1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 毎年プロ選手を生み出す秘密!将来の即戦力を育てる「ボールコーディネーション」とは

テクニック

毎年プロ選手を生み出す秘密!将来の即戦力を育てる「ボールコーディネーション」とは

2016年4月18日

キーワード:トレーニングボールコーディネーション興國高校

高い技術と個人戦術をベースとした、ポゼッションスタイルで注目を集める大阪府の興國高校。過去3年で4人のプロ選手を輩出し、昨年度は年代別の日本代表に2人を送り込むなど、個の育成は高校サッカー界でもトップレベルです。
なぜ、高校選手権に出場経験のない高校から、プロ選手が毎年のように生まれるのでしょうか。その秘密のひとつが、興國オリジナルのテクニックとテクニックをリズムでつなぐ「ボールコーディネーション」と呼ばれる練習にあります。(取材・文/鈴木智之)
 
kokoku_img04.jpg (DVD「興國式サッカーテクニカルメソッド」より)
 

■ボールの大きさや重さを頻繁に変えることで技術習得が早まる

ボールコーディネーションとは、ドリブルやリフティング、パスなどボールコントロールの練習をリズムでつなぎ、前後左右の動きをつけた、コーディネーションの要素を含んだ技術練習のことを言います。
 
このトレーニングで使用するのは、3号球の大きさで、5号球と同じ重さのボール。あるいは表面がゴムでできている、柔らかくて小さいリフティングボールです。なぜ、小さくて重さの異なるボールを使って、練習をするのでしょうか? 興國高校サッカー部監督、内野智章氏が説明します。
「脳科学によると、ボールの大きさや重さを頻繁に変えることによって、脳に違う種類の刺激が行くそうです。普段、試合で使っているボールと重さは同じなのに、大きさが違うという刺激を皮膚や筋肉に与えることで、脳を活性化させて、技術の習得を早くする狙いがあります」
 
ボールコーディネーショントレーニングは、ライフキネティックの要素を入れることで神経系の発達を促進し、身体の動きをスムーズにしていきます。この「身体の動きをスムーズにする」というのが、ボールコーディネーションの目的のひとつです。決して、器用に足技を繰り出すために練習をしているのではなく、どんな状態でもボールを自在にコントロールし、プレーのスピードを落とさないためのトレーニングなのです。内野監督は言います。
 
「朝練の30分と、放課後の練習時にウォーミングアップとして、ボールコーディネーショントレーニングを行っています。これを始めて7、8年になりますが、選手たちのボールコントロール技術、コーディネーションは随分レベルが上ったと思います」
 

■「前後の動き」や「斜めの動き」を入れて、技術練習を実践に近づける

興國のボールコーディネーショントレーニングは、ドリブルやリフティング、複数人でのパス回しなど、個のレベルアップにフォーカスを当てたものです。ドリブルでは大きさや重さ、表面の柔らかさが違うボールを使い、足の様々な部位を使用して、リズミカルなボールタッチで進んでいきます。リフティングも両足を使い、足の様々な部位でボールを動かしていきます。
 
kokoku_img02.jpg 足の様々な部位でボールをコントロール(DVD「興國式サッカーテクニカルメソッド」より)
 
一見、オーソドックスな技術練習に思われがちですが、ポイントになるのがドリブルやリフティングに「前後の動き」や「斜めの動き」を入れること。ドリブルは前進だけでなく、後ろに下がる動きも行います。リフティングも、その場でボールをつくのではなく、前後左右に移動をしながら行います。
「前後左右の動きを取り入れているのは、サッカーの実戦に近づけるためです。後ろに下がる動きをするときに使う筋肉は、前へ進むときに使う筋肉と異なります。そのため、それぞれのパターンで、神経系に働きかけるトレーニングを行う必要があります。そして、左右両足を使い、前進と後進を同じようにスムーズにできる状態を目指しています」
 
次ページ:リズミカルなドリブルを身につけるトレーニングとは?
 

●おすすめ商品●

ジュニアもオススメ!興國高校のトレーニングを大公開!

kokoku_banner300x250_01.jpg

関西の"バルサ"と異名をとる興國高校サッカー部のトレーニングがDVDに!大きさや重さの違うボールを使って脳や神経系に刺激を与えるトレーニングや、習得した技術を利用した「駆け引き」など独自トレーニングを収録しています。

商品詳細はこちら
サカイク編集部が厳選したオススメ商品が満載!
E-3ショップ
サッカー育成メディアNo.1のサカイクが自信をもってオススメする商品を集めました。ここだけのオリジナル商品もあり!
1  2
取材/鈴木智之 

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 毎年プロ選手を生み出す秘密!将来の即戦力を育てる「ボールコーディネーション」とは

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京をを2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強くて速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. ドイツ、スペイン、イングランド... サッカー強豪国から学ぶ、子どもを伸ばす親の応援スタンス
     
  4. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 子どもの試合はワールドカップではない!ドイツでみた標語に込められた5つのメッセージとは
    2016年2月17日
  7. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  8. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日
  9. 多くのJリーガーを生み出した強豪校が練習を100分しかしない5つの理由
    2017年10月 5日
  10. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日

一覧へ