回しに繋がっていきます。
 
【ポイント2】
出し手で重要なのは動きながらではなく、止まってから、スピードを落としてからパスを出すことを心がけましょう。
理由は動きながらパスを出すと、身体がブレてボールがずれるためです。
その分、持っていない選手は速くパスが貰える位置に動くことが大事です。
 
「セゾンの練習を真似しようと、たくさんの指導者や保護者の方が見に来られるけど、なかなか同じようにはならないし、まったく真似する必要もありません。アレンジして自分なりの練習でいいかなと私は思います」
 
代表兼コーチの土川晶夫さんが話すように、今回紹介したメニューはあくまでサンプルです。“セゾンFCが相手の背後へすり抜けるドリブルを武器にするなら、自分はこんなドリブルを武器にするために練習をしよう”と自分たちの武器を考え、徹底することが大事だと思います。そして今回紹介したメニューをジュニア年代から始めた選手と、中学から始めた選手とではセゾンFCでも練習にも差が出るそうです。
 
夏休み中のお子さんのドリブルやパス練習の参考にしてみてはどうでしょうか?
 
セゾンFCとは?
1984年に滋賀県内初のクラブチームとして設立。高い技術を持つ選手を多く生み出し、倉貫一毅選手(京都)をはじめ、乾貴士選手(フランクフルト)、楠神順平選手(C大阪)など数多くのプロ選手を輩出している。これまで日本クラブユース選手権2回、高円宮杯全日本ユース(U-15)選手権3回出場。
 
1
取材・文・写真/森田将義

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 乾貴士がテクニックに磨きをかけた、セゾンFCの練習メニュー

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ