1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 親子でできる!ボールばかり見ずにドリブルできるようになるトレーニング

練習メニュー

親子でできる!ボールばかり見ずにドリブルできるようになるトレーニング

2016年1月30日

キーワード:コントロールドリブルフットプロム認知

ドリブルはすぐに奪われてしまうから苦手。そんなあなたのお子さんはドリブル中にボールばかり見ていませんか? ドリブルで相手DFを抜くためには、相手の重心や身体の向き、体勢を見ながら、逆をとる必要があります。そのために、ドリブル中にボールばかり見るのではなく、ドリブル中も顔を上げて対峙する相手DFを見ることを覚えましょう。
 
今回は相手を見ながらボールをコントロールすることを意識づけたトレーニングです。
 
内容自体は難しいことはなく、前に立った相手の動きの通りにコントロールするだけ。ただ、逆へ進む、指差された方へ進むなど応用していく事でトレーニングの負荷も高まっていきます。
 
簡単にできるようなら、身体をつねに対峙した相手に向けることや、指示を出す側がフェイントをかけるなど、工夫してみてください。この練習は相手がサッカー経験者でなくても行えるので、経験のないお父さんやお母さんでも子どもの練習に付き合うことができます。シンプルですが非常に大事なトレーニングなので、是非チャレンジしてみて下さい。あなたのお子さんはドリブルをするとき、どこを見ていますか?
 
動画提供:フットプロム
 
■やり方
1.向かい合って対峙し、赤の選手(DF役)は前後左右に動く
2.ボールを持った選手はその動きについていこう
3.ボールをだけを見ずに向き合った相手の動きを見ながらコントロールしよう
 
■ポイント
1.サッカー経験のないお父さん、お母さんとの練習にも効果的
2.慣れてきたら、進行方向と逆に進むパターンや指差した方向に進むなど、別のパターンにもトライしよう
3.さらなら応用編として、「ハイ!」と言ったら進行方向、言わなければ指差した方向へ進むパターンにもトライ
 

サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

1

関連記事

関連記事一覧へ

練習メニューコンテンツ一覧へ(348件)

コメント

  1. サカイク
  2. 練習メニュー
  3. 親子でできる!ボールばかり見ずにドリブルできるようになるトレーニング

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  5. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  6. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  7. "今"ばかり見ない! つくばFCが実践する子どもが「サッカーばか」にならないための育成哲学とは?
    2017年10月10日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. ゴールキーパーのキャッチング練習 ~番外編・グローブメンテナンス~
    2017年10月11日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ