1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第1回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ボールを止めて、蹴る」を学ぶ

テクニック

【第1回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ボールを止めて、蹴る」を学ぶ

2011年1月 9日

キーワード:Jリーグイメトレ桑さんの観戦術観戦術

このコーナーでは、Jリーグや大学など、トップレベルのチームで監督として豊富な指導経験を持つ、桑原隆さんに、TVやスタジアムで試合を観て、知識や技術を豊かにしていく"コツ"をお聞きしていきます。

■「ボールを止めて蹴る」は基本中の基本

0002412.jpg 「サッカーは手を使うことができないので、特殊な技術が必要になってきます。当然といえば当然なのですが、日常的にモノを扱わない足で、いかにボールを自由に操れるか、ということがポイントになってきます。

 そこで試合を観戦している時、まず見ていただきたいのは選手たちの"ボールを止めて蹴る"というプレーです。当たり前のことで、可笑しいかもしれませんが、これがサッカーの基本中の基本なんです。この一連の動作をスムーズにできる選手というのは高い技術を持っているということなのです。 プロの選手なら"止めて蹴る"の動作は1秒以内が普通です。そこには素早さとともにイメージしたところへ、きちんとボールを送れるか、という正確性も求められます。さらに、その時の選手たちのキックの種類にも注目してみてください。インサイド、アウトサイド、インステップ、ボレーキックなど正確なパスを出すために、プロの選手たちは、どのようなキックを選択しているのか、注意深く見てみると参考になると思います。

 これらは2タッチでの動作ですが、ダイレクトプレーの上手な選手にも注目すると、さらに勉強になると思います。Jリーガーだとガンバ大阪の遠藤保仁選手は1タッチでプレーすることがとても上手です。パスはもちろんですが、シュートも楽々とダイレクトでやってみせます。ボールコントロールの技術が高いというのも、それを可能にしている理由の1つとしてありますが、常に先のプレーをイメージしているからこそできるのです。多くの試合を観戦しているとわかってくると思いますが、こういったダイレクトでのプレーが上手い選手というのは中盤のプレーヤーに多い傾向があります。まさにチームの心臓的役割の選手ですね。

1  2

関連する連載記事

関連記事一覧へ

関連記事

関連記事一覧へ

テクニックコンテンツ一覧へ(165件)

コメント

  1. サカイク
  2. コラム
  3. テクニック
  4. 【第1回】試合観戦でイメージトレーニングをしよう!-「ボールを止めて、蹴る」を学ぶ

Pickup

サッカースクール検索サイト ケリなび

週間記事ランキング

  1. レベルがバラバラの子どもたちの練習をどうすればいいか? [池上正コーチングゼミ]
    2017年3月22日
  2. 負けん気が強いあまり暴言や暴力に及ぶ息子の問題
    2017年3月22日
  3. 子どもが壁を乗り越える力を発揮するために親はどうあればいいのか
    2017年3月21日
  4. 元Jリーガー監督が語る「どこでも通用するのは"ボールを奪える選手"と"ボールを失わない選手"」
    2017年3月16日
  5. 「まさか!」グラウンドで子どもが命を落とすことがないように ~大人が知っておくべきこと1~
    2017年3月17日
  6. 今年の卒団式どうする!?いろんなチームの実例を集めてみました!
    2012年2月14日
  7. 【PR】1対1が強くなる!と話題の「サッカー検定」をやってみた!(後編:検定の部)
    2017年3月21日
  8. 結成7年で強豪チームに。甲府U-12が取り組む「試合に生きるトレーニング」とは?
    2017年2月 1日
  9. あなたの言動で変わる!いまどきの子どもの「やる気」の引き出しかた
    2017年3月24日
  10. 福山ローザス・セレソンで「タニラダーADVANCED」の体験トレーニングを実施
    2017年3月17日

一覧へ