1. トップ
  2. サカイクまとめ
  3. 練習メニュー
  4. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
サカイクまとめ
サカイクまとめ

【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!

サカイクまとめキーワード:ふくらはぎスピードアップ親子でチャレンジ足が速くなる足裏速く走る

スピードアップのために... 親子でできる様々なアプローチ

足が速い=サッカーが上手い わけではありませんが、もう少し速く走れたらボールに追いつけたのに......もっと動きのキレがアップするといいのにな、と願うのは親としてよくある事ですよね。
 
 
今回はスピードアップのためにできる様々なアプローチをご紹介します。
 
ちょっとしたスペースがあればできるトレーニングもありますのでぜひ休日や夏休みに親子でチャレンジしてみてください。
 

裸足が効く? 足裏を鍛えてスピードとキック力をアップ

matome0623_01.jpg
突然ですが、裸足で地面を歩くことってありますか? 靴を履く生活が当たり前になり、裸足で過ごす時間がどんどん少なくなっています。
実は近年の研究で、裸足が身体にいいということがわかってきたそうです。
何となく気持ちが良くて、開放感がある裸足。ブラジルの選手が子どもの頃、ビーチやストリートで裸足でサッカーをするというのも、実は足裏の神経を刺激していて、あの超絶ドリブルテクニックに役立っているのかもしれません。
日本スポーツ&ボディ・マイスター協会のインストラクター、Yoshiさんは「実際に、靴を履いて走るよりも裸足で走った方が速く走れるという実証結果もあります。靴に頼らず、足の効率的な動かし方を学ぶ観点から、サッカーをプレーしている子どもたちにもぜひ裸足で運動をしてほしいですね」と言います。

この記事を読む

スピードは身体の使い方で変わる!

matome0623_02.jpg
「もっと足が速くなりたい」「動きのキレをアップさせたい!」。そう強く願うプレーヤーの要望にお応えし、サカイクは『タニラダー』講習会を実施しています。
トレーニングではサッカーの試合で頻繁におこなわれる「前方へのダッシュ」の素早い動きを体験していきます。
前へのダッシュをする時のコツは『ひざをロックする』こと。
具体的な方法は講習会のイベントレポートにてお確かめください。

この記事を読む

正確に止めて蹴るプレーが速さにつながる!その秘訣は「軸足」と「姿勢」にあり

matome0623_03.png
女子選手は前十字靭帯断裂などのケガが男子に比べて多い―
サッカーに必要なボールを「止めて、蹴る」プレー。上手な選手は正確に、意図したところにピタッとボールを止め、素早く無駄のない動作でボールを蹴ります。では素早く、正確にボールを止めて蹴るためには、どのような練習をすればいいのでしょうか?ヴァンフォーレ甲府のフィジカル・コンディショニングコーチの谷真一郎さんに「ボールを正確に止めて、素早く蹴るコツ」を教えてもらいました。アドバイスを参考に、ぜひ実践してみてください。
サッカーの練習でよくあるのが、2人1組での対面パスや3人1組で三角形の形を作り、右回り、左回りでボールを止めて蹴る練習です。いわゆる「パス&コントロール」と呼ばれる練習の一種ですが、素早く正確にボールを止めてキック動作へ移るためには「安定した身体の状態を保つこと」がポイントになります。

この記事を読む

ふくらはぎが疲れやすいのは走り方に問題あり!?

matome0623_04.jpg
中高生のサッカー部員向けフリーマガジン「Spike!」に寄せられた質問の中から、「練習後ふくらはぎの筋肉が一番疲れる。ふくらはぎを使わずにハムストリングを使うには?」というご質問を紹介します。
ふくらはぎの筋肉の役割は足首を伸展させること。ふくらはぎの筋肉が疲れやすいということは過剰に足首を伸展させようとしている可能性があります。足首を過剰に伸展させるということは、走ったり、方向を変えたりする時に「地面を蹴って」進もうとし過ぎているという事です。足を地面に接地した時に足首が屈曲して動きにタメができてしまわないように、足首を固定するためにふくらはぎの筋肉を使います。
ふくらはぎの疲労感を軽くするための走り方を身につけるために意識したいこととは?。

この記事を読む

足が速くなる!アキレス腱の伸縮を使いこなすトレーニング

matome0623_05.jpg
「高くジャンプをするためのコツを掴むと、自然と足が速くなるなど、さまざまなメリットがあります」そう話すのは、現在、アスリートタレントやモデルとしてテレビなどでも活躍する秋本真吾さんです。
「踵を少し浮かせてジャンプをする態勢をとると、ふくらはぎの筋肉(腓腹筋とヒラメ筋など)が硬くなるのがわかると思います。このときにアキレス腱はふくらはぎの筋肉に引っ張られて伸びきった状態になり、次にジャンプをしたときに縮みます。このアキレス腱が伸縮する弾性エネルギーが跳躍力アップを可能にするのです」つまり、走るときにもこのアキレス腱の伸び縮みのエネルギーを生かせばよいのです。この走り方を習慣化するために秋本さんがおススメするトレーニングをご覧ください

この記事を読む

 

【参加者募集】
サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
今回のサカイクキャンプでは協賛のumbro様によるシューズの試し履きも予定しております。
以前ご参加頂いた選手はもちろん、初めて参加の選手も大歓迎!
皆様のお申し込みお待ちしております!!
 
キャンプの詳細は下記にてご確認ください。
サカイクキャンプ2017夏 supported by umbro
 
 
 
サッカー少年の子育てに役立つ最新記事が届く!サカイクメルマガに登録しよう!

※メールアドレスを入力して「登録」ボタンをクリックしてください。

メールアドレス

コメント

  1. トップ
  2. サカイクまとめ
  3. 練習メニュー
  4. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!