1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方―『知のサッカー』特別対談Part1

考える力

バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方―『知のサッカー』特別対談Part1

2011年7月 8日

キーワード:ゲームスペインバルセロナ海外サッカー知のサッカー

soccer-services.png

バルセロナ(スペイン)のカンテラ(下部組織)を長年指導し、シャビを始め、多くのプロ選手を育てたジョアン・ビラ氏。彼のDVD『知のサッカー』をJSC CHIBAの川島和彦監督に見てもらいました。日本のジュニア年代の指導者として、トップレベルの実績と経験を持つ川島監督は、ジョアン・ビラ氏の指導に何を感じたのでしょうか? ジョアン・ビラ氏に密着取材し、育成年代の指導現場に精通する、スポーツライター・鈴木智之氏との対談を、2回に分けてお届けします。

11-07-08-sam-001.jpg

■ジョアン・ビラの話す『教育』。サッカーがうまくなるための"考え方"を教えている。

鈴木「ジョアン・ビラ氏(以下、ジョアン)はDVDの中で、「育成年代において、もっとも大切なことは、サッカーの『教育』を施すこと」といっています。私は日本の指導現場で「教育する」という言葉を聞く機会がなかったので、新鮮に映ったのですが、U12を指導している川島さんは、そのあたりをどう感じましたか?」

川島「実はDVDを見ていて、ジョアンの口から「教育」という言葉が出てきたので、その単語だけ、ノートにメモをしていたんです。おそらく、日本でいうところの教育と、ジョアンがいう教育はニュアンスが若干、違うのではないかなと思います。ジョアンのクリニック(注:日本のU12を対象に行われた、5日間のトレーニング)を見ていても、練習を止めて、細かく指示を出す場面が多かったと思うんです」

鈴木「そうですね」

川島「そこで彼が何をいっていたかというと、2種類に分けられるんですね。ミスに対して、『そのプレーは今のうちに、やめなければいけないよ』と指摘することと、失敗をしても『大丈夫だよ』という、2種類の声かけを使い分けていました。彼らの中で、『ミスをすること=悪いこと』ではなくて、たとえばキックミスをしても、何もいわずに続けさせる場面も多くありました。

1  2  3  4

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(263件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. バルセロナ流、サッカーがうまくなる考え方―『知のサッカー』特別対談Part1

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  4. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日
  9. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  10. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日

一覧へ