1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. サッカー練習メニューまとめー楽しみながら基礎を固める

練習メニュー

2018年3月12日

サッカー練習メニューまとめー楽しみながら基礎を固める

キーワード:シュート練習トラップ練習ドリブル練習パス練習基礎練習メニュー

IMG_3469-thumb-600x400-2180.jpg

「トラップがもたついてディフェンスに寄せられる」

「ドリブルで相手を抜こうとしてもすぐボールを取られてしまう」

「パスが弱くてすぐにカットされてしまう」

試合を見ていても基礎ができている子供とできていない子供のプレーの差は一目瞭然。ドリブル・パス・トラップなどの基礎練習は確実にプレーに影響します。

メッシ、クリロナ、今を時めく一流の選手たちですら少年時代から基礎練習を地道に続けてきました。 その練習があったからこそ他選手を引き寄せない圧倒的なプレーができるのです。

基礎練習は子供にとってつまらないものかもしれません。しかし、地道な基礎練習こそが将来の子供のサッカー選手としての命運をわけるといっても過言ではないです。

基礎練習にもゲーム性があって楽しく練習できれば子供はグングンとサッカーを上達させることでしょう。今回、子供たちが楽しみながらも基礎をしっかりと固めることができる練習メニューを集めました。

ドリブル練習

まねっこドリブル

コーチや親の動きを真似してドリブルします。ボールだけをみず次の動きを予測しながら練習します。

ドリブル競争

ドリブルの強弱をイメージしながらボールコントロールの練習をします。楽しみながらドリブル練習できます。

親子でできる!ボールばかり見ずにドリブルできるようになるトレーニング

ドリブル中にボールばかり見るのではなく、顔を上げて相手ディフェンスを見ることを意識します。相手を見ながらボールをドリブルする練習です。

ドリブルは静学サッカー部に学べ!ボールが足に吸い付くダブルタッチ(イン・アウト)

インサイドでボールを内側に移動させると瞬時にアウトサイドで逆方向に進むドリブルです。ぴったりつくようなボールコントロールのドリブルを身に着けられます。

ドリブラー乾貴士がドリブルに磨きをかけた、セゾンFCのドリブル練習メニュー

セゾンFCのドリブル練習メニュー。ドリブルを"身体に染み付かせる"ことを目指します。

パス練習

パスを受けるタイミングとボールコントロール

パスを受けるタイミング、感覚を掴むための練習です。

1人でできるパス練習

壁に向かって右足インサイドで蹴って返ってきたボールを左足で蹴るのを返します。繰り返すうちにボールへの対応能力を高めることができます。

基本のパス練習編

意識すべきはしっかりインサイドにボールを当てて蹴り返すこと。足のどこにボールが当たれば、正確にパスを返せるか。それが自分の体に染みつくまで繰り返し練習します。

トラップ練習

サッカーで速いボールを正確にトラップするコツは『軸足』!練習で意識すべきポイント

トラップの練習では速いボールを蹴ってもらって、軸足を浮かしながらボールを止めることでポールのスピードを吸収し安定したトラップとなります。それを練習で何度も繰り返すことで無意識レベルでできるようになります。

パス&トラップの基本トレーニング

トラップだけを身に付けるのではなく、パス練習と組み合わせることでパスとトラップともに上達します。

「遊び感覚」で上達できるトラップ練習

「遊び、ゲーム感覚」で楽しみならトラップが上達する練習メニューです。

地道な基礎練習ではありますが、ゲーム性があると子供も楽しく練習できます。今回のメニューを取り入れながら、子供と一緒に楽しみながら練習してください。

1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(361件)

コメント

  1. トップ
  2. 練習メニュー
  3. サッカー練習メニューまとめー楽しみながら基礎を固める