1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイクキャンプ
  4. ★締め切りました★【U-10対象】河口湖で開催。サカイクキャンプ2013<夏>のエントリー受付中!

サカイクキャンプ

★締め切りました★【U-10対象】河口湖で開催。サカイクキャンプ2013<夏>のエントリー受付中!

2013年5月17日

キーワード:キャンプサッカースクール

【7/9 募集に関するお知らせ】
定員に達しましたので、募集を締切りました。たくさんのお申し込みありがとうございました![サカイク編集部]
 
 
kawaguchiko2.png
camp1.jpgcamp61.jpgcamp71.jpg
 
 

■「自分で考えなさい」では、子どもの成長は引き出せない

「うちの子は何も考えてないのよ」「しっかり考えてプレーしているのかしら?」そういった親御さんの声をよく聞くことがあります。ですが、子ども達は何も考えていないわけではありません。正しい判断、プレーを行うためには、考えるトレーニングが必要です。子ども達にはその経験がないだけなのです。それは、大人があーしろこーしろと指示をすることでもありません。
 

■全国の仲間、サカイクコーチ達と寝食をともにする充実の3日間

このキャンプは、小学3~4年生を対象に、サッカーにおいて重要な「自分で考え判断する力」を養います。自分たちが意図を持って攻撃と守備をするサッカーにおいて、判断は重要な要素です。正しい判断を行えることがサッカーの上達に繋がります。キャンプでは独自のプログラムや、全国から集まる仲間たち、そしてサカイクコーチたちと寝食をともにしながら、子ども達の考える力を引き出します。
 

■チームでの参加もOK!指導者の方も一緒に学びましょう!

個人参加だけでなく、チーム単位での参加も歓迎します。サカイクキャンプコーチスタッフとともにピッチでコーチングいただき、選手だけでなく指導者・コーチのみなさんにも学んでいただけるキャンプです。また他の参加者との交流を通し、様々な気づきや体験ができます。
 
【こんな人にオススメ!
●ボール扱いに自信はあるが試合で活かせない
●練習では上手くできるが、試合で活躍できない
●監督が指示したプレーはこなせるが、自ら打開できない
●試合中、ついつい監督の顔を見てしまう
●今年こそレベルアップしたいと考えている
●次のカテゴリーでも活躍したい
 
shitsumon.png
 

<<よくある質問>>

Q:一人での参加は多いですか?
ほとんどの参加者が一人での参加です。ご安心ください。
 
Q:初めてのキャンプですが大丈夫ですか?
初めての子も多数参加します。コーチも経験豊富ですので大丈夫です。これまでの参加者からも友達ができたと喜ばれています。
 
Q:親の見学は可能ですか?
はい。グラウンドでご見学可能です。
 
Q:友達との参加で、部屋割りなど配慮してくれますか?
はい。ご希望があれば配慮いたします。
 
 
 

 
sakaikucamp-2013summer2.png
 

■チャレンジしながら「なぜ?」を考える

サカイクキャンプは考えること、チャレンジすることを楽しみます。常にサッカーの試合に近い状況でトレーニングをし、選手が考えながらプレーする環境を提供します。
 
<<自分で考えるとは>>
 ◆まずは疑問に思うこと
 ◆何が良かったから上手くいったのか考える
 ◆何が悪かったから上手くいかなかったのか考える
 ◆どのように修正したら上手くいくのか考える
 ◆(上手くできるようになることで)考える事がくせになる
 ◆(上手くできるようになることで)考える事が楽しくなる

 

camp1 .jpg


tokutyou1.png
 

■“成功体験”を通し「自分で考える力」を身に付ける

単なる反復練習ではなく、状況把握、判断が必要な練習メニューを中心に構成します。さらにASEプログラムなど課題解決型のトレーニングも取り入れることで、考えることによる“成功体験”を通して「自分で考える力」を身に付けます。「できた!」という成功体験を経ることで、選手たちはポジティブに取り組むことができるようになり、キャンプ後もその学びは継続します。
 
●ASEプログラムとは
「社会性育成のための実際体験(Action Socialization Experience)」といいます。Jリーグの各クラブでもチームづくりのトレーニングなどに取り入れられているプログラムで、個人では解決できない課題に対して、組織の力を結集して解決する課題プログラムです。考える力だけでなく、コミュニケーション能力などの社会的スキルも育むことが可能です。

 

camp2.jpgcamp21.jpg


tokutyou2.png
 

■サッカーを理解することで正しい判断を学ぶ

試合において正しく状況を認識し、判断、プレーするためには、どの技術がどの場面で有効なのか? サッカーを理解しておくことが重要となります。U-10年代までに身につけておくべき個人スキルおよび、個人戦術を中心に取り組み、さらによりサッカーを理解するために重要なグループ戦術の基礎についてトレーニングしていきます。
 
【前回のキャンプで行った内容】
●個人戦術:
「1対1の守備」、「パス&コントロール」、「サポート」、「ドリブル」、「マークを外す動き」
●組織戦術:
「チャレンジ&カバー」、「攻撃の幅」、「攻撃の深さ」、「チームの配置」
●座学:
「ロジカルコミュニケーション」
 
※上記はU-12向けに行ったメニューのため若干変更となる可能性があります。
 
【身につくこと】
・自分で考える力
・サッカーに対する理解
・周りの状況を把握する力
・テクニックを正しく使う判断力
・攻守における個人およびグループ戦術の基礎

 

camp10.jpg


tokutyou3.png
 

■振り返りノートで自分の考えを整理する

選手達は指示されたことだけを忠実にこなしていても、考える力は身につきません。自分のプレーがよかったのか、わるかったのかを選手が自ら考えることによって、考える力を養うことができます。そのためにキャンプでは個人の振り返りノートを運用します。流れやテーマを意識することで、より目的をもってチャレンジすることができます。
また、キャンプの全日程が終わった段階で各自に対して担当コーチがコメントをフィードバックします。
 
【保護者へも内容をフィードバック】
さらに、保護者のみなさまへは、当日行ったトレーニングメニューと、ご自宅で実践できる“子どもに考えさせる声のかけ方”についてメールでフィードバックいたします。
 
▼2012年参加者の振り返りノート(今回のトレーニング内容とは異なります)
camp6.JPG
 
camp7.JPG
 
camp8.JPG
 
camp9.JPG
 

tokutyou4.png
 

■“質問”をベースにしたコーチングで、選手の考えを引き出す

サカイクの運営母体である株式会社イースリーが展開する「シンキングサッカースクール」の指導者がコーチングします。サカイクと同じく「自分で考える力が身につく」をテーマにしたスクールで、JFA公認A級コーチU-12、JFA公認C級コーチらが指導にあたります。コーチは選手の意見を認め、質問をベースとした指導法で、選手がチャレンジしやすい環境と選手に考えさせるコーチングを実践します。
 
camp11.jpg
 
suda.jpg
●須田 敏男(ヘッドコーチ)//
・現 職:シンキングサッカースクールコーチ
     千葉県八千代市トレセンスタッフ
     千葉県第5ブロックトレセンスタッフ
・資 格:JFA公認A級ライセンスU-12
     JFA公認キッズリーダーインストラクター
・指導歴:バイヤー04レバークーゼン ユースアカデミーコーチ
     福島県トレセン U-13コーチ
     福島県トレセン U-11チーフコーチ
     福島ユナイテッドFC U-15監督
 
 
 
|ページTOPへ戻る|

 
育成年代で「考える力」を身につける重要性については、
サカイクの記事でも多くの指導者が述べています。
このような取材での蓄積もキャンプの内容に反映しています。
 
 FCバルセロナ スクールコーチ
マルク・サバテ氏
「状況把握や判断については、少しでも早いうちに教えたほうがいいと思います。なぜなら、身につけた技術を繰り出すために、必要な部分だからです。技術だけを切り取って先に教えたとしても、素早く、正しい判断ができないと、せっかくの技術を発揮することが難しくなります」
 
マンチェスター・ユナイテッドFC アカデミーコーチ
ケビン・ウォード氏
「選手にチャレンジをさせる」「考えさせる習慣を早い段階で身につけさせる」ことが重要です。
 
 
|ページTOPへ戻る|
 
title3.png
 

『多くの選手、保護者が変化を実感しています!』

■選手の声(サカイクキャンプ2013春)

「マークを外す動きとか、はじめはできなかったことができるようになりました。今回教えてもらったことをチームに戻っても続けて、もっとうまくなりたいです」
●年田唯人くん

「コントロールやディフェンスの仕方が前よりよくわかるようになりました。ディフェンスでは半身になる大切さを学びました。2日目くらいから友達もできて楽しかったです」
●西田遥翔くん

「プレー中に周りがよく見えるようになりました。仲間の動きとか相手の動きをよく見て、スペースを見つけたり、行きたい方向とは逆に動いて空いてを釣り出す動きが参考になりました」
●加藤龍真くん
 
 

■選手の声(サカイクキャンプ2012夏)

※画像をクリックすると拡大できます。
Questionnaire1.jpgのサムネイル画像Questionnaire2.jpg
Questionnaire3.jpgQuestionnaire4.jpg
camp41.jpg
 

■保護者の声(サカイクキャンプ2012夏)

「『答えを先に言わないで、考えさせながらサッカーをやらせてくれる。最初は難しいかもしれないけれど、慣れれば簡単にできるようになるんだ。ずっとその方が楽しい』と、言っていました」

「どんなプレーを心掛けたのか、自分がどう動くと良いのか、そんな話をたくさんしてくれました。今までは自分だけのプレーが多かった分、これからは周りと上手く連動していく事が大切だと感じたようです」

「とても充実した様子で、帰宅後もキャンプの話をたくさんしてくれました。来年も絶対参加したいと、とても満足した様子でした」

「パスを受けるとき、体の向きを早く整えることや、トラップの方向性、プレスの距離をもっと短くとかが一番本人が納得して心に残ったようです。練習以外の時間の過ごし方など、そこもとても楽しかったようです」

「まず、内容的に考えてサッカーをするということが、とても新鮮だったようです。練習内容も細かく覚えていて、いろいろ話してくれました」

「チームの試合で声が出せるようになった。また、機会があったら参加したい」

「普段教えてもらわない事、初めは理解できなかったけど繰り返しトレーニングしたり解りやすく説明してくれたから2日目3日目のゲームはめっちゃ楽しかった。振り返り学習は正直、面倒くさいと思ったけど自分の良い点悪い点を振り返りそしてその事にについて考える事が出来た。」と言っていました

「初めての環境の中で会うコーチやメンバー、私も本当に大丈夫か心配でした。でもトレーニングの様子を見に行く度に、子供の表情や動きがよく私も安心しました。体は小さいですが、少し成長したように見えました」

「公平に一人の選手を大切に、子供なんだけど対等に接してくれている感じがして安心できました。子どもがのびのび、でも考えながら一生懸命やろう、と思える3日間だったと思います」

「なぜこの練習をするのか、どう活かすのかといった説明をしていただけた事やふりかえりによって子どもの頭にしっかり残していただいた事が良かったと思います」

「コーチとこんな話をしたとか、こういうスタッフの人がこんなサポートをしてくれたという話もたくさん聞かれ、とてもよくしていただいたことがよくわかりました」

「コーチの方々、いろいろお世話になり、有難うございました。お時間がかかったのではないかと思いますが、頂いたフィードバックは子供たちの宝になるのではないかと思います」
 
camp51.jpg
 

▼過去のサカイクキャンプの詳細はこちら

【サカイクキャンプ2013春のレポート】
 
 
【サカイクキャンプ2012夏のレポート】
 
 
 
 
title4.png
2kawaguchiko.png
 

■新宿・横浜・静岡から車で90分、中央自動車道河口湖I.C.から本栖湖方面へ約10分

<キャンプ名称>

サカイクキャンプ2013夏in河口湖
 
<キャンプ日程>
2013年7月13日(土)~15日(月) 3日間
 
<開催・宿泊場所>
富士緑の休暇村/山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
最寄:富士急河口湖駅バス20分、河口湖IC10分
詳しくはこちら>>
※東京駅からの送迎バスも運行予定
 
soccer_image.jpg
▲65mmのロングパイルを全面採用。人工芝の下には緩衝層(スポーツレイヤー)を施してありますので、足への負担も少なく安全にサッカーが楽しめます。
 
<募集定員>
60名
※参加者数・諸事情により中止になる場合があります。
※定員に達したための募集を締切りました。
 
<募集対象>
●小学校3~4年生
※トレーニングには、ある程度のボールを止めて蹴る技術が必要となります。
●チーム単位(指導者の参加含む)での参加も可能です。
 
<コーチスタッフ>
シンキングサッカースクール(株式会社イースリー運営)コーチ
※選手20名以内にコーチ1人の予定
 
<トレーニング参加費>

■国内旅行と同じくらいの費用負担でお子様の大きな成長を期待できます!

43,000円(税込)
※指導者の参加の場合:44,000円(税込)となります。
※サカイクキャンプ経験者・兄弟での参加・チームで参加(5名以上)の場合は上記金額より1人1,000円の割引になります。
 
<参加費内訳>
参加費に含まれるものは以下の通りです
・宿泊代金(2泊)
・食事代金(1日目:夕食 2日目:3食 3日目:朝・昼食)
・スポーツ保険代
・コーチング諸費用(コーチング・グランド使用料・備品等)
・消費税
※現地までの交通費・飲み物代・電話代・昼食は参加費に含まれておりません。
 
<交通>
東京駅から貸切バスの運行を予定しています。
※ご利用の場合には別途費用(往復4,000円)が掛かります。
 
 
|ページTOPへ戻る|

 
<主催/企画・運営>
(株)イースリー
 
サカイクを運営する株式会社イースリーは、考えるチカラをテーマにした中高生サッカー部員向けのフリーペーパー『Spike!』、賢い選手を育てるトレーニングDVD『知のサッカー』、考える力が身につくサッカースクール『シンキングサッカースクール』なども展開しています。これらの事業活動を通し、子どもが自分で考え判断し、自発的に成長できる環境づくりに取り組んでいます。
 
◆中高サッカー部員向けフリーペーパー『考えるチカラを Spike!
◆U-12向けトレーニングDVD『知のサッカー
◆考える力が身につくサッカースクール『シンキングサッカースクール
 
<見学について>
●選手の保護者の方は見学自由です。
●お子様が参加されない方でも、指導者の方は見学が自由です。
 ※指導者の方は当日現場にて受付を済ませていただいた方のみ対象となります。
 ※見学は事前のお申し込み不要です。
 
 
entry.jpg
 

お申込みフォームはコチラ>>

※チーム申込の場合
 
下記必要事項を記入の上、メールにてお申込みください。
 
①代表者氏名
②参加人数(予定)
③ご連絡先
④郵便番号・ご住所  
⑤所属チーム名
 
※詳細はエントリー後、確認させていただきます。
 
<メールの送信先>
●サカイクイベント事務局:info@sakaiku.jp
※件名は変えずに送信ください。
 
◆申し込み後、事務局より、エントリー確認メールをお送りいたします。メールが届きましたら申込金10,000円をお振込みください。(2週間以内)
※3営業日以内に返信がない場合は、申し込みが完了していない場合がありますので、必ず事務局へご確認ください。
 
【指定銀行口座】
三井住友銀行 銀座支店
普通7779191 ㈱イースリー
 
 
attention.jpg
 

■1.キャンセルについて

キャンセル規定:キャンセル料金は15~2日前:10%、前日:50%、当日及び不泊:100%
 

■2.申込金のお振込み〆切について

事務局からのエントリー確認メール到着後、2週間以内に申込金10,000円をお振込みください。
 

■3.個人情報の取り扱いについて

申込書類などに記載いただく個人情報は、株式会社イースリーが管理し、頂いた個人情報をキャンプへのお申し込み受付とそのご連絡の場合に限り利用することとし、他の目的に利用する場合は別途お客様の承認に基づき利用するものとします。
 
 
madoguchi.jpg
 
<主催/企画・運営>
(株)イースリー 担当:細川
サカイクイベント
〒102-0074 東京都千代田区九段南 4-6-10 GSK九段ビル6階
TEL:03-5210-1221  FAX:03-5210-1222
 
【営業日・営業時間】 土・日・祝祭日を除く平日 10:00~18:00
1

関連記事

関連記事一覧へ

サカイクキャンプコンテンツ一覧へ(36件)

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクリアル
  3. サカイクキャンプ
  4. ★締め切りました★【U-10対象】河口湖で開催。サカイクキャンプ2013<夏>のエントリー受付中!

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  5. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日
  10. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日

一覧へ