1. サカイク
  2. 連載
  3. 「子どもを伸ばす親は、これをする」高妻教授の保護者メンタル強化論
  4. よその子も応援する?しない?子どもを育てる、保護者チームワーク

「子どもを伸ばす親は、これをする」高妻教授の保護者メンタル強化論

よその子も応援する?しない?子どもを育てる、保護者チームワーク

2012年8月 1日

キーワード:コミュニケーションメンタル子どものやる気

DSC_0468.jpg
 
送り迎え、お弁当の準備、試合中の応援と、保護者の皆さんによるボランティアで、ジュニア選手たちの活動は大いに助けられています。家庭だけでなく、練習中や試合中も近くでサポートを続ける保護者の言動が、子どもたちに影響するのは当然。「そうした保護者が対立すれば、子ども同士の対立を招くだけでなく、指導者軽視の風潮を生み、本人の成長も妨げます」と高妻先生。最近チームの雰囲気がよくない、子どもがやる気を出さない。そんな停滞ムードを生み出しているのは、実は保護者自身かも知れません。大人だから考えてほしい、スポーツ活動の中の人間関係。高妻先生にメンタルトレーニングの視点からアドバイスをいただきました。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 

■大人がたくさん集まっても、主役は子どもたち

自分が頑張っているから、もっと他の親にも努力してほしい。あの人の応援のやり方は間違いではないのか。立場や考え方の違う大人が集まれば、いろいろな意見が出るのは当然です。しかし、活動の主役は選手である子どもたち、そして指導するのはコーチです。サポート役の保護者が対立しても、メリットは全くありません。
 
【保護者同士のこんな会話に要注意】
練習が始まる前。ちょっとした言葉から、保護者同士の行き違いが深刻になるケースはありませんか。「前回の練習を見たのですが、合間にお茶の差し入れが多くて、邪魔じゃないかと思うのですが」「え?子どもたちの体を気づかって、ずっとやってきたことですよ。そちらこそ、最近お見えになった割に、いろいろ細かいんですね」……。
 
「この会話では、お互いの立場や考え方の違いが、そのまま対立につながっています。お手伝いができる方となかなか難しい方、あるいは積極的に参加する方と無関心な方など、保護者もさまざまです。お互いの違いを十分考慮して協力し、補い合って選手をサポートする姿勢を大切にしてほしいですね。」
 
今、ジュニア選手の活動では、保護者の皆さんのボランティアワークが非常に大事な役割を担っています。しかし、あまり役割が大きいと負担に感じるのも事実。一人ひとりができる範囲で、無理することなく、同じ活動で一緒の保護者同士が知り合い、友人関係を広げるような気持ちで参加してはいかがでしょうか。
 
DSC_0463.jpg
 
 

■保護者同士の交流で、チームの一体感を作る

しかもなかには、特定の保護者で仲良くグループを作り、グループごとに敵対するような関係も生まれるようです。
 
【保護者同士のこんな会話に要注意】
練習が終わり、数人の保護者が集まって、自分の子どものポジションやチーム運営についての会話に。「うちの子、どうしてレギュラーになれないんだろうね。ちょっとコーチに直接話をしてみようかな」「そうですよ。絶対にあの○○さんの子どもより、うまいと思いますよ。何か変じゃないですか」……。
 
「この場面に登場する保護者同士で対立はありませんが、これを原因にグループができ、指導者まで巻き込んだ敵対関係に広がりそうな雰囲気です。他の親に敵を作ることは、一番やってはいけないこと。また選手の起用などは指導者が考えることで、保護者の役割でないことも理解してください。」
 
こうした保護者の言動を目にした子どもは、自分たちもグループを作って対立するでしょう。また自分の努力不足に目を向けないで、保護者と同様に「何か理不尽な理由で自分が評価されないのだ」と思い込み、指導者の言葉を素直に聞かないかも知れません。そうして指導に従わないと実力が伸ばせず、練習がつまらなく感じ、やがてサッカーそのものに興味を失うケースだってあるのです。
 
「自分の子はレギュラーになってほしい、その気持ちはわかります。しかしそうした時でも、是非ご自分のメンタルを強く保って、ポジティブなサポートに徹してほしいのです。今のレギュラーポジション、華々しい活躍が、お子さんの最終目標ではないはず。保護者が一体となって応援する姿勢、これは非常に大事です。例えば試合の時、自分の子もよその子もこだわりなく、いいプレーは全員で一生懸命応援して、チーム全体の雰囲気を盛り上げてほしいと思います」。
 
【保護者同士でこんな会話をしていこう】
練習が終わって、来週の試合の打ち合わせで。「今日はありがとうございました。来週の試合、私は仕事で行けないのですが、うちの息子もよろしくお願いします」「わかりました。最近、調子いいみたいですね。一生懸命応援しますよ」「そちらの息子さんも、今日のプレーは周囲にしっかり目配りできて、まさに伸び盛りですよね」……。
 
分け隔てなく応援する保護者を見た子どもたちは、きっとチームで協力してプレーするすばらしさを感じてくれるでしょう。これから選手として大きく成長し、一生スポーツを楽しむ豊かな人生を送るための準備期間にいます。そのスポーツの魅力や楽しさを、大人の人間関係で傷つけないよう、是非ポジティブな応援で後押しをしてあげてください。
 
「子どもを成長させる、保護者同士のいい関係」
Ppt0000003.jpg
 
参考文献:『今すぐ使えるメンタルトレーニング コーチ用 』『野球選手のメンタルトレーニング 』『基礎から学ぶ!メンタルトレーニング 』(ベースボールマガジン社)
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 
kouduma1.jpg
高妻容一(こうづまよういち)//
1955年生まれ。東海大学体育学部教授。国際メンタルトレーニング学会、国際応用スポーツ心理学会など多数の学会に所属。1994年にはスポーツ心理学を背景としたメンタルトレーニングの組織「メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会」を設立し、日本でのメンタルトレーニングの正しい理解と情報交換を目的に活動を続けている。
 
1
取材・文/山辺孝能 写真/サカイク編集部

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

「子どもを伸ばす親は、これをする」高妻教授の保護者メンタル強化論コンテンツ一覧へ(4件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 「子どもを伸ばす親は、これをする」高妻教授の保護者メンタル強化論
  4. よその子も応援する?しない?子どもを育てる、保護者チームワーク

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ