1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第12回】子どものやる気を引き出すために --「コーチと保護者のつき合いかた」

こころ

【第12回】子どものやる気を引き出すために --「コーチと保護者のつき合いかた」

2011年2月23日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■コーチと保護者とのコミュニケーションはとにかく「密」に

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」。その普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。12回目となるこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに『コーチと保護者の距離感』について、お話を聞いていきます。

最近、指導の現場で保護者の存在をうとましく思ったり、面倒だと感じているコーチを見かけることがあります。「あの子の親はうるさいからなぁ」と言って、保護者との関わりを避けたがるのです。

これは絶対にしてはいけないことだと思います。なぜなら、親の意見にこそ、子どもと接するときのヒントが隠れているからです。 コーチが保護者との関係で悩んでいることの多くが、情報不足によるところが大きいもの。それに気づかず、一方的に自分の考えを子どもに押し付けると、保護者から不満の声が出てきます。

そこで前回もお伝えしたように、保護者と話し合い、コミュニケーションをとることができれば、感情の行き違いを減らすことができます。

私は試合の前後に、子供たちを座らせて、保護者にも聞こえる位置で話をすることがあります。そこで自分の考えや方針を、子供たちに伝えるのです。保護者は「監督は何を考えているんだろう」「どんな方針なんだろう」と不安を感じ、情報を欲している場合が多いもの。そこで保護者にも聞こえるように伝えると、情報を共有することで不安を解消する手助けになります。

保護者との関わりについて、コーチングスタッフでミーティングをすると、「私は選手のためを思って厳しく言っているんです。保護者になんと思われてもいいんです」と言うコーチがいます。

そこで私はこう言います。「なんと思われてもいいんだったら、意図が伝わるように話してごらん」と。意図が明確であれば、自分の言いたいことが伝わりやすくなりますよね。

コーチは保護者との関わりを嫌がらず、しっかりと向き合ってコミュニケーションをとってみてください。そうすることで互いに理解が深まり、良い関係性を構築することにつながります。それが、結果として、子どもに対して良い距離感でサポートすることになっていくのです。

コーチと保護者の関係性が良好なチームは、選手同士の雰囲気も良いもの。子どものためにも、互いにコミュニケーションをとり、今まで以上に理解を深めてみてください。

ko-tinn.jpg
本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

前回ページへ戻る>>

<<『子どものやる気を引き出すために』最初の記事へ戻る

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(172件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第12回】子どものやる気を引き出すために --「コーチと保護者のつき合いかた」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 子どもの足を速くしたいなら必見!足が速くなる記事まとめ
     
  2. 子どもを「勝たせたい」「うまくさせたい」よりも先に、大切にしてほしい"10の心得"
    2017年4月17日
  3. 勝つために上手い子を優先してしまう。上手くない子を上達させるにはどうしたらいい? [池上正コーチングゼミ]
    2017年4月20日
  4. 9歳でなぜサッカーやめたいのか問題
    2017年4月19日
  5. すぐ早く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の早く走る方法
    2013年6月13日
  6. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  7. 子どもは失敗に敏感!うまくいっていない事には親が「無愛想」になって良いイメージを描かせよう
    2017年4月21日
  8. 足が速くなる方法!正しい姿勢で走ることでタイムは変わる
    2015年4月 6日
  9. 足の速さは姿勢で決まる!足が速くなる姿勢をつくる3ポイント
    2016年5月27日
  10. すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント
    2013年9月18日

一覧へ