1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第13回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-様々なタイプのドリブルに注目してみる-

テクニック

【第13回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-様々なタイプのドリブルに注目してみる-

2011年4月16日

キーワード:イメトレドリブル桑さんの観戦術海外サッカー観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

ドリブルにもさまざまな種類、スタイルが存在する

11.4.16-1.png


「ここ数回続いているドリブルというテーマで今回もお話をしましょう。ドリブルはパスと同じようにリズムを作り出す効果もあるし、ゴールへ直結させることもできる。極端な話、自陣のゴール前でドリブルするのと相手ゴール前でドリブルするのではまったく意味が違ってきてしまいますよね。今回はそのドリブルの技術的な部分を解説します。

 海外の選手でドリブルが上手いというと必ずメッシ(バルセロナ/スペイン)の名前が挙がります。彼のドリブルは面白いですよね。常にボールをコントロールできるところに置いてステップを踏みながら相手をかわしてしまう。特に難しいことはやっていないはずなのですが、なぜかDFは抜かれてしまう。(DFからすると)どちらに進むかも分からないんですよね。ですがメッシのドリブルはスタンダードなタイプです。

 それとはまったく逆のラン・ウィズ・ア・ボール(*1)のドリブルもあります。C.ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)やカカ(レアル・マドリード/スペイン)がよくこういったプレーを見せます。C.ロナウドは"ボールをまたぐ"イメージの方が強いかもしれませんが、速攻を仕掛けた時には、ぜひ彼のドリブルのコースに注目してみてください。前のスペースへボールを蹴りながら、効率よくゴールへ進んでいくと思います。C.ロナウドのように状況によって、いくつかのドリブルを使い分けられる選手というのは見ていて面白いですよね。

 またプレミアリーグのトッテナムには右サイドのレノン、左サイドのベイルという選手がいますが、彼らは同じチームのサイドプレーヤーでありながらまったく違ったタイプのドリブルをします。さらにもう一列後ろにはモドリッチという選手がいます。彼もドリブルを得意とするゲームメーカーですが、レノンやベイルのような相手DFを突破するドリブルをする選手ではなく、パスコースを開くドリブルをする選手です。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第13回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-様々なタイプのドリブルに注目してみる-

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ