1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. カンテラ時代のコーチが語る「セスク・ファブレガス(バルセロナ)」の才能

インタビュー

カンテラ時代のコーチが語る「セスク・ファブレガス(バルセロナ)」の才能

2011年12月13日

キーワード:クラブワールドカップスペインバルセロナパス知のサッカー

1112132.JPG
 
シャビ、イニエスタ、ブスケッツらカンテラ(下部組織)出身者で構成するFCバルセロナの中盤に、今季、新たな選手が加わりました。それがセスク・ファブレガスです。彼の背番号は4。グアルディオラ監督が現役時代につけていた番号と同じです。
 

■体力テストも技術テストもセスクは、チームの中で並以下の選手だった

セスクはアーセナルから今季加入しましたが、かつてはバルセロナでプレーしていた選手でした。メッシやピケと同じ時期に、バルセロナのカンテラに所属していたのです。セスクを10~11歳のときに指導したのが、カルレス・ロマゴサコーチです。現在はジョアン・ビラとともにサッカーサービス社を設立し、選手育成や指導者養成に力を注いでいる人物です。
 
カルレスコーチによると、セスクのテクニックとフィジカルのレベルはチームでも並か、それ以下だったそうです。カルレスコーチは昔を思い出して、こう言います。
 
「彼が12歳のときに、体力テストと技術テストを実施したのですが、スピード面ではかなり数字が悪く、技術のサーキット練習でも目立った結果を残せませんでした。それどころか彼よりも年下の選手で、いい成績を残す選手が何人もいたのです」
 
当時のセスクは飛び抜けたテクニックも、フィジカルも持ちあわせてはいませんでした。しかし、彼には特別な才能がありました。カルレスコーチは言います。
 
「セスクは試合の流れを読みとる能力が優れていました。どのようにプレーが進むのかを察知し、常に適切なポジションをみつけ、その場所にいるのです。他の選手よりも視野が広く、適切なプレーを選択することができるので、ボールを奪われることなくパスをつなぎ、決定的な場面を作り出すことができます」
 

■セスクの復帰で、バルサはピッチをより深く使えるようになった

セスクは2003年にU-17スペイン代表に選ばれると、U-17欧州選手権ではチームを準優勝に導く活躍を見せ、MVPと得点王を獲得します。大会後、若手を育てる名人として知られる、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督に見初められ、16歳でイングランドに渡りました。
 
イングランド・プレミアリーグでも持ち前の戦術眼を発揮し、20歳にしてアーセナルの中心選手に登りつめると、欧州でも有数のMFへと成長しました。
 
しかし、セスクの心にはいつもバルサがありました。イングランドに渡ってから8年の月日が流れた、2011年8月。長年の思いが実り、ついにバルサへと「復帰」することができたのです。
 
1112131.jpg
↑カルレスは、ボージャン(ASローマ)やメリダ(スポルティング・ブラガ)なども指導
 
カルレスコーチは、バルサ復帰後のセスクのプレーをこう評価しています。「セスクが出場することで、攻撃においてピッチを深く使うことができるようになりました。そして、ピッチ内外でバルサのスタイルへ即座に適応し、プレースタイルの継続性をもたらしています」
 
慣れ親しんだ「ブラウ・グラナ(青とエンジ)」のユニフォームを着たセスクは、水を得た魚のようにプレーしています。果たして、クラブワールドカップではどんなプレーを見せてくれるのでしょうか。バルサが出場するのは、15日のアル・サッド戦です。試合を見るときは、ぜひ背番号4に注目してみてください。
 
 
77AL0631.JPG
カルレス・ロマゴサ・ヴィダル//
Carles Romagosa Vidal
FCバルセロナ下部組織の監督として5年間活躍し、ボージャン、ピケ、セスク・ファブレガスらを指導。また、スクールディレクターを務めた経験を持つ。現カタルーニャ・サッカー協会 副テクニカル・ディレクター兼プロジェクト・コーディネーター。現FCバルセロナメソッド部門のディレクターとして試合分析やコーチ育成などを手掛けるジョアン・ビラとともに、世界各地で選手育成にあたっている。
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】

 


【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png
1
取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan 文/鈴木智之 写真/小川博久

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. カンテラ時代のコーチが語る「セスク・ファブレガス(バルセロナ)」の才能

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ