1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【第12回】「知ってます?世界のサッカー常識」-試合の結果を左右するアウェイの洗礼

サッカー豆知識

【第12回】「知ってます?世界のサッカー常識」-試合の結果を左右するアウェイの洗礼

2011年3月 1日

キーワード:海外サッカー

知っていそうで知られていない、世界のサッカー常識についてランダムにとりあげるこのコーナー。世界各国で様々に楽しまれているサッカーというスポーツの奥深さを感じるような話題、子どもとの会話のネタになるような話題を数多くセレクトしていきます。今回は、ホーム、アウェイでの違いについてです。

000375.jpg  海外では以前から、サッカーを始め、野球などでもホームスタジアムでの試合は有利で、アウェイスタジアムでの試合は不利というのが一般的です。では、同じ競技で公平に行われる試合なのになぜこのような差が生まれるのでしょう。

 例えば南米や東ヨーロッパなどのサッカーの試合を例にとって見てみましょう。ホームスタジアムには3万人入るとして、ホームチームのサポーターが約8割~9割程度を占めるのが一般的。ホームの観客は、アウェイのチームの選手に対し、ひどいヤジを飛ばすのが当たり前です。時には、瓶や石、コインなどを投げつけるという悪い慣習が今でも見られることがあります。アウェイのチームが反則すれすれのプレーをすればブーイングはもちろん、ボールを持っただけでスタジアム中が強烈なブーイングでアウェイの選手のプレーをやりにくくします。また当然、ホームチームの好プレーには大歓声があがり、その雰囲気に審判ものまれます。ファールかどうか判断が難しいプレーなども、観客の反応によって審判の判断が思わず左右されることもあるのです。ピッチ状態もホームとアウェイのチームに有利不利を生みます。いつもプレーし慣れたホームチームは、ピッチのどの部分の芝生がどのような状態で、どの部分が柔らかい、固いなどの情報も自然と心得ています。つまり自分の庭とよその庭では振る舞いが変わるということになるのです。

 スタジアム外でも有利不利はあります。ホームチームの選手たちは自宅や、慣れた合宿所からスタジアムへ行けばいいだけ。ところがアウェイチームの選手は遠路はるばるの移動をして慣れない宿舎に泊まるというように、生活のリズムが狂います。極端な例で言えば、かつてこんなこともありました。勝った方がワールドカップに出場できるというウルグアイvsオーストラリアの大事な一戦。アウェイとなったオーストラリアの選手たちはウルグアイへ乗り込んだはいいものの、空港でいきなり大ブーイング。ホテルへ着いて寝ようとしても、ホテルの外には鳴り物や大声を出すウルグアイサポーターが大挙来襲。要は安眠妨害でアウェイチームのオーストラリアが苦しめられたといいます。

 さらに、10-11シーズンのイングランド・プレミアリーグを見てみましょう。全20チームの戦績(2011年1月31日現在)は、ホームでの勝利数が106。一方、アウェイで勝利した回数は58しかありません。つまり、ホームチームはアウェイチームの約2倍も勝っているということになるのです。この数字だけ見ても、ホーム、アウェイでの有利不利は一目瞭然です。

 サポーターの後押し、妨害、審判の心理、ピッチ状態の有利不利、そしてスタジアム外での攻防・・・。TVの画面だけでは見えないホームとアウェイの戦いもあるのです。そして、自分の応援するチームが少しでも勝利へ近づけるよう、今日も、サポーターたちはホームゲームへの観戦へと出かけるのです。

前回ページへ戻る>>

 

『知ってます?世界のサッカー常識』全12回

【第1回】広島観音高校の育成方法
【第2回】世界のトレーニング事情
【第3回】世界4大リーグの基礎知識
【第4回】サッカーは監督次第!?
【第5回】国によって異なる「ダービー」の意味
【第6回】イエローカードって万国共通じゃないの?
【第7回】育成王国オランダの常識
【第8回】極める道はサッカーひとつにあらず
【第9回】知られざる背番号ストーリー Part1
【第10回】知られざる背番号ストーリー Part2
【第11回】代表選手は、どこの国で生まれた選手!?
【第12回】試合の結果を左右するアウェイの洗礼
1

関連記事

関連記事一覧へ

サッカー豆知識コンテンツ一覧へ(235件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. サッカー豆知識
  4. 【第12回】「知ってます?世界のサッカー常識」-試合の結果を左右するアウェイの洗礼

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. FC東京を2年でクビに。引退して気づいたプロになる前に身に付けておくべきこと
    2017年10月13日
  2. ジュニア世代の体幹トレーニングは必要なし!? 元スペイン名門のトレーナーに聞く、強く速くなる身体の作り方
    2017年10月17日
  3. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  4. 試合に出られないのに自主練提案しても手応えなし...。競争心の無い息子にイラつく自己嫌悪ママの問題
    2017年10月19日
  5. 足が遅いのには理由がある。しかし、その理由を1つ1つ潰せば足は速くなる
    2016年6月10日
  6. 足首をグキッとひねる前に!お子さんのねんざを防ぐ2つのトレーニングと『POLICE処置』
    2017年10月17日
  7. シュートチャンスを逃さない! ゴールを決めるための必要な準備とは
     
  8. 「なにも教えないことで子どもは育つ」順天堂大学蹴球部の教育
    2015年4月20日
  9. 言い訳を探す子は伸びない。失敗を重ね、28歳で米国留学の元Jリーガーが語る"サッカー後"のキャリアの築き方
    2017年10月16日
  10. ボールだけで通じ合えるなんて幻想! スペインでの経験から安永聡太郎が確信する、日本人が磨くべきスキル
    2017年10月11日

一覧へ