1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 言われたことをやるより自分で考えた方が楽しい!サッカーは自由なスポーツだから

考える力

言われたことをやるより自分で考えた方が楽しい!サッカーは自由なスポーツだから

2011年11月12日

キーワード:トレーニング練習

DSC06730.JPG
 
<<小島さんの記事を最初から読む
 
練習をしていると、よくこう聞かれることがあります。「コーチ、ぼくはどう動けばいいんですか?」。それを知ろうとする気持ちは、すごくいいものだと思う。でも、サッカーは自由なスポーツ。サッカーの基本である、ゴールを奪うこと、ゴールを奪われないことを忘れなければ、それほどセオリーから外れる動きをすることはないはずです。
 

■「どう動くか?」ではなく、「どうすれば相手に勝てるか?」を考えていない

「どう動くか?」について考える子はいても、肝心な「どうすれば相手に勝てるか?」を考えている子は、あまり多くはないというのが、ぼくの印象です。
 
スクールなどで教えているとき、ぼくに「どう動けばいいんですか?」と聞きに来てくれる子は、日頃、コーチに「どこに動いているんだ!」と言われているんだと思います。ぼくらコーチは「なぜあの選手はそこにいるんだ?」と疑問があっても、その選手なりに「ゴールを決めたくてこうしました」という理由があればいいと思う。その気持ちを出発点として、「それだったら、こういう動き方もあるよ」と気付かせることはできるから。
 
ほかにも、「レギュラーになるためにはどうすればいいですか?」と聞かれることもあります。きっと、サッカーに真面目に向き合っているんでしょうね。そういう選手は応援したくなる。ぼくのアドバイスを聞くことも大事だけど、それよりもまずしてほしいのが、自分で自分の課題をみつけること。コーチに分析させるのではなく、自分で自分を分析することが大事なんです。
 
たとえば、相手ゴール前でパスを受けたときに、ファーストタッチで足元にボールを止めずに、スペースに出せばシュートまでいけた場面があるとします。ミスはだれにでもあることだから、それについてはなんの問題もない。
 
だけど、多くの選手はミスをしても、「失敗したな」という顔をして、終わりなんですよね。ミスのあとに「こうすればうまくいったな」という反省がない。ただ何も考えずにプレーをして、「コーチ、どうでしたか?」と聞きにくる。そこでアドバイスを言われた通りやって、また「コーチ、どうでしたか?」とぼくのところへ来る。
 
そこで「いいタイミングでボールが来たのに、トラップが乱れてシュートが枠にいかなかった」という反省があれば、「ボールコントロールの精度が甘いな」と自己分析して、それに合った練習をすればいいわけです。
 

■サッカーは自由なスポーツ。指導者任せではなく自分で考えることが大事

ぼくはコーチだから、「どうでしたか?」と聞かれたら、選手一人ひとりに課題を与えたり、アドバイスをしてあげたいと思います。でもその前に、ちょっと立ち止まって考えてみてほしい。いまのプレーについて、自分はどう考えているのかって。指導者任せにするのではなく、まずは自分で考えること。それを繰り返していくことが、上達の道なんだと思います。
 
コーチに言われたことだけをやるよりも、自分で考えて、工夫したほうが楽しいよね。サッカーは自由で楽しいスポーツなんですから。
 
 
kojima2.jpg
小島 直人//
こじま・なおと
海外での選手経験の後、指導者として中学、高校、地域クラブや東京ヴェルディコーチとして様々なカテゴリーの指導にあたる。情熱的で卓越したコーチングスキルには定評があり、NIKEエリートトレーニングでは専属コーチとして毎年1万人以上の中高生をクリニックで指導した。現在は、大森FCの代表を務める。
 
大森FC
大森FCではプロサッカー選手を目指す選手を募集中。
セレクション・体験練習のご案内はコチラ
1
取材・文/鈴木智之  写真/サカイク編集部(ダノンカップ2011より)、youpapa

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

考える力コンテンツ一覧へ(263件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 考える力
  4. 言われたことをやるより自分で考えた方が楽しい!サッカーは自由なスポーツだから

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ