1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第1回】子どものやる気を引き出すために --「教える」ではなく「引き出す」

こころ

【第1回】子どものやる気を引き出すために --「教える」ではなく「引き出す」

2010年12月 6日

キーワード:コーチング子どものやる気自立

■コーチングとは「教える」ではなく「引き出す」こと

子どもたちの潜在的な意欲、能力を最大限に生かし、自立する力を養う「教育コーチング」という考え方。この普及に取り組んでいるのが、日本青少年育成協会です。このコーナーでは、子どもたちの「やる気」や「能力」を引き出すために必要なことについて、PM級認定トレーナーの本田恵三さんにお話を聞いていきます。

「私が所属する(社)日本青少年育成協会では、"教育コーチング"という考えをベースにした、"親力向上のためのパパママ・コーチングセミナー"を開催しています。子どもは将来、社会という競技場で活躍する選手です。親が子どものコーチになり、意欲や能力を引き出し、成長を支援する。これが"パパ・ママコーチング"です。

私は教育コーチングのトレーナーを務めるかたわら、サッカークラブの総監督をしています。少年サッカーの現場を支えているのが、多くのパパさんコーチや、ボランティアママさんです。そんな親御さんたちのヒントになる話ができればと思っています。

さて、今回のテーマは"子どもの自立"です。自立をうながすキーワードは3つあります。

1つ目が"質問"、2つ目が"傾聴"、3つ目が"承認"です。

なかでも"質問"はとても大切です。子どもの成長を支援する時に、非常に役に立つスキルです。それではここで質問です。コーチの語源は何でしょうか? コーチは英語でCOACHと書き、"馬車"という意味です。馬車は人や物を希望の場所へ運びます。つまり、コーチの役割は、選手が希望する場所や目標地点へたどりつくためのサポートなのです。選手がどこへ行きたいのか。それは質問することで明らかになります。

コーチングの原点は、スキーのインストラクターがテニスを指導する過程で誕生したメソッドでした。あるとき、スキーの専門家がテニスを指導することになりました。しかし、スキーとテニスは競技特性が違います。そこで悩んだインストラクターは、選手に質問をしました。"この練習はどこを鍛えるの?""この練習は試合のどんなところで役に立つの?"。そのような質問を投げかけ続けたところ、選手の試合や練習に対する理解が深まり、みるみる成長していきました。

つまり、コーチが何を教えていいかわからず質問をしたことが、結果として選手の才能を引き出すことになったのです。このことからも、コーチングとは"教える"ことではなく"引き出す"ことだという意味がお分かりいただけると思います。選手の能力を引き出すために、キーポイントとなるのが質問によって引き出された相手の話を"傾く"ことです。では、どうすれば相手の話をしっかりと聴くことができるのでしょうか?

第二回では、私が出会った最高の聴き上手の女性について、話をしたいと思います」



ko-tinn.jpg本田恵三//
社団法人日本青少年育成協会本部所属。少年サッカー指導歴15年のベテランコーチ。子どもたちのやる気を引き出す理論と手法に定評がある。

1

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

こころコンテンツ一覧へ(178件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. こころ
  4. 【第1回】子どものやる気を引き出すために --「教える」ではなく「引き出す」

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 小4からでは遅い? 息子のスポ少入団を反対する妻をどうしたらいいの問題
    2017年9月21日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 練習、試合で声が出ず活気のないチーム。子どもたちが声を出すようになる「声かけ」はある?
    2017年9月22日
  4. 足元だけに集中しない!! 試合で使えるボールコントロールが身につくリフティング
    2017年9月14日
  5. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  6. 楽しんで続ける土台を築くために、ゴールデンエイジまでにどんな接し方をすればいいの?
    2017年9月15日
  7. 子どもたちを暴力・暴言から守るために、大人がすべき事とは 「暴力・暴言」への対処法(1)
    2017年9月19日
  8. 回数は重要じゃない! サッカーが上手くなるリフティングの身につけ方
    2017年9月 8日
  9. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  10. グラウンド確保に苦しむサッカー協会が模索する みんなが楽しめる工夫とは
    2017年9月20日

一覧へ