1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第2回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ファーストタッチでどこにボールを置くか」をチェック

テクニック

【第2回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ファーストタッチでどこにボールを置くか」をチェック

2011年1月11日

キーワード:Jリーグイメトレトラップ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■ポジション別に見るファーストタッチ

000240.jpg 「前回、ダイレクトプレーや2タッチのお話をしましたが、実はもっと細かく見ていくと、より皆さんのプレーに役立つポイントがあるのです。それは、ポジション別に見るファーストタッチです。

 FWの場合、相手DFを背負っている場合が多いので、ボールを受けた時、素早くさばくよりも、まずはボールを奪われないようにするのが優先されます。その場合、ファーストタッチをした後、身体を使ってボールを守ります。要するに身体を使って、相手DFをブロックできる場所にボールを落としているのです。ジュビロ磐田の前田遼一選手は、そういったプレーが非常に得意なのでポストプレーを習得したい選手には絶対に参考になります。さらに相手を背にしてボールをキープした後、『どうやって前を向くのか?』など、その後のプレーにも注目してみてください。注意深く見ているとファーストタッチ後、DFと様々な駆け引きをしているというのがわかると思います。

 また、中盤の選手の場合は、『ワンタッチで前を向いてドリブルを仕掛けるのか?』『攻撃の起点となるようにきちんとキープをしてタメを作るのか?』『ダイレクトで展開するのか?』と、プレーの選択肢も幅広くなります。そうなると、やはりファーストタッチの選択も違ってきます。アウトサイド、インサイド、足裏などトラップの種類も色々です。さらに体勢も『半身でボールを受けるのか?』『相手DFに背を向けてボールを受けるのか?』など、状況によって様々な選択肢があります。

 わかりやすい例だと、サイドバックの選手はタッチラインを駆け上がる時、スピードに乗るために少し大きめにトラップをする選手が多いですよね。それは完全にイメージとファーストタッチが繋がったプレーです。そのようにイメージ通りのプレーをするために選手が、どのようなファーストタッチをどのような体勢で行うのか、特に見てほしいですね。 そして、皆さんも『あの選手は、ああいったイメージがあるから、ああいったファーストタッチを選択したんだな』と考えながら試合を観戦すると、良いイメージトレーニングになると思います」

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第2回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ファーストタッチでどこにボールを置くか」をチェック

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ