1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 「スペースの認知」を学ぶトレーニング【グローバル・メソッドの指導実践②】

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法

「スペースの認知」を学ぶトレーニング【グローバル・メソッドの指導実践②】

2012年8月22日

キーワード:サポートスペイントレーニングバルセロナパス判断力知のサッカー練習育成

ss0.jpg
 
theme21.JPG
 
「ヨーロッパチャンピオンズリーグで活躍する選手」の育成をテーマに、FCバルセロナの練習内容、分析、改善、コーチの育成なども手がけ、シャビやプジョルなど多くの選手からの信頼もあついサッカーサービス社。彼らが実践する「グローバル・メソッド」のトレーニングメニューを4つのテーマに沿って紹介しています。
 
グローバル・メソッドとは>>
 
前回の『パスのレベルアップ』に続き、2回目となる今回は『スペースの認知』を学ぶトレーニングについてお届けします。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 

■テーマ2 『スペースの認知』

練習メニュー 3vs3+3フリーマン
 
theme2.jpg
 
【進め方】
  1. 1つのグリッドにマーカーを置き、4つにわけます。
  2. 4つのゾーンのうち、3つのゾーンに選手が2人ずつ入ります。
  3. フリーマンは外側に2人、中央に1人。外側のフリーマンはライン上を動くことができます。中央のフリーマンはなるべく真ん中から動かないようにポジションをとります。
  4. ボールを持った選手はパスをしたあと、誰もいないゾーンに走ります。2人の選手(味方同士)が同じゾーンにいることのないよう、意識して動きます。
 
 
【トレーニングのポイント】
●空いているスペースを認知する
これは「空いているスペースがどこにあるか」を認知するための基本的なトレーニングです。パスを出した後に、人がいないゾーンに動かなくてはいけないので、空いているスペースをみつけるため、周囲を見るようになります。ボールを持っていない選手は、パスを受ける前にどこにスペースがあるかを見ないといけません。それをすることで、ボールを受けてパスをしたあと、すぐにスペースへと動き出すことができます。トレーニングのルールに慣れてくると、パスを出した選手が、空いたスペースに次々に走りこむ連動性が生まれます。
 
●周りを見ることを習慣化
選手がいつ首を振って周囲を見ているのか、注目するといいでしょう。多くの選手はボールばかりを見ていますが、このトレーニングをすることで、周りを見ることが習慣化されるようになります。
 
 
【コーチングの例】
「相手からプレスがかかっていない場合は、落ち着いて周りを見て」
「ボールから遠いところにいるフリーマンも、パスコースを作るように動こう」
「空いているスペースを見るのはいつ?」
「ボールを持っているときに、空いているスペースをみつけるのは簡単?」
「パスをした後になにをしなければいけない?」
 
theme22.JPG
 
【サッカーサービスからのアドバイス】
●質問を通じて選手に考えさせる
トレーニングをする際、選手自身に考えさせることを心がけましょう。我々は決して、選手がロボットのように、オートマチックに動くことを期待しているわけではありません。選手が考え、自ら答えを見つけることを期待しています。時間がかかったとしても、選手自らが答えにたどり着くことを求めています。
 
トレーニング中、逆サイドのフリーマンに、「なぜそのポジションがいいの?」と質問をしました。その選手は「他の選手と重なっていないから、パスコースができる」と言いました。すばらしい答えです。そこで、次の質問をしました。「別の相手がそのコースに入ったらどうする?」選手は考えて、3歩、横に動きました。すると、相手と重ならずにパスコースができました。選手は自ら考え、決断したのです。考えるための質問をする。それが大切なことです。指導者が「3m横に動け」と指示をするのは簡単ですが、我々の仕事は答えを与えることではありません。選手自身が考えるように仕向けることです。
 
また、同じゾーンに2人の選手が入ってしまったとき。私は「どっちの選手が、別のゾーンに動かないといけない?」と質問をしました。1人の選手が「後ろにいる選手」と答えました。「なぜ?」「手前の選手は見えないけど、後ろの選手は前の選手の動きが見えるから」「そのとおり、すばらしい。後ろの選手が前の選手の動きを見ながら、動かないといけないね」とアドバイスをしました。
 
次に、パスをして、スペースに動こうとした選手が、仲間の1人が前のゾーンにいることがわかったので、判断を変えて、右斜め前のゾーンに入りました。これは、とても良いプレーです。ボールだけを見ていたら、そのまま動いていたことでしょう。しかし、彼は周囲の選手の位置取りを見ていたので、違うポジションに入ることにしたのです。考えながらプレーしていたことが、プレーから見てとることができました。これは、とても良いプレーでした。
 
次回は、「サポートの意識を高める」トレーニングについて紹介します。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>


【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png

 

joan.JPG

ジョアン・ビラ・ボスチ//
Joan Vila Bosch
FCバルセロナでクライフと共にプレーし、引退後はバルサの下部組織で14年間監督を務めた。現在はバルサのメソッド部門ディレクターとして、下部組織におけるトレーニングの進化・改善、コーチの指導を担う。監督時代はシャビ、プジョルなど現在のバルサの中心選手を育てた。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
1
取材・文/鈴木智之 写真/小川博久 取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 「スペースの認知」を学ぶトレーニング【グローバル・メソッドの指導実践②】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 「厳しいサッカーよりも楽しいサッカーをしてもらいたい」徳永悠平のサッカー少年の育て方
    2017年1月10日
  2. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日
  3. 本来の力が発揮できなくなるかも?"ポジティブシンキングの罠"に注意
    2017年1月12日
  4. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  5. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  6. 「自分の内側からやりたいと思えることを続けてほしい」FC東京・徳永悠平の父親論
    2017年1月11日
  7. プレイヤーズファーストって知ってる?ただ褒めるだけではなく、然るべきタイミングに褒める親になろう
    2017年1月 6日
  8. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  9. 「緊張しても失敗しない!」子どもの自信を育てるメンタル・トレーニング
    2017年1月 5日
  10. フットサルでいじめ・虐待防止を訴える 川崎市が「オレンジリボン・ファミリーカップ」開催
    2017年1月13日

一覧へ