1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴

テクニック

2018年3月23日

選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴

キーワード:トレーニングドリブルドリブル指導リフティング三木利章動き創り指導法

■"何のためにやるのか"を明確にしたトレーニングを

三木さんの場合、コーンドリブルの主眼は「動き創り」。
そのため、他のチームでよく見られる「顔を上げよう」という指示をすることはありません。フィジカルトレーニングの一環という考えなので、顔を上げて周囲を見ることよりも、より速くドリブルをするために足元のコーンを見ることのほうが優先されるからです。しかし、2対2のトレーニングをする場合は、相手や周囲の状況を見る必要があるため、選手には顔を上げてドリブルすることを求めます。 「このトレーニングは何のためにするのか?」ということを、常に頭に置いて取り組んでいるのです。

「コーンドリブルは、そうした目的を見落としがちになる」と三木さんは指摘します。
「定型のコーンドリブルをただこなすだけだと、選手も指導者も型ばかりを意識してしまい、全員に同じボールの持ち方を求めるようになってしまいます。しかし、選手の利き足や体格によって、一番動きやすいボールの持ち方は変わってきますし、実際の試合では、常に同じ状況や理想とするシチュエーションが起きるとは限りません。何のためのコーンドリブルなのかを、しっかり意識してトレーニングすることが重要です。」

mikidrible_12.JPG (三木コーチは「動き創り」を目的としてドリブル指導している)

■指導者が考えるべきドリルトレーニングの組み立て

三木さん流のコーンドリブルでは、目的に応じて、コーンの広さや置き方、距離などの細部まで狙いが込められています。例えば、トップスピードのドリブルを練習させたいのであれば、スタートからゴールまでのコーンの距離を短めに設定したり、インターバルをおいたりします。距離を長くとると、疲れてスピードが落ちてしまい、本来のトレーニングの目的である「トップスピードでのドリブル」が実行できないからです。コーンドリブルのようなドリル形式のトレーニングでも、このように目的や意識を明確にすることによって、選手の成長度合いは大きく変わるはずです。

コーンドリブルという"クローズドスキル(外的要因によって左右されない自分のペースで行える技能)"を、いかにサッカーのプレーに活きる"オープンスキル(外的要因によって左右され変化する状況で使える技能)"へと繋げる事が出来るか、それを指導者が明確にしてトレーニングを組み立てることが大切だと、三木さんは語ります。

サッカーの指導にはチームによってさまざまな方法があり、三木さんのように「動き創り」のためにドリブルトレーニングを行う方もいれば、技やボールタッチを身に付けるために行う方もいるでしょう。どちらが正解ということはありません。この機会に、いま行っているトレーニングを通じて、選手に何を学んでほしいのか、その答えをあらためて考えてみてはいかがでしょうか。

1回目:無名の街クラブを準優勝に導いた「動き創り」のためのドリブルトレーニングとは?
2回目:ドリブル上達の秘訣は馬跳び?サッカー選手にも必要な全身を動かすトレーニング




三木利章(みき・としあき)
プロサッカーコーチ。主に少年サッカーチームやジュニアユースチームの指導、スクール主催などの精力的に活動。 育成年代で一番大切な『個』の技術・戦術の向上を目指し、実践で生かせる個人スキルを身につける指導を行っている。

◎グローリアガールズU15 ブログはこちら
◎FACEBOOKはこちら

【PR】三木コーチ監修のテクニック上達専用サッカーボール>>
ドリブル・リフティングトレーニング用サッカーボール テクダマ

三木コーチが監修したドリブルトレーニングDVD3枚組>>
mikidrible01_800x240_02.jpg

前のページ 1  2
最新ニュースをLINEでチェックしよう!
友だち追加
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガ
取材・文:森田将義、写真:森田将義

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(170件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 選手に何を学んでほしいのか?指導者が陥りがちなコーンドリブルの落とし穴