1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 練習メニュー
  4. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
サカイクまとめ
サカイクまとめ

足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ

サカイクまとめキーワード:スピードアップトレーニング足が速くなる速く走る

足の速さは遺伝がすべてじゃない! サッカーで速く走るコツ

親ならば誰でも、子どもの運動神経について考えたことがあるのではないでしょうか。

サッカーや学校の体育、運動会など走る機会が多い子どもたちは「もっと足が速くなりたいな」と思っていたりするのです。

「でも、運動神経は遺伝でしょ」と思っている親御さんも多いかもしれませんが、身体の使い方などを正すことで今よりスピードアップをすることは可能です。

正しい姿勢や速く走るためのコツを学んで、お子さんに教えてあげてはいかがでしょうか。

最先端の技術で検証!サッカーで速く走るコツ

matome0516_speedup08.JPG
 
『タニラダー』でおなじみ、ヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さん。谷さんが所属するヴァンフォーレ甲府のアカデミーの選手たちが、谷さんのメソッドを検証する取り組みを行いました。
 
スピードやアジリティを高めるためのトレーニング器具である、『タニラダー』の成果はどのぐらい出ているのでしょうか?最先端の器具を使い、測定したレポートをお届けします。
 
まずは何も意識せずにダッシュを行います。次に、ラインを越えて戻ってくるときに”ひざをロックする”ことを意識して、ダッシュをします。タニラダーメソッドのポイントとなる、ひざをロックするか、しないかで、どれだけスピードに差があるのでしょうか?

この記事を読む

足の速さは親の遺伝が全てじゃない!

matome0516_speedup02.jpg
 
どうすれば、速く走ることができるのだろう? どうすれば、速く動くことができるのかな? 「スピード」に関する悩みや疑問は、サッカーをしている人であればだれでも持つもの。
 
ヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチであり、スピードアップトレーニング「タニラダー」でおなじみ谷真一郎さんに、タニラダーを使って小中学生にスピードアップのクリニックを行ってもらいました。
 
およそ1時間程度のトレーニングで、子どもたちの身体の使い方は変わり、動きの速さがアップしました。果たしてタニラダーを使って、どのようなトレーニングをしたのでしょうか? 谷さんによるラダートレーニング実演の様子を映像も交えながらご紹介します。
 

この記事を読む

世界陸上メダリストの為末さん、速く走る方法を教えて!

matome0516_speedup03.jpg
 
「早く走る」このフレーズは魅力的ですよね。もちろんサッカーでも「スピード」は最大の武器。
 
400mハードルで世界陸上銅メダル、3大会連続の五輪出場という輝かしい実績を持つ“侍ハードラー”為末大さんに「早く走る方法」をお聞きしました。理論派で知られる為末さんが教える、簡単なポイントとは?
 
体重を乗せるポイントなど、体の使い方を学んでスピードアップを目指しましょう。
 

この記事を読む

足の運び方と腕の振りで「速く走る」 世界陸上のメダリスト、為末大さんに聞く

matome0516_speedup04.jpg
 
400mハードルで世界陸上銅メダル、3大会連続の五輪出場という輝かしい実績を持つ“侍ハードラー”為末大さんに聞く「早く走る方法」。
 
足の動かし方、上半身の使い方を意識してスピードアップする方法を教えていただきました。
 
「腕を大きく振ることで身体を効率よく前に進めることができます。このとき気をつけたいのが正面から見て、左右にブレたりしないで、まっすぐに腕を振ること。横に腕を振ると身体がねじれてしまい、前に進む力が逃げてしまいます」
 

この記事を読む

上半身をうまく使ってサッカーに活かす!

matome0516_speedup05.jpg
 
「サッカーは考えながら走るものだ」元日本代表監督、イビチャ・オシムさんはこう言いました。サッカーはボールを持っていても、いなくても「走る」が全体の多くの割合を占めるスポーツです。  どうしたら速く走れるようになるか? これは、駆けっこや運動会、マラソン大会などで足の速さを競う機会の多い子どもたちにとっても大きなテーマです。
 
今回はサッカーに必要な中・長距離に焦点を当てて「マラソンは上半身が9割」というタイトルの書籍の著者、細野史晃さんに「誰でも足が速くなる方法」についてお聞きしました。
 
足が速くなるだけでなく、どうしたらサッカーの試合でそれを活かせるのか? も重要! 今回はお父さん、お母さんと一緒にフォームをチェックする方法や、遊びながら正しい姿勢、ランニングフォームを身につける練習法も紹介します。
 

この記事を読む

すぐに、誰でも、簡単に! 速く走るために大切な3つのポイント

matome0516_speedup06.jpg
 
体育の授業、運動会、クラブ活動と何かと競走する機会の多い50メートル走。
 
「少しでもいいから速く走れるようになりたいなあ」そんなふうに思っている子どもたちは少なくないのです。
 
50メートル走というのは距離が短いだけあって、ちょっとしたコツを掴めば案外簡単に秒数を縮めることができます。
 
日本体育協会のホームページで「速く走るためのポイント」を紹介している宇都宮大学のスポーツ科学の加藤謙一先生に50メートル走を速く走るための3つのコツを教えてもらいました。
 

この記事を読む

運動オンチはいない!運動神経はトレーニングで改善する

matome0516_speedup07.jpg
 
「生まれつき“運動オンチ”な子どもはいません。子どもの運動神経は、彼らのパーソナルトレーナーとも言える親次第で良くも悪くもなります」
 
そう断言するのは、卓球の福原愛選手やテニスのクルム伊達公子などのトップアスリートから市井の人々に至るまでを、フィジカルとメンタルの両面からサポートする中野ジェームズ修一さん。
 
親ならば誰でも、子どもの運動神経について考えたことがあるのではないでしょうか。かけっこで友だちから出遅れるわが子を見て「親である自分の運動神経が悪いのだから仕方ない」と思ってしまうケースも少なくないと言います。そんな「運動神経は生まれ持ったもの」という親の思い込みに、中野さんは苦言を呈します。
 

この記事を読む

 

 

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

コメント

  1. サカイク
  2. サカイクまとめ
  3. 練習メニュー
  4. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ