1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 俊足の元J2得点王直伝!点取り屋を育てる"4つのステップ"

テクニック

俊足の元J2得点王直伝!点取り屋を育てる"4つのステップ"

2015年10月 9日

キーワード:ストライカーヴァンフォーレ甲府動画長谷川太郎

3月からストライカーに特化したスクールを開校した元J2得点王の長谷川太郎さん。3~6年生を対象に指導し、2030年のワールドカップで得点王に輝ける選手を育てることを目標に、自身が得たゴールを決めるコツを惜しみなく伝えています。まずは前回記事にも掲載したこちらの動画をご覧ください。

 

 

シュートを打つにしても、肩の向きを変えるだけでキーパーは右か左、どちらにシュートが飛んでくるか予測することが難しくなります。長谷川さんのスクールでは、このように彼自身がJリーグを戦いながら獲得してきた点をとるための方法を教えてくれます。
 
今回は点をとるためのステップの重要性を強く説いています。(取材・文 木之下 潤 写真サカイク編集部)
 
IMG_3718_s.jpg
 

■FWはトップスピードでのプレーが求められる

――FWは局面での1対1が多いので、アジリティやフィジカルの強さを持ち合わせていた方が有利ですよね?
 
長谷川 そうですね。FWはペナルティエリア内の狭いスペースと短い時間の中でいろんな動きをすることが求められます。私は柏レイソルユース育ちですが、そこで現在、ヴァンフォーレ甲府のフィジカルコーチとして活躍されている谷真一郎さんにラダーをつかったさまざまなステップを指導してもらいました。
 
――日本人選手の長所はよくアジリティだと言います。谷コーチは独自の理論をお持ちです。
 
長谷川 最近は、サッカーの動きに適したラダーとして自ら考案・開発した『タニラダー』でたくさんのジュニア年代の選手たちにも教えられています。他との違いは、マス目が4つしかないことです。ここに試合で必要なステップが凝縮されていると思っています。例えば、シュートは最後に踏み込む直前、歩幅が大きくなります。だいたい1〜1.5mほどだと思いますが、その直前に4歩ぐらい使って歩幅調整を行っているはずです。ほかにも、体の向きを変えたり、視野を確保するために4歩ぐらいで細かなステップを踏んでいます。このようにサッカーは、何歩もかけてステップを踏んでいられないのが現実です。
 
――そういわれたら4歩という少ない歩数で集中的にステップを踏むのは理にかなっています。
 
長谷川 ステップのトレーニングで重要なことは、反復練習によってステップの踏み方を習得するのもそうですが、『体をどう使えば、次の動作に素早く移ってうまく流れられるか』という意識なんです。意識をしなければ、自分なりのステップはこうだという『気づき』につながりません。
 
通常のラダーはマス目が多く、すべてのマスで体に意識を集中させることは難しい。FWが点を奪うときはトップスピードでのプレー、そしてシュートです。だから、長くやるよりは短いものでトレーニングを行った方が筋肉の使い方や筋肉の変化を自分なりで理解しやすい。
 
 

■タニラダーは使い方次第でサッカーの実戦仕様になる

 
――長谷川さんも実際に『タニラダー』を取り入れられています。単純にステップを踏む際、どんなところを意識するように指導しているのですか?
 
長谷川 ステップだけで言えば、谷さんと同じ『パワーポジション』です。地面から跳ね返ってくる力を感じることが素早くプレーしたり、守備として素早く相手に対応したりすることにつながります。跳ね返りの力が次への動作の動力になるから、その最大値をどうすれば体で受け止めて次につなげられるかが大切なのです。
 
具体的に言えば、足先の向きです。外側に向きすぎると、跳ね返りの力を体全体に伝えてくれる膝にクッション性がなくなって力が半減します。つま先の向きは進行方向に対して45度。それが跳ね返りの力を最大限に次への動作に利用できるポジションです。
 
――つま先の向きまで……、そこまで細かく追求しているんですね。
 
長谷川 単純に反復練習だけでは筋トレと変わりません。高い意識を持ってトレーニングをすることが大事です。だから、集中力の持続という点においても4マスはリアリティがあります。子どもたちはタニラダーをやるとみるみるステップがうまくなります。おそらく脳からの動作信号が体に伝わり、つながっていくのを体感しているんです。そこに気づくとどんどん早くなります。
 
私は体幹で有名な木場克己さんのチューブトレーニングも取り入れています。あのチューブも体のどの部分にどう効いているのかを意識できなければ、意味がありません。シュートも含めてコツをつかむには『気づき』が必要です。それは意識を集中していなければ見落としてしまいます。
 
――なるほど。では、どのようにあのラダーを活用しているのでしょうか。
 
長谷川 ステップを習得するトレーニングだけではなく、ゲーム感覚で楽しくシュートを決めるトレーニングにも使っています。例えば、FWとGKにわけ、ラダーをやった後にそれぞれのポジションにつき、ゴールを決める練習です。これはFWにとっては素早くシュートを打つ練習にもなりますし、GWの状態を素早く把握する練習にもなります。当然、自分がステップを早くすれば、GKがいない状態でシュートを打つことも可能です。GKにとってはステップが遅れたら瞬間的な反応速度が鍛えられるでしょうし、FWよりも早くステップが終えられたら優位な状況で駆け引きもできるかもしれません。
 
ステップのスピードを上げることを目的に考えられたものですが、使用者次第でサッカーの実戦にも応用できます。思い出深いのは、ある日、谷さんがラダーを設置した場所に水をまき始めたんです。滑りますよね? でも、サッカーは雨の日も試合があるから実戦と同じ状況なのです。
 
2001年に日本代表がアウェーでフランス代表と戦い、5対0で敗れた試合があったと思います。あれも雨が降ってピッチがぬかるんだ状態でした。日本の選手は口々に自分たちは滑ってうまくボールを扱ったり、プレーできなかったと発言していた一方で、フランスの選手たちは足を滑らせたり、体勢を崩さなかったと語っていました。これは一例ですが、実戦として使えるコーディネーション能力を養ってほしいので、私も工夫して『シュート×タニラダー』のトレーニングを考えています。
 
 
次ページ:タニラダーをつかったステップ練習とは
 

【PR】
tre2030logo.png 長谷川太郎さんがゴールの取り方を教えるスクール!! プライベートレッスンや出張レッスンなどでは年齢問わず需要に応えています。 http://tre2030.com/
 

●おすすめ商品●

シュート練習にも使える!タニラダー

tani_banner300x300_02.jpg

走り・ひねり・ジャンプなど、様々なステップを取り入れたスピードアップトレーニング。わかりやすい解説テキストとDVD付きで、正しいステップがしっかり身につきます。短いラダーを使うから、ご自宅での自主練にもピッタリ!

タニラダー>>
サカイク運営スタッフがセレクトしたアイテムが揃う!
E-3ショップ
サカイク、COACH UNITED、Spike!などの取材を通じて得たノウハウから、厳選した商品だけをセレクト。ここにしかないオリジナル商品を中心に、サッカー選手とコーチに本当に必要な商品だけをセレクトして取り扱っております。

今すぐできる!足が速くなる練習法
「5人の専門家が教える足が速くなるコツ」を無料配信!

サカイクに掲載された記事の中から、世界陸上メダリスト為末大さんをはじめ、5人のプロアスリートやトレーナーが教える足が速くなるコツをメルマガで配信!

※メールアドレスを入力して「メルマガに登録する」ボタンをクリックしてください。

※このメール配信はいつでも簡単に解除することが可能です。

 
1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 俊足の元J2得点王直伝!点取り屋を育てる"4つのステップ"

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 動画で解説!なぜバルセロナの選手は、ボールを失ってもすぐに奪い返せるのか?
    2017年2月13日
  2. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  3. 男子による女子への集団いじめをどうするか問題
    2017年2月15日
  4. 動画で解説!相手の攻撃を前進させないためにバルセロナの選手が行っていること
    2017年2月16日
  5. 【東京/福岡/広島/鹿児島/千葉/埼玉】足の速さに自信がつく『タニラダー講習会』
    2017年2月14日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 『遊び』を通してサッカーに必要なスキルを身につける!子どもが楽しんで取り組めるトレーニングまとめ
     
  8. あなたが"つい"差し伸べた手が、子どもの成長を止めている
    2015年2月18日
  9. ウチの中でも簡単にできる!こっそりサッカー自主トレーニング
    2012年6月26日
  10. 親子でサッカーを楽しもう!サカイク親子キャンプ開催
    2017年1月16日

一覧へ