1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第7回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 1人でできるパス練習編

テクニック

【第7回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 1人でできるパス練習編

2011年1月13日

キーワード:Jリーグサンフレッチェトレーニングパス森崎ツインズ練習

現在、サンフレッチェ広島で双子のプレーヤーとして活躍中の森崎浩司選手と森崎和幸選手。この森崎ツインズが小学生プレーヤーのためにサッカー上達のヒントを伝授するコーナー。今回の先生も和幸選手。テーマはサッカーの基本「パス」について。

■1人でもできるパス練習

0002321.jpg  「1人でもできるパスの練習もあります。すごくシンプルな練習なのですが、実はこれが意外と大事だったりします。 それは"壁当て"です。僕が通っていた小学校には投てき板なるものがありました。1~8までの番号が書いてある壁なのですが、これに向かって、小学生だった僕はよくボールを蹴っていました。

少し話は逸れますが、インサイドキックは、左右両足ともに遜色なく蹴れることが重要です。日本人は圧倒的に右が利き足の人が多いですが、左足でも正確に蹴ることができれば、プレーの選択肢は抜群に増える。大人になってからトレーニングしてもこれは難しいので、子どものころから両足ともに蹴れるように練習しておくのがいいと思います。 壁に向かってインサイドで蹴る、という単純な練習ですが、これを右足でも左足でも同じようにできるように繰り返してください。また、それができるようになったら、今度は、右足で蹴ったら、返ってきたボールを左足で蹴り返すというように、交互に蹴ります。そうすれば、右足で蹴るときも、次に左足で蹴り返すには、どこに蹴って跳ね返せばいいかを考えて蹴るようにもなる。

 これは後から聞いた話ですが、選手の育成に定評があるオランダの名門アヤックスもこれに似た練習を取り入れているそうですよ。  利き足ではない足でのキックは、最初は力が入らず難しいかもしれませんが、両足遜色なく蹴れるようになるまで、あきらめずにトレーニングしてください。

 また、できるようになったら、ペアのときと同じように距離を伸ばしていくのもいい。さらに、壁に番号などがある場合は、自分が狙った番号に当てるなど、キックターゲット感覚で練習すれば、楽しくトレーニングできる。  試合中に最も使用する回数の多いインサイドキックは、場所、強弱(スピード)ともに自分の思い通りに蹴れることが大切。そのためのトレーニングを日々欠かさないでください」

photo.jpg
森崎浩司選手(左)&森崎和幸選手(右)//
ともに2000年にサンフレッチェ広島へ加入した双子のMF。双子ならではの抜群のコンビネーションでサンフレッチェの中盤をコントロール。高度な技術と知性で、攻守に渡ってチームに貢献している。

←前回ページへ戻る| |次回ページへ進む→

<<『森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座』最初の記事へ

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第7回】森崎ツインズ(サンフレッチェ広島)のワンポイントサッカー講座 1人でできるパス練習編

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. ゴールキーパーの練習メニュー ~シュートブロック編~
    2017年8月21日
  2. 夏休み、ちゃんと休んでますか? サッカーが上手くなるのに大事な2種類の休み方
    2017年8月21日
  3. サッカーが上手くなるためのビデオ映像の使い方 スペインのトレンドは......
    2017年8月18日
  4. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  5. トレセンに選ばれるため女子チームに所属するか迷う問題
    2017年8月23日
  6. サボっているほど良い選手?その驚きの理由とは
    2015年3月19日
  7. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  8. 子どもがグラウンドで倒れたらどうする!? 覚えておきたいAEDの使い方
     
  9. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ