1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 最先端の技術で検証!サッカーで速く走るコツ

運動能力

最先端の技術で検証!サッカーで速く走るコツ

2015年4月 8日

キーワード:スピードトレーニンフィジカル運動神経

タニラダー』でおなじみ、ヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さん。谷さんが所属するヴァンフォーレ甲府のアカデミーの選手たちが、株式会社スポレングス協力のもと、谷さんのメソッドを検証する取り組みを行いました。
スピードやアジリティを高めるためのトレーニング器具である、『タニラダー』の成果はどのぐらい出ているのでしょうか?最先端の器具を使い、測定したレポートをお届けします。
 
谷コーチが語るジュニア期の身体づくりに大切なこととは?>>
 
この日測定したのは、短距離のスプリントです。U-18とU-12の選手が参加して、2m往復ダッシュの測定を行いました。わずか2mの距離をダッシュし、目印のラインを越えて戻ってくるという動きを行います。まずは何も意識せずにダッシュを行います。次に、ラインを越えて戻ってくるときに”ひざをロックする”ことを意識して、ダッシュをします。タニラダーメソッドのポイントとなる、ひざをロックするか、しないかで、どれだけスピードに差があるのでしょうか? それを測定するのが、今回の狙いです。
 
taniladder_image_otehon.JPG
○:ひざをロックした状態  ×:ひざをロックしない状態
 
測定に入る前に、なぜ距離が2mなのか、谷さんが説明してくれました。
 
「先ほど10mのスプリントを計測したのですが、ひざをロックする部分以外が、タイムに影響することがわかりました。走るフォームであったり、走りの技術でタイムに差が出るので、そうならないために距離を2mと短く設定しました」
 
2mは大人が大股で2歩ほどの距離です。選手たちはダッシュをしたらすぐにラインに差し掛かります。最初は「前方ダッシュ」。前方へ出ていき、ラインを越えたら、そのままの姿勢で背走します。次に「後方ダッシュ」。後方へ背走で走り、ラインを越えたら姿勢は崩さずに、前方へダッシュします。前方ダッシュと後方ダッシュそれぞれで、ひざをロックした状態とロックしない状態の2本ずつ測定します。
 
taniladder_image_patern.jpg
左:前方へダッシュして、後ろ向きにもどる
右:後ろ向きでダッシュして、前方にもどる
 
谷さんが選手たちにポイントを説明します。
 
「1本目のダッシュでラインを越えるときは、足のつま先をラインに垂直に向けてみよう(ひざをロックしない)。2本目は、ラインを越える方のひざをロックした状態で地面に着いてみよう。それと、拇指球に重心が乗る感覚も意識しようね」
 
実際に、選手たちが2mダッシュにチャレンジしていきます。その様子を見ていると、足のつま先をラインに垂直に向けて走る場合、ひざに重心がかかって潰れた状態になり、スピードが上がりません。逆にひざをロックした状態で走ると、ひざが潰れないので地面を力強く蹴ることができ、ダッシュのスピードも速いように見えます。さらには、ひざをロックしない場合、地面に足をとられて滑ってしまう選手も続出。後ろに重心がかかってしまうため、バランスが崩れやすくなっているのです。
taniladder_image_miss.JPG
ひざをロックしない状態だと、滑ってバランスが崩れてしまう
 
とはいえ、U-12の大半の選手たちはひざをロックした走り方が身についていて、スムーズに足を踏み変えてダッシュしています。なぜ、彼らはうまく走ることができているのでしょうか?谷さんは言います。
 
「U-12の選手たちは、ひざをロックするタニラダーのトレーニングを取り入れて、日々、この動きを身につけるトレーニングをしています。ゴールデンエイジと呼ばれる、神経系統が急激に伸びる時期に動きの基礎づくりをしているので、スムーズに足を運ぶことができていますよね」
 
taniladder_image_lock01.JPG
ひざをしっかりロックして地面を蹴る
 
おもしろい現象がありました。測定時は良い走り方(ひざをロックする)と悪い走り方(ラインに対してつま先を垂直に向ける)の2パターンを行ったのですが、U-12の選手はタニラダーのトレーニングで習得した良い走り方が身についているので、悪い走り方がうまくできない子がたくさんいました。つまり、一度身についた身体の動かし方は、簡単には消し去ることができないのです。言い換えると、一度、良い身体の動かし方を身に付ければ、成長とともにうまく身体を使うことができますが、悪い身体の動かし方を身につけると、矯正するのはむずかしいのです。
 
測定の結果、良い走り方(ひざをロックする)と悪い走り方(ラインに対してつま先を垂直に向ける)の差は大きく開き、なかには2mで0.5秒も速くなる選手がいました。谷さんはこの結果について、こう語ります。
 
「ひざをロックして地面を蹴ると速く走れるというのが、数値ではっきりと出ました。ひざをロックしない状態で走ってバランスを崩して、足を滑らせている選手がいましたが、これと同じことが実際の試合で起きています。U-12年代で正しい走り方、身体の使い方を身につけさえすれば、相手に速く寄せに行くことも、すばやく進行方向を替えてスピードに乗ることもできます。これをゴールデンエイジの年代でいかにして身に付けるか。それが、その選手の将来の伸びに直結すると思います」
 
タイムを見ると、谷さんのメソッドでトレーニングを続けていたU-12の選手たちが、スピードアップの面で成長した姿を見て取ることができました。ジュニア年代で正しい身体の使い方を身につけることは、その先の選手としての成長に大きく影響していきます。数字の面からも、その有効性が再確認できた測定会でした。
 
【こちらの記事もおすすめ】
・足の速さは親の遺伝が全てじゃない!ラダーを使ってスピードアップしよう 【谷コーチの解説動画レポート】
・知っておきたい!スピードを上げるためのトレーニングのバランスと身体の使い方
・いつ、どこへ、どれくらいのスピードで?サッカーで求められる理想の「走り」とは
・ジュニア年代の正しいフィジカル・コンディショニング論
 

ひざをロックする方法など、足が速くなるトレーニングが満載!>>ladder2.pngのサムネイル画像

prof-tani.jpg
谷真一郎(たにしんいちろう)//
愛知県立西春高校から筑波大学に進学し、蹴球部に在籍。在学中に日本代表へ招集される。同大学卒業後は柏レイソル(日立製作所本社サッカー部)へ入団し、1995年までプレー。 引退後は柏レイソルの下部組織で指導を行いながら、筑波大学大学院にてコーチ学を専攻する。その後、フィジカルコーチとして、柏レイソル、ベガルタ仙台、横浜FCに所属し、2010年よりヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチを務める。 
 

今すぐできる!足が速くなる練習法
「5人の専門家が教える足が速くなるコツ」を無料配信!

サカイクに掲載された記事の中から、世界陸上メダリスト為末大さんをはじめ、5人のプロアスリートやトレーナーが教える足が速くなるコツをメルマガで配信!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

1
取材・文 鈴木智之  写真 サカイク編集部

関連記事

関連記事一覧へ

運動能力コンテンツ一覧へ(91件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. 運動能力
  4. 最先端の技術で検証!サッカーで速く走るコツ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 熱心なあまり子どもたちにダメ出し、試合で指示する保護者をどうしたらいいか?
    2017年5月22日
  2. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日
  3. 厳しい父親と膝痛に苦しむ息子をどうすればいいの問題
    2017年5月24日
  4. 【動画1】大人は消える、失敗させる ― 池上正さんの「魔法のコーチング」を動画で紹介
    2017年5月23日
  5. 過去には中井卓大くんも参加! レアルのカンテラコーチに直接指導を受けられるチャレンジキャンプを開催
    2017年5月23日
  6. お家で簡単!! 足が速くなる方法(1/3)
    2011年6月23日
  7. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  8. 「伸ばしたいから離れる」方法がわかる!子どもを伸ばす「魔法のコーチング」とは?
    2017年5月24日
  9. 自分で考えるサッカーを身につけさせるために参考にしたい記事5選
     
  10. 足の速さは遺伝がすべてじゃない! 子どもに教えたいサッカーで速く走るコツ
     

一覧へ