1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. サッカーとは、オーガナイズされていないオーガナイズ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法

サッカーとは、オーガナイズされていないオーガナイズ

2012年3月23日

キーワード:スペイントレーニングバルセロナ知のサッカー練習育成

ss0.jpg

77AL0056.JPG

『知のサッカー』でおなじみ、FCバルセロナのメソッド部門責任者をつとめるジョアン・ビラ氏が、日本の育成年代の指導者に『賢い選手を育てるためのトレーニングメソッド』を明かしてくれました。前回はアナリティックメソッド(反復練習)とグローバルメソッド(包括的な練習)の違いについて、説明しました。今回はそれぞれの長所と短所を見て行きましょう。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 

■アナリティックメソッドの長所と短所

まずはアナリティックメソッドの長所から。アナリティックメソッドは、特定のテーマのレベルアップに集中することができます。たとえばパスの練習をするとき、インサイド、アウトサイド、インステップ、浮いたパス、ゴロのパスなど、テーマを明確に設定することで、集中的にトレーニングすることができます。
 
もうひとつの長所は、数をたくさんこなせることです。30分間、ボールを運ぶドリブル、相手を抜くドリブルの練習をすると、試合で実際に行うよりも遥かに多くの回数、ドリブルをすることができます。
 
アナリティックメソッドの短所は、ある特定の動作(アクション)しかできないため、トレーニングで学んだものを試合で発揮するのが難しくなることです。パスのトレーニングを例にあげると、ボールを受ける前にどうするのか、パスをしたあとはどうするべきか、状況に応じて判断する部分のトレーニングができていないので、アナリティックメソッドでしか学んでいない選手たちは、試合のどんな場面で身に付けた技術を出せばいいのかを理解することが難しく、それは選手がレベルアップすることの足かせになっています。
 
77AL0258.JPG
 

■グローバルメソッドの長所と短所

グローバルメソッドの長所は、認知・判断・技術・戦術・フィジカル・メンタル等、様々な要素を同時にトレーニングすることができる部分です。サッカーに必要な要素を包括的にトレーニングできるので、練習で学んだことを試合で発揮しやすく、トレーニングした内容と試合で起こる現象がつながっていることを理解できます。
 
グローバルメソッドの短所は、反復回数が少ないこと。そして、テーマとして設定した現象がトレーニングの中で頻繁に起きるとは限らないことです。グローバルメソッドのトレーニングを、指導者が完璧にコントロールすることは難しいと思います。私の好きな表現に、「サッカーとは、オーガナイズされていないオーガナイズである」というものがあります。その意味で、サッカーのトレーニングすべてを指導者がオーガナイズできるのであれば、そのトレーニングには何かが欠けているのではないでしょうか? バルサの試合を見ても、選手はずっと同じ場所にいるのではなく、たえず動き続けています。ポジションのバランスを崩しているにも関わらず、トータルで見るとバランスは保たれています。それが「オーガナイズされていないオーガナイズ」です。
 

■サッカーを理解した選手を育てる

アナリティックとグローバル、2つのメソッドにはそれぞれ長所と短所が存在します。繰り返しますが、アナリティックメソッドが悪いと言っているわけではありません。実際にサッカーサービスのトレーニングの2割はアナリティックメソッドを取り入れたものです。ただ、我々はグローバルメソッドを信じています。
 
サッカーのプレーにはイマジネーション、創造性が必要です。実際の試合と同じ状況でなければ、イマジネーションをトレーニングすることはできません。それには、グローバルメソッドが適していると考えています。我々が重要視しているのは、選手たちがサッカーを理解することです。たくさん走ることでもなく、テクニックだけがすばらしい選手を育てることでもではなく、マークだけが上手な選手を育てることでもありません。サッカーを理解した選手、刻一刻と変わる状況の中で「自分はいまなにをしなければいけないか」を考えることのできる選手を育てることです。
 
試合という、複数の味方と相手がいる状態でうまくプレーすることを学びたいのであれば、トレーニングのときにも複数の味方と相手が必要です。試合と同じ状況でトレーニングをすれば、試合でのプレーはレベルアップするでしょう。グローバルメソッドは、ボールを持っていないときの動きも鍛えることができます。ボールを持っている選手の味方がどう動くかによって、相手チームの動きも決定づけられるからです。グローバルメソッドを用いることで、試合で必要なすべての要素をトレーニングすることができる。我々はそう考えています。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>


【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png

 

joan.JPG

ジョアン・ビラ・ボスチ//
Joan Vila Bosch
FCバルセロナでクライフと共にプレーし、引退後はバルサの下部組織で14年間監督を務めた。現在はバルサのメソッド部門ディレクターとして、下部組織におけるトレーニングの進化・改善、コーチの指導を担う。監督時代はシャビ、プジョルなど現在のバルサの中心選手を育てた。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
日本の育成に向けた提言@thinksoccer『知のサッカー bot』
1
取材・文/鈴木智之、写真/小川博久、取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan 

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. サッカーとは、オーガナイズされていないオーガナイズ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 球際の競り合いで勝てるようになる!ルーズボールを奪う3つのコンタクトスキル
    2016年12月 5日
  2. 投げ出さないように"契約"を結ぶ? バディスポーツ幼稚園の「子どもの"やる気"を引き出す」6つのコツ
    2016年12月 7日
  3. ジュニアユースと学業の両立どうなんだ問題
    2016年12月 9日
  4. バディスポーツ幼稚園に学ぶ「子どもの"積極性"を育む」子育て7つのコツ
    2016年12月 2日
  5. 正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり
    2016年12月 1日
  6. 押し出すインサイドキックはNG?長い距離でも減速しない正確で速いパスの蹴り方
    2016年11月28日
  7. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  8. 『リスペクト宣言』って知ってる⁉ 公式戦で大声や怒声を響かせるのは、もう止めよう
    2016年11月30日
  9. サッカー少年を伸ばす親はなにが優れているのかがわかる記事7選
     
  10. ジャージorピステ 寒い日に用意したいのはどっち!?
    2011年10月16日

一覧へ