1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第1回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ボールを止めて、蹴る」を学ぶ

テクニック

【第1回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ボールを止めて、蹴る」を学ぶ

2011年1月 9日

キーワード:Jリーグイメトレ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■「ボールを止めて蹴る」は基本中の基本

0002412.jpg 「サッカーは手を使うことができないので、特殊な技術が必要になってきます。当然といえば当然なのですが、日常的にモノを扱わない足で、いかにボールを自由に操れるか、ということがポイントになってきます。

 そこで試合を観戦している時、まず見ていただきたいのは選手たちの"ボールを止めて蹴る"というプレーです。当たり前のことで、可笑しいかもしれませんが、これがサッカーの基本中の基本なんです。この一連の動作をスムーズにできる選手というのは高い技術を持っているということなのです。 プロの選手なら"止めて蹴る"の動作は1秒以内が普通です。そこには素早さとともにイメージしたところへ、きちんとボールを送れるか、という正確性も求められます。さらに、その時の選手たちのキックの種類にも注目してみてください。インサイド、アウトサイド、インステップ、ボレーキックなど正確なパスを出すために、プロの選手たちは、どのようなキックを選択しているのか、注意深く見てみると参考になると思います。

 これらは2タッチでの動作ですが、ダイレクトプレーの上手な選手にも注目すると、さらに勉強になると思います。Jリーガーだとガンバ大阪の遠藤保仁選手は1タッチでプレーすることがとても上手です。パスはもちろんですが、シュートも楽々とダイレクトでやってみせます。ボールコントロールの技術が高いというのも、それを可能にしている理由の1つとしてありますが、常に先のプレーをイメージしているからこそできるのです。多くの試合を観戦しているとわかってくると思いますが、こういったダイレクトでのプレーが上手い選手というのは中盤のプレーヤーに多い傾向があります。まさにチームの心臓的役割の選手ですね。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第1回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ボールを止めて、蹴る」を学ぶ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. 無名チームから國學院久我山へ―。文武両道を追い求めたとある指導者がレギュラー獲得のために"親に内緒で"したこと
    2017年8月10日
  2. 「プロ100人よりサッカーで輝く社会人100人を育てたい」勝利至上主義だった監督が目を覚ました子どもたちの言葉とは
    2017年8月 9日
  3. 夏合宿の持ち物を準備しよう!(1/2)
    2011年7月12日
  4. 子どもは親の分身ではない 指導はコーチに任せ、チャレンジの姿勢をほめることが成長の糧になる
    2017年8月14日
  5. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  6. 「褒める」も「叱る」も大事! 子どもの状態に応じて使い分けることが自立のサポートになる
    2017年8月 8日
  7. 話を聞く、自分で考えだす... サカイクキャンプなどにヒントがあった、子どもが成長するきっかけの与え方
     
  8. 日本とスペインの比較検証でわかった「伸びる選手の保護者」の傾向とは
    2017年8月 1日
  9. Jリーグ選手の管理栄養士に聞いた、野菜の栄養を効率的に摂る食べ合わせ&野菜嫌い克服法
    2017年8月16日
  10. すぐ速く走れるようになる!陸上メダリストの為末選手伝授の速く走る方法
    2013年6月13日

一覧へ