1. サカイク
  2. 連載
  3. ボランティアコーチお助け隊
  4. 練習と同じくらい休息も大切だと気づかせてくれるコンディショニング記事7選

ボランティアコーチお助け隊

練習と同じくらい休息も大切だと気づかせてくれるコンディショニング記事7選

2016年5月 5日

キーワード:コンディショニングボランティアコーチお助け隊休息休養

こんばんわ。ボランティアコーチお助け隊です。
 
さて、あなたのチームの子どもたちは、しっかり身体を休めていますか?
 
サッカープレーヤーとして成長するためには、トレーニングも大切ですが、休むことも同じくらい大切です。
 
「せっかくの試合なのに、なぜ、もっとがんばって走れないんだ」
「お前ら勝ちたくないのか。もっと気持ち入れてボールを追っかけろ」
 
子どもたちを見ていて、このように思ったことはありませんか? そのとき、子どもたちは試合でしっかりとパフォーマンスを発揮できるコンディションでしたか? 一度、振り返ってみてください。
 
わたしたち大人に置き換えてみましょう。あなたは、徹夜で飲み明かした次の日に仕事で最高のパフォーマンスを発揮できますか? わたしはできません。次の日の仕事で最高のパフォーマンスを発揮するためには、飲み会もほどほどに切り上げて自宅に帰り休息します。
 
子どもも同じです。コンディションが整わない状況ではいいパフォーマンスを発揮することは難しいことではないでしょうか? 今回は、休むことが大切だと教えてくれるサカイク記事をピックアップしました。
 
ぜひ、ご確認ください。
 
 

■どう休んだらいいの?疲れがとれてケガを防ぐ「休みかた」のコツ

kyusoku_matome_01.JPG
 
米大リーグ・マリナーズでトレーナーを務め、WBC日本代表の帯同トレーナーとしてサムライジャパンの世界一に貢献した森本貴義トレーナーに「休むことの効果とその必要性」を伺う連載の第二弾は休息の具体的な方法や効果的な休み方について、さらに深くお聞きしました。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは

kyusoku_matome_02.jpg
 
トレーニングも大切だけど、休むことも同じくらい大切らしい?
休むことの大切さが日本でも考えられるようになってきました。毎日の練習は本当に子どもたちのためになるのでしょうか?今回サカイクでは米大リーグ・マリナーズでトレーナーを務め、WBC日本代表の帯同トレーナーとしてサムライジャパンの世界一に貢献した森本貴義トレーナーに「休むことの効果とその必要性」についてお話を伺いました。イチロー選手をはじめ、大リーグのトップ選手、サムライジャパンの選手たちのほか多くのトップスリートの身体を診てきた森本トレーナーは、子どもたちにこそ休息が必要だと言います。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■夏の熱中症対策 -熱中症編

では「なぜ、熱中症になってしまうのか?」ということを考えてみると、熱中症を知らなかったという"無知"と、体調が悪いのに頑張らせてしまったという"無理"が原因となっているのです。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■【コンディショニング第1回】運動・栄養・休養のバランスを整えるスポーツ選手のための調整法とは?

kyusoku_matome_03.png
 
みなさん、はじめまして。コンディショニングトレーナーの江上猛です。 スポーツ活動に汗を流す少年・少女たちのスポーツ障害(※1)を予防することが仕事です。一言でスポーツ障害といっても、それを予防する方法は沢山あります。お父さん、お母さんがその方法を知ることで、子どもたちが元気にサッカーやスポーツを楽しめることができます。その環境づくりのお手伝いをできるように、さまざまな予防法を、この連載でみなさんにお伝えしていきたいと思います。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■【コンディショニング第2回】ウォーミングアップと練習後のケア

kyusoku_matome_04.jpg
 
練習後のクールダウンやストレッチは、疲労物質や硬くなった筋肉をほぐす効果があります。これらはスポーツ障害の予防に必ず繋がる大切なケアです。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■【コンディショニング第3回】おにぎりは、日本が誇る万能食!

今回はトータルコンディショニングの「栄養」について考えてみましょう。長期な「コンディショニング」を考えた場合、「栄養」は重要になります。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 

■【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

kyusoku_matome_07.jpg
 
「トータル・コンディショニング」連載の第4回は「休養」についてです。「休養」というと様々な捉え方がありますが、「トータル・コンディショニング」では「休養=疲れを癒す、除去する」と考えていきます。
 
まず、「休養」には「積極的休養」と「消極的休養」があります。 「積極的休養」とは「自ら積極的に身体を動かして疲労を取る」方法です。軽く身体を動かして、心身ともにリラックスさせるというものです。
 
この記事のつづきはこちら>>
 
 
ボランティアコーチお助け隊相談室

あなたが担当しているチームのカテゴリーを教えてください必須

1

関連記事

関連記事一覧へ

ボランティアコーチお助け隊コンテンツ一覧へ(17件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. ボランティアコーチお助け隊
  4. 練習と同じくらい休息も大切だと気づかせてくれるコンディショニング記事7選

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  2. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  3. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  4. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  5. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  6. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  7. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ