1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 周りを「見る」ではなく、「分析しながら観る」ことを学ぶ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法

周りを「見る」ではなく、「分析しながら観る」ことを学ぶ

2012年3月30日

キーワード:スペイントレーニングバルセロナ知のサッカー練習育成

ss0.jpg
 
888A0094.JPG
 
『知のサッカー』でおなじみ、FCバルセロナのメソッド部門責任者をつとめるジョアン・ビラ氏が、日本の育成年代の指導者に『賢い選手を育てるためのトレーニングメソッド』を明かしてくれました。これまでアナリティックメソッド(反復練習)とグローバルメソッド(包括的な練習)について説明してきましたが、今回はグローバルメソッドでトレーニングするポイントについてお話します。
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>
 
 

■「観る」ことは低い年代のうちから学んだ方がよい

グローバルメソッドでトレーニングする際に、大切なポイントが3つあります。子どもたちが、まず何をトレーニングしなければいけないかというと、「ペルセプシオン(認知)」つまり「観る」ことです。ボールだけでなく、仲間がどこにいるのか、相手がどこにいるのか、スペースはどこにあるのか、「観る」ことを学ぶ必要があります。
 
そして次に重要なのが、「状況を把握する」ことです。ただ首を振って周囲の状況を見るのではなく、「どこに味方がいるか」「どこにスペースがあるか」など、「分析しながら観る」ことで、目で見た情報をプレーに結びつけていきます。
 
そして3つ目、周りを分析しながら観た後に、「どんなプレーをするか」を選ぶこと。それが「判断」です。周りの状況をよく見て、ベストなプレーを選ぶことができたら、プレーの実行もうまくいくでしょう。
 
子どものうちに、トレーニングすべき内容はたくさんあります。よく「周りを観ること、分析し、判断することは何歳から行えばいいですか?」と聞かれるのですが、私は「なるべく早いうちがいいですよ」と答えます。なぜなら、サッカーを理解することが、上達の道だからです。
 
ボールを思い通りに扱う技術を身につけることと同じぐらい、よりよい状況把握、よりよい判断をすることも学ぶ必要があるのです。我々が長い時間、グローバルメソッドでトレーニングをする理由もそこにあります。
 
 

■多くの選手がボールを持っているときだけプレーしている

多くの選手がドリブル、パス、シュートをしたあとに、足を止めてしまいます。ボールを持っているときだけプレーしていて、ボールを放した瞬間にプレーが終わってしまうのです。そのような選手はたくさんいます。ボールを受ける前、そして受けたあとに何をしなければいけないかを、グローバルメソッドを通じて身につけることができます。
 
77AL0716.JPG
 
サッカーは動くことだけでなく、どこに立ち、どのような身体の向きを作るかも重要です。ポイントはボールを持っている選手と、自分がパスを出したい相手の両方が観える位置にいること。そして、足は常に動いた状態を保ちます。
 
たとえば「あの選手にパスをしよう」と思っていたところ、相手が寄せてきたので、周りを見て分析した結果、味方にボールを戻すことを選択した選手がいたとします。私はそれを、正しい判断だと評価します。なぜなら、相手にボールを奪われたくないからです。ボールを失わないために、ボールを受ける前に周りをしっかり見て、適切な判断をしたので「いいぞ」と言います。
 
 

■「ボールを失うな!」では、選手は理解できない

パスのテーマでミスをした選手には、「なぜいまミスをしたのか」「なぜボールを失ったのか」と質問をします。賢い選手であれば、「強いパスを出すことができなかったから」や「ボールを受ける前に周りを見なかったから」「身体の向きが正しくなかったから」と答えることでしょう。そのようにディスカッションを通じて問いかけ、考えさせながら解決方法を探していきます。
 
選手がボールを失った際、「ボールを失うな!」と声をかける指導者がいます。しかし、その声かけでは、選手は「なぜボールを失ったのか」を理解することはできません。指導者の役目は、選手たちに「なにを意識してパスをしなければいけないか」を説明することです。そのような問いかけを繰り返すことによって、選手たちは少しずつ学んでいきます。それはパスに限らず、ドリブルであっても、マークを外す動きも同じです。これらを指導し、身につけるには、長い年月が必要です。だからこそ、早いうちからグローバルメソッドでトレーニングすることが重要なのです。
 
 
<< PREV | 記事一覧 | NEXT >>


【PR】サッカー選手が、13歳までに覚えておきたい32のプレーコンセプト

FCバルセロナの選手や世界のトッププロをサポートしてきたスペインの世界的プロ育成集団「サッカーサービス社」が監修したU-13世代の選手向け教材。彼らが分析した「Jリーグ」の試合映像をもとに、選手のサッカーインテリジェンスを磨く32のプレーコンセプトを解説。「知のサッカー[第2巻]」 好評発売中!
※限定2,000名の豪華特典など要チェックの内容です。
 
 
think-soccer-vol2img.png

 

joan.JPG

ジョアン・ビラ・ボスチ//
Joan Vila Bosch
FCバルセロナでクライフと共にプレーし、引退後はバルサの下部組織で14年間監督を務めた。現在はバルサのメソッド部門ディレクターとして、下部組織におけるトレーニングの進化・改善、コーチの指導を担う。監督時代はシャビ、プジョルなど現在のバルサの中心選手を育てた。
 
 
【この記事を読んだ人にはこちらもオススメ!】
日本の育成に向けた提言@thinksoccer『知のサッカー bot』
 
1
取材・文/鈴木智之、写真/小川博久、取材協力/株式会社Amazing Sports Lab Japan 

関連するコラム記事

コラム記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法コンテンツ一覧へ(18件)

コメント

  1. サカイク
  2. 連載
  3. バルセロナ発!賢い選手を育てる指導法
  4. 周りを「見る」ではなく、「分析しながら観る」ことを学ぶ

Facebook でチェック!
Twitter でフォロー!
サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. サッカーがうまくなる一番の方法が、技術指導ではなく人間性を磨くことだと教えてくれる記事7選・その2
     
  2. ほんの些細な工夫で効果UP‼ 全国経験がなくても毎年Jリーガーを輩出する高校が、一対一を対角線でおこなう理由
    2016年6月28日
  3. 「お母さんはいつもぼくたちの味方になってくれた」日本代表MF清武弘嗣の少年時代
    2016年6月23日
  4. 東洋大学サッカー部トレーナーが伝授!捻挫をしたときにつかえる『RICE処置』5つの手順
    2016年6月27日
  5. U-12 ジュニアサッカーワールドチャレンジ 街クラブ選抜セレクション合格者を発表
    2016年6月24日
  6. 東洋大学サッカー部トレーナー直伝!オスグッド病を防ぐ4つのエクササイズ
    2016年6月20日
  7. 國學院久我山高校サッカー部トレーナーの熱中症予防!こまめに冷やしたい3つの部位
    2016年6月29日
  8. 「サッカーを教えていませんか? だから、うまくならないんです」川崎フロンターレ風間八宏監督に学ぶサッカー少年の育て方
    2016年6月14日
  9. 強い相手にも"自分のプレー"を出す秘訣は? 中村憲剛が語る「駆け引き」の重要性
    2016年6月28日
  10. あなたの子どもはできる⁉ サッカー少年が苦手とする3つのドリブルとその練習法とは
    2016年6月17日

一覧へ