1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 世界最高のパサー、シャビが教える!良質なパスを送る3つのコツ

テクニック

世界最高のパサー、シャビが教える!良質なパスを送る3つのコツ

2014年10月 9日

キーワード:スペインパス

国際大会で何度も優勝を経験してきたFCバルセロナのシャビ。ピッチ上で彼が表現するパスサッカーは、国境を越えて数えきれないほど多くのファンを魅了してきました。W杯やリーガ・エスパニョーラ、チャンピオンズリーグといった数々のタイトルを獲得してきたシャビが、最高の幸福を味わったと満足げに語るのは、オーストリア・スイス共催で2008年に開催された欧州選手権(EURO)です。バルセロナのパスサッカー、ティキタカ(テンポの良いパス回し)の申し子とまで言われてきたシャビは、その欧州選手権で勝利した理由に、中盤でボールをうまく回せていたことを挙げます。セスク・ファブレガス、イニエスタ、ダヴィド・シルバ、マルコス・セナ…。こうした中盤の選手は全員がうまくボールをコントロールし、完璧なパス交換をしたとシャビは言います。彼らのような世界最高峰の選手に近づき、ハイレベルなプレーができるようになるためには、どのような技術が必要になってくるのでしょうか。『UEFA.com』の動画で語るシャビのインタビューから探っていきましょう。(翻訳・文/永田到)
 
xavi01.JPG
引用元:UEFA.com
 
 

■良いパスを出すためには、ボールの受け方が大切

まずは「対戦相手のことを自分の意識から取っ払って、ボールをうまく扱えるようにメンタル面を整えること」が前提というシャビは、ボールの受け方には2種類あると言います。
 
「ひとつはプレーがしっかりできるようボールを適切な位置にもってくること、それから、もうひとつはボールを完全にストップさせることです。身体をうまく使って、胸を使うにせよ膝を使うにせよ、身体を正しい位置にもってくる必要があります」
 
ボールを受ける時のコントロール方法も、シャビは2種類あると言います。「ひとつは足の内側、つまりインサイドやインステップでボールを受けとめることです。ボールを受けたあと、相手にすぐボールを返すときはこの受け方をします。もう1つは角度をつけたボールの受け方です。ボールを止めきらずに受け流すことで、相手選手との間に距離を取ることができます。足元を見ずに前を向いていれば、自分の行きたい方向にそのままボールを運んでいくことができます」
 

■ボールを奪われないコツは、相手の動きを把握すること

また、シャビはボールを受ける時に、ボールを敵から奪われないように「どの方向から相手が向かってきているのか」を把握することが重要だと語ります。それによって受けたボールをインサイドとアウトサイドのどちらに流して次のプレーに移っていくのか、適切に判断できるようになるからです。
 
みなさんは練習中に、静止した状態でボールを受けることはできても、試合中に動きながらプレーするようになった途端、うまくボールを受けられなくなった経験はありませんか? このことについては、「ボールを受けるときに(うまくプレーできるように)いったん自分自身を勇気づけるといい」と言います。そして一度コツをつかむことができれば、それから先は相手を寄せつけないようなプレーができるようになる、というのがシャビの持論です。
 
では、そうしたプレーがある程度できるようになり、うまく ボールを保持できるようになったら、次はどのようなステップに進むべきなのでしょうか。シャビはこの点について、「ボールが自分のコントロール下にあるときは、味方に対してどういうパスでボールを渡すのかを考えていかなければなりません」といいます。
 
「ここからのプレーには、さまざまな可能性が生まれてきます。リスクのないシンプルなパスを送る選択もあります。しかし時にはリスクを取って、敵陣深くにパスを送り込むチャンスを見つけていかなければなりません。そこからピッチ中央にパスを送り込むのか、それともサイドに送るのかを考えていく必要があります。一言にパスといっても、何通りもの方法があるのです」
 

■受け手の特徴に合わせてパスを考える

xavi02.jpg
写真 Gerard Reyes
 
「ボールの受け手によってもパスを使い分けましょう。つねにね。たとえば、もし相手がアンドレス・イニエスタやダビド・シルバだったとしたら、彼らは足元にパスを受けるのを好みます。しかし、フェルナンド・トーレスなら敵陣に深く切り込むパスを好みます」
 
つまり、誰にパスを送るのか、そして、その相手はどのようなパスを好むのかということを、パスの出し手がしっかりと意識しなければいけません。シャビはさらに、そのパスの目的が何であるか、明確化しておくことの重要性も述べています。
 
「つまり敵陣に深く突き刺すべきか、それともボールを保持するべきかを考えてプレーしなければなりません」
 
バルセロナの選手の華々しいプレーを見て、「バルセロナの選手のプレーはうますぎて参考にならない」と思うかもしれませんが、シャビが挙げてくれたポイントは、小学生でも意識すればできる基本的な内容です。彼が挙げたポイントをひとつずつ押さえていけば、これまでと一味違うプレーができるようになるかもしれません。
 
 
 
FCバルセロナの元コーチが解説!
シャビやイニエスタのような頭の良い選手になる練習法
think2.png
 
スペインで実践される「状況把握(認知)」「判断」の指導法
think1.jpg
 
 

 

1
翻訳・文/永田到

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 世界最高のパサー、シャビが教える!良質なパスを送る3つのコツ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 【速く走るための参考にしたい記事】ふくらはぎやアキレス腱の使い方をマスターしてスピードアップ!
     
  2. ボールを奪うための準備が課題の子どもたち 相手にボールが渡る前の動きをどう指導すればいい?
    2017年6月23日
  3. 新しいクラブで試合に出られない プレーが消極的な息子をどう支えたらいいの問題
    2017年6月22日
  4. 試合を想定した練習で止める、蹴る、運ぶなど個人技術を磨く! ブラジル名門クラブの「パス&コントロール」トレーニング
    2017年6月16日
  5. 「運動中は水飲むな」は昔の話! 現役時代とこんなに違う、お父さんコーチに知ってほしいサッカー今昔物語
    2017年6月20日
  6. 【必見】毎日コツコツうまくなるサッカー自主トレーニングメニュー
    2012年6月26日
  7. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  8. 次のプレーを考えず、ボールが来るととりあえず蹴ってしまう子どもたち。プレーの判断をどう指導したらいい?
    2017年6月16日
  9. しつもんが尋問になってない? 子供の考える力を促す「聞き方」のコツとは...
     
  10. 1対1に自信がつく! ディフェンスで大事な3つの姿勢
    2012年4月27日

一覧へ