1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第12回】子どものやる気を引き出すために --「コーチと保護者のつき合いかた」

こころ

【第12回】子どものやる気を引き出すために --「コーチと保護者のつき合いかた」

2011年2月23日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■コーチと保護者とのコミュニケーションはとにかく「密」に

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」。その普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。12回目となるこのコーナーでは、PM級認定トレーナーの本田恵三さんに『コーチと保護者の距離感』について、お話を聞いていきます。

最近、指導の現場で保護者の存在をうとましく思ったり、面倒だと感じているコーチを見かけることがあります。「あの子の親はうるさいからなぁ」と言って、保護者との関わりを避けたがるのです。

これは絶対にしてはいけないことだと思います。なぜなら、親の意見にこそ、子どもと接するときのヒントが隠れているからです。 コーチが保護者との関係で悩んでいることの多くが、情報不足によるところが大きいもの。それに気づかず、一方的に自分の考えを子どもに押し付けると、保護者から不満の声が出てきます。

そこで前回もお伝えしたように、保護者と話し合い、コミュニケーションをとることができれば、感情の行き違いを減らすことができます。

私は試合の前後に、子供たちを座らせて、保護者にも聞こえる位置で話をすることがあります。そこで自分の考えや方針を、子供たちに伝えるのです。保護者は「監督は何を考えているんだろう」「どんな方針なんだろう」と不安を感じ、情報を欲している場合が多いもの。そこで保護者にも聞こえるように伝えると、情報を共有することで不安を解消する手助けになります。

保護者との関わりについて、コーチングスタッフでミーティングをすると、「私は選手のためを思って厳しく言っているんです。保護者になんと思われてもいいんです」と言うコーチがいます。

そこで私はこう言います。「なんと思われてもいいんだったら、意図が伝わるように話してごらん」と。意図が明確であれば、自分の言いたいことが伝わりやすくなりますよね。

コーチは保護者との関わりを嫌がらず、しっかりと向き合ってコミュニケーションをとってみてください。そうすることで互いに理解が深まり、良い関係性を構築することにつながります。それが、結果として、子どもに対して良い距離感でサポートすることになっていくのです。

コーチと保護者の関係性が良好なチームは、選手同士の雰囲気も良いもの。子どものためにも、互いにコミュニケーションをとり、今まで以上に理解を深めてみてください。

ko-tinn.jpg
本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

前回ページへ戻る>>

<<『子どものやる気を引き出すために』最初の記事へ戻る

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(162件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第12回】子どものやる気を引き出すために --「コーチと保護者のつき合いかた」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  2. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  3. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  4. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  5. 親子でサッカーを楽しもう!サカイク親子キャンプ開催
    2017年1月16日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 【東京/福岡/広島/鹿児島/千葉/埼玉】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
    2017年2月14日
  8. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日
  9. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  10. 子どもの意欲、積極性を引き出す記事7選
     

一覧へ