1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 速いサッカーボールを正確にトラップするコツは『軸足』!練習で意識すべきポイント

中村憲剛の「KENGOアカデミー」

速いサッカーボールを正確にトラップするコツは『軸足』!練習で意識すべきポイント

2015年12月16日

キーワード:JリーグKENGOアカデミー中村憲剛川崎フロンターレ練習

日本サッカー界屈指のゲームメーカー、中村憲剛選手が読者の質問に答える「KENGOアカデミー」。今回は憲剛選手がプレーで最もこだわりを持っていると言っても過言ではないトラップのコツと練習で意識すべきポイントについて話をしてもらいました。
 
trap_f.jpg
 
【読者の質問】
「ノーバウンドで向かってくるボールをピッタリ止めることができません。
憲剛選手はトラップするときに、どんなことを心掛けていますか?
(Y・Nくん/15歳/MF)
 
 
【憲剛選手の回答】
質問ありがとう!
僕は「ボールを止める」ことについては、サッカー選手の中でも相当こだわっているほうだと思います。
なぜなら、ボールを止めるトラップがサッカーの全てのプレーの“出発点”になるものだから。
質問をもらったように、ノーバウンドで向かってくるボールというのは、トラップの中でも難しい技術だと思います。
でも、トラップの技術を磨き抜けば、どんなボールもピッタリと止めることができるようになります。
 

■トラップのコツ①ボールを優しく受け止める

技術的な話をする前に、どんなイメージを持ってトラップすればいいのかという話をしていきます。
 
ボールをピッタリと止めたいときに、僕が頭の中でイメージしているのは「ゼロにする」ということです。
味方がこちらへボールを蹴ってきました。蹴られたボールには、当然スピードがついています。このボールに単純に足を出したらどうなると思いますか? ちょっと数学っぽくなりますが、ボールの速度に対して、足という物体が普通にぶつかれば、反発力が生まれますよね。
 
そうなれば、足に当たってボールは跳ねて、自分の身体から離れていってしまいます。確かにスペースがあるときは、身体から離れたところにボールをコントロールするほうが有効な場合もあります。だけど、相手に囲まれているときや、素早く次のプレーを行いたいときなど、ピッタリとボールを止める必要があります。
 
ボールが跳ねないようにするためには、自分の足に当たったときに、スピードを落とす工夫をしなければいけません。
 
みなさんは「低反発」という言葉を知っていますか? 低反発というのは、反発力が低く、力がかかるとゆっくりと沈み、ゆっくりと戻る、スポンジのことです。クッションやマットレスなどに利用されているので、みなさんのおうちにもあるかもしれません。
この「低反発」こそが、速いボールを止めるときのキーワードになります。つまり、向かってくるボールを反発するのではなく、優しく受け止めてあげる。そういうイメージを持って、トラップして下さい。

 

■トラップのコツ②軸足を浮かせ、身体を無重力状態にする

では、技術面の話をしていきましょう。
 
ボールを止める時は、「ボールに触る足」ではなく、「もう一つの足」つまり『軸足』に注目してください。
 
そこに速いボールを止めるコツが隠されているからです。
KENGOアカデミーのDVDでは、僕がボールを止めて、蹴るというシーンが、それこそ何百回と入っています。その中で、速いボールがきたときに、僕が“あること”をしていることに気がつくはずです。
何だかわかりますか?
 
正解は「軸足を浮かしている」です。浮かしているといっても、ボールを止める瞬間にジャンプしているわけではありません。本当にちょっと、それこそ数センチぐらいの、わずかな違いです。だけど、このわずかな違いがトラップでは、とても重要になってきます。
 
trap_d.jpg
 
軸足を浮かしているとき、もう片方の足はボールを止めるために上げているので、瞬間的に両方の足が地面から離れた状態になっています。これはいわば「無重力状態」です。
 
「無重力状態」と反対の状態が、軸足が地面にくっついている、いわば「根っこが張っている」状態です。人間というのは、片足で立っているときは、本能的に倒れないようにバランスをとろうとします。普通にトラップする場合は片足立ちの状態です。
この状態でボールの勢いを止めようとしても、身体のバランスを支えようと足が硬直しており、ポールのスピードを吸収することはできません。前述の、優しくボールを受け止めることができないのです。
 
だから、あえて軸足を浮かせることで、無重力状態を作り出し、空中で足を自由にしてあげることが必要になります。
とはいっても、僕は試合中に「さぁ、軸足を浮かせよう!」と思ってやっているわけではありません。完全に無意識でやっています。試合中、時間も余裕もない中で、「軸足を浮かせるかどうか」を考えている暇はないからです。
 
速いボールを蹴ってもらって、軸足を浮かしながらボールを止める。それを練習で何度も繰り返して、無意識レベルでできるようになる。そうなったとき、試合でも使える技術になっているはずです。
 
▼憲剛選手のトラップの軸足に注目してみよう!
trap_a.jpg
 
trap_b.jpg
 
trap_c.jpg
 
 

■身体をリラックスさせる

最後に、トラップで大事な要素を付け加えておきます。
 
それが「リラックスすること」です。
 
緊張していると身体が硬くなるので、柔らかいボールコントロールもできません。ボールコントロールがおぼつかない選手というのは、ディフェンスからすれば格好の標的です。トラップのタイミングを狙って激しく寄せてきます。そうなれば、味方の選手も安心して動き出すことができません。
 
trap_e.jpg
 
リラックスしていれば、視野が広くなりますし、余裕が生まれるので、ボールコントロールもしやすくなります。そして、そういう選手に対しては相手も激しく寄せられません。
ガンバ大阪のヤットさん(遠藤保仁選手)は、まさにそういう選手です。
 
技術面はもちろん素晴らしいのですが、他の選手と決定的に違うのが、その余裕だと思います。全てを見透かしているような雰囲気があるので、寄せようにも寄せられない。寄せたらやられると相手に思わせている時点で、ヤットさんの勝ちのようなものです。
今回はここまで。引き続き、「KENGOアカデミー」ではみなさんからの質問をお待ちしています!
 
【告知:この記事の内容はDVDで詳しく解説しています!】
■KENGO Academy~サッカーがうまくなる45のアイデア~
中村憲剛が自身の選手経験の中で積み重ねてきた「サッカーがうまくなる45のアイデア」をひとつにまとめた教材ができました。全て本人出演・解説による本物の「技術」と「駆け引き」を学んでください。
kengodvd.JPG
・DISC1:ベーシックスキル編
・DISC2:ゲームメイク編
2枚組DVD、解説テキスト付き(A4、36ページ)
詳しくはこちら>>
 
【中村憲剛選手への質問を募集】
サッカーをうまくなりたい皆さんの質問に中村憲剛選手が答えます!
shitsumon.PNG
 
<< 前回 | 記事一覧 | 次回 >>
 

<$MTInclude module="KENGO Academyメルマガ登録フォーム" parent="1"$>

 
kengo.jpg
中村憲剛(なかむら・けんご)
1980年10月31日生まれ。東京都小平市出身。小学生時代に府ロクサッカークラブでサッカーを始め、都立久留米高校(現・東京都立東久留米総合高校)、中央大学を経て03年に川崎フロンターレ加入。06年10月、日本代表としてデビュー。国際Aマッチ68試合出場6得点(2015年2月現在)。05年から14年まで10年連続Jリーグ優秀選手賞を受賞。Jリーグベストイレブン5回選出。
1
構成:北健一郎 協力:ケンプランニング

関連記事

関連記事一覧へ

中村憲剛の「KENGOアカデミー」コンテンツ一覧へ(24件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. 中村憲剛の「KENGOアカデミー」
  4. 速いサッカーボールを正確にトラップするコツは『軸足』!練習で意識すべきポイント

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ひとりだけ際立って上手いが、横柄な態度の子。チームプレーヤーだと認識させる方法はある?
    2017年10月20日

一覧へ