1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方―『知のサッカー』特別対談Part1

考える力

バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方―『知のサッカー』特別対談Part1

2011年7月 8日

キーワード:ゲームスペインバルセロナ海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

バルセロナ(スペイン)のカンテラ(下部組織)を長年指導し、シャビを始め、多くのプロ選手を育てたジョアン・ビラ氏。彼のDVD『知のサッカー』をJSC CHIBAの川島和彦監督に見てもらいました。日本のジュニア年代の指導者として、トップレベルの実績と経験を持つ川島監督は、ジョアン・ビラ氏の指導に何を感じたのでしょうか? ジョアン・ビラ氏に密着取材し、育成年代の指導現場に精通する、スポーツライター・鈴木智之氏との対談を、2回に分けてお届けします。

11-07-08-sam-001.jpg

■ジョアン・ビラの話す『教育』。サッカーがうまくなるための"考え方"を教えている。

鈴木「ジョアン・ビラ氏(以下、ジョアン)はDVDの中で、「育成年代において、もっとも大切なことは、サッカーの『教育』を施すこと」といっています。私は日本の指導現場で「教育する」という言葉を聞く機会がなかったので、新鮮に映ったのですが、U12を指導している川島さんは、そのあたりをどう感じましたか?」

川島「実はDVDを見ていて、ジョアンの口から「教育」という言葉が出てきたので、その単語だけ、ノートにメモをしていたんです。おそらく、日本でいうところの教育と、ジョアンがいう教育はニュアンスが若干、違うのではないかなと思います。ジョアンのクリニック(注:日本のU12を対象に行われた、5日間のトレーニング)を見ていても、練習を止めて、細かく指示を出す場面が多かったと思うんです」

鈴木「そうですね」

川島「そこで彼が何をいっていたかというと、2種類に分けられるんですね。ミスに対して、『そのプレーは今のうちに、やめなければいけないよ』と指摘することと、失敗をしても『大丈夫だよ』という、2種類の声かけを使い分けていました。彼らの中で、『ミスをすること=悪いこと』ではなくて、たとえばキックミスをしても、何もいわずに続けさせる場面も多くありました。

1  2  3  4

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(253件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方―『知のサッカー』特別対談Part1

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 保護者が知っておくとためになる映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日

一覧へ