1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

運動能力

【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

2011年7月31日

キーワード:コンディショニング連載休息

egami1.png

第4回

■「積極的休養」と「消極的休養」その違いとは!?

みなさん、こんにちは。全国的に梅雨明け宣言が告げられ、いよいよ夏本番です。熱中症が多い、この時期。”暑い環境”に、まだ身体が慣れていない、この季節は、特に気をつけなければなりません。サッカー少年・少女の皆さんは、こまめな水分補給、指導者、お父さん・お母さんは練習時の安全管理に、充分、気をつけ下さい。

11-07-31-sam_01.jpg

さて、「トータル・コンディショニング」連載の第4回は「休養」についてです。「休養」というと様々な捉え方がありますが、「トータル・コンディショニング」では「休養=疲れを癒す、除去する」と考えていきます。

まず、「休養」には「積極的休養」と「消極的休養」があります。 「積極的休養」とは「自ら積極的に身体を動かして疲労を取る」方法です。軽く身体を動かして、心身ともにリラックスさせるというものです。

■Jリーグチームも取り入れている、プールでの休養法

例えば、アメリカでは中学生以下までは、同じスポーツを1年を通して行うことをしません。夏は野球、冬はバスケットボールなどの組み合わせで、トータル的に運動能力を高めます。だから、NBA選手がメジャーで活躍するということも、多々見られるのです。

では、なぜ同じスポーツではなく、他種目にするのでしょうか? これはトータル的な運動能力開発以外に、「スポーツによる局部的疲労の回避」に最大の目的があります。局部的疲労は、結果的に「スポーツ障害」の元凶となります。

1  2

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 【コンディショニング第4回】少年サッカー、休息の勧め

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. いまさら聞けない「ジュニア年代で身につけたいディフェンスの基本」 おすすめ記事3選
     

一覧へ