1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 超攻撃的チーム「バルセロナ」の象徴がDFのプジョルである理由

インタビュー

超攻撃的チーム「バルセロナ」の象徴がDFのプジョルである理由

2011年12月15日

キーワード:クラブワールドカップスペインバルセロナ守備知のサッカー

IMG_7479.JPG
 
欧州王者バルセロナのキャプテンとして、チームを牽引するカルレス・プジョル。勝利への執着心は誰よりも強く、「闘将」と表現するにふさわしい選手です。彼はクラブワールドカップや欧州チャンピオンズリーグを始め、あらゆるタイトルを総なめにしています。スペイン代表としても、2008年の欧州選手権、2010年の南アフリカW杯と立て続けに優勝を果たしました。
 

■「バルサの象徴」であるプジョルのメンタリティ

栄光の歴史を歩んできたプジョルですが、向上心はとどまるところを知りません。そして、それこそがトップレベルの選手で在り続ける、彼の最大の強みでもあります。
 
プジョルのパーソナルコーチとして、プレーの改善や戦術的なアドバイスを行なっているのが、サッカーサービス社のダヴィッド・エルナンデスコーチです。ダヴィッドはプジョルのメンタリティについて、こう言います。
 
「私は子どもからプロフェッショナルまで、多くの選手のサポートを行ってきましたが、これほどまでの“精神的な強さ”を持った選手は、数えるほどしか存在しません。プロとして果たすべく責任を100%理解して、全力で取り組み、『どうすればもっと良い選手になれるか?』を常に考え、改善方法を探しています。彼こそが、真のプロフェッショナルです」
 
プジョルはバルサのキャプテンであり、象徴です。ダヴィッドはプジョルの人間性をこう称しています。
 
「バルサにとってプジョルはなくてはならない存在です。チームが困難な状況に陥ったとき、彼のようなパーソナリティを持つ選手が重要になります。バルサのチームメイトは、プジョルが自分のことよりも、まずはチームについて考えることを知っています。彼の人間性を表すエピソードはたくさんあります。たとえば、2010-2011のチャンピオンズリーグで優勝したとき。本来ならばキャプテンであるプジョルが優勝カップを受け取るはずなのですが、その役割を、重病から復帰したエリック・アビダルに譲ったのです」
 
チームを思う気持ちと強烈なキャプテンシー。それに加えて、高い技術とフィジカル、戦術眼を持っているからこそ、プジョルは世界最高峰のクラブで長くピッチに君臨し続けているのです。ダヴィッドはプジョルのプレーについて、こう分析しています。
 
77AL0247.JPG
 

■バルサのDFに求められるのは高いインテリジェンス

「彼の一番の強みは、プレー中の集中力と決断力にあります。多くの人々は、彼の野性的で闘志溢れるプレーに注目しますが、彼を優れたディフェンダーたらしめる要素は、プレーにおける分析力と集中力なのです」
 
ディフェンダーは一瞬のスキが命取りになります。プジョルが日々対峙する、世界トップクラスのアタッカーは、少しの緩みも見逃しません。高い集中力を持続させてボールを奪い、素早く攻撃へとつなげる。それがバルサのセンターバックに求められるスキルでもあります。
 
プジョルはかつてFWとしてプレーしており、技術レベルは高いものがあります。そのことが、ボールとの関係を重要視するバルサにおいて、アドバンテージとなっています。ダヴィッドは言います。
 
「バルサのディフェンダーとしてプレーするためには、ただ相手の攻撃を食い止めるだけではなく、攻撃の起点としてプレーする技術、インテリジェンスが求められます。それはグアルディオラ監督が常に強調していることです。その点でも、プジョルは効果的なパスを選択することができ、簡単にはボールを失うことのない技術を持っています。攻撃の起点として、計算できる選手なのです」
 
守備だけでなく、攻撃の第一歩としても活躍するプジョル。クラブワールドカップでも、彼のプレーから目が離せません。
 
 
 
77AL0610.JPG
ダヴィッド・エルナンデス・リヘロ//
 David Hernández Ligero
現在、サッカーサービス社においてテクニカル・ディレクターとしてクラブコンサルティングを担当。また、プジョルのパーソナルトレーナーを務める。カタルーニャサッカー協会副テクニカル・ディレクターやVic大学「フットボール方法論」教授などを兼任する。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
日本の育成に向けた提言@thinksoccer『知のサッカー bot』
カンテラ時代のコーチが語る「セスク・ファブレガス(バルセロナ)」の才能
『イニエスタのすごいところはバランスと人間性』元チームメイトが語るイニエスタの少年時代
シャビを育てた元バルセロナカンテラコーチの教えに迫る!
FCバルセロナと契約の久保建英君。スペインも認めた『状況判断力』と『決定力』
バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方
 

【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png
1
取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan 文/鈴木智之 写真/小川博久

関連記事

関連記事一覧へ

インタビューコンテンツ一覧へ(139件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. インタビュー
  4. 超攻撃的チーム「バルセロナ」の象徴がDFのプジョルである理由

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  3. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  4. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  5. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  6. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  9. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  10. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日

一覧へ