1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 番外編①:サッカーがもっと楽しくなる!オリジナルリフティング【動画付き】

テクニック

番外編①:サッカーがもっと楽しくなる!オリジナルリフティング【動画付き】

2012年2月14日

キーワード:トレーニングリフティング練習

DSC07350.JPG
 
サッカーの基本はなんといってもボールコントロール。自分の思うようにボールを扱うことができれば、もっとサッカーが楽しくなります。ボールコントロールがうまくなるための方法が、リフティングです。リフティングは、足の使い方、重心の位置、身体のバランス、ボールタッチなど、一度に多くの動きを身につけることができます。
 
そこで今回は、個人を伸ばす指導に定評のある、町田JFC Jrユースの選手たちに、オリジナルのリフティングを見せてもらいました。アイデアあふれる彼らのリフティングを真似してみましょう!
 

■ローリングK

 
●ローリングK(足元アップ)
 
【やり方】
  1. 右足のインステップでリフティングをする
  2. 右足をボールの内側を回して一回転させ、足の裏でボールを触る
  3. 左足のインフロントにボールを当て、落とさずにリフティングを続ける
 
【ポイント】
・右足を一回転させた後に、かかと付近を使ってボールを左足に当てる
・左足(軸足)を地面にべたりと着ける
 
 

■両足またぎ

 
【やり方】
  1. 右足でボールを引いて浮かせ、左足でまたぐ
  2. 左足でもう一度またぎ、ボールを蹴り上げる
  3. 右足でまたぎ、ボールを足でキャッチする
 
【ポイント】
・ボールを蹴り上げる際は中心をとらえ、回転をかけない
・体の軸をずらさず、素早く足を回す
・ボールが高く上がり過ぎないように、力加減を調節する
 
 

■3連続またぎ

 
【やり方】
  1. 右足のインステップでボールを蹴り上げる
  2. 右足を外側へ回し、ボールをまたぐ
  3. 落ちてきたボールを右足のインステップで蹴り上げ、内側へ回す
  4. さらに落ちてきたボールを右足のインステップで蹴り上げ、外側へ回す
 
【ポイント】
・足を回す前に、ボールの中心をとらえて真上に上げる
・体の軸をずらさず、素早く足を回す
・ボールが高く上がり過ぎないように、力加減を調節する
 
今回は番外編として、選手たちに自由にリフティングをしてもらいました。ここで紹介したワザができるようになったら、自分なりにアレンジして難易度を上げてみましょう。友達同士で見せ合ったり、競い合うのもいいかもしれません。自由なアイデアを出し合い、楽しみながらうまくなりましょう!
 
 
【町田JFCのサッカーを楽しくする9つのリフティング】
初級編のメニューを読む>>
中級編のメニューを読む>>
上級編のメニューを読む>>
 
 
町田JFC //
東京都町田市を拠点に活動しているクラブチーム。「個を伸ばす」をテーマに、個人技に特化した練習は全国的に有名。ジュニア、Jrユースのカテゴリーがある。多くのJリーガー、日本代表を輩出している名門で、主なOBに小林悠(川崎F)、大前元紀(清水)など。公式HP はコチラ
1
取材・文/鈴木智之 写真/サカイク編集部

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 番外編①:サッカーがもっと楽しくなる!オリジナルリフティング【動画付き】

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ